ニュース

2013年03月26日

支持率調査結果、77%に!(独自調査:前回73% +4%)
 

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は、第6回東京2020オリンピック・パラリンピック招致支持率調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。


【調査概要】
■調査方法:電話調査*IOCによる支持率調査を参考の上、招致委員会として独自に調査。
■実施時期:2013年3月9日(土)~20日(水)
■対象地域:東京23区、多摩地域・島しょ部
■調査対象:18歳以上男女(サンプル数:400)
■過去の調査結果との比較

■調査結果の解説:()は前回調査結果
・今回調査では「賛成」の合計は、77%(73%)で前回実施した調査から4%増加し、前回調査からさらに支持率が上昇する結果となりました。
・「反対」合計は9%(12%)で3%減少となりました。
・「どちらともいえない」は、14%(15%)で 1%微減となりました。

■調査結果に対するコメント
今回の結果について、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会としては、3/4~7のIOC評価委員会視察を多くの報道に取り上げて頂いたことにより、大会を開催する実感が国民の皆様にメッセージとして伝わり、招致活動への理解が深まったことが支持率向上へと繋がったと考えます。また、IOCの調査でも70%の支持を獲得したことが公表されたことにより、さらに招致気運が醸成されました。関係各位のご協力と国民の皆様からのご支援に心から感謝いたします。

今後は、各種国際会議におけるプレゼンテーション等や 7 月に行われるテクニカルブリーフィング、そして9 月 7 日のファイナルプレゼンテーションに向けて、東京が目指すオリンピック・パラリンピックの魅力を一
人でも多くの方にご理解頂けるよう活動していきます。

オリンピック・パラリンピックを東京に招致することだけでなく、大会を開催し、成功に導くためには、国民の熱意と理解は必要不可欠です。東京 2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会では、これからも国民の
皆様と一体となった招致活動を様々な形で行って参ります。

>ニュース一覧に戻る