ウェブアクセシビリティについて

(2016年9月30日現在)

ウェブアクセシビリティ方針

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、大会の基本コンセプトの一つに「多様性と調和」を挙げています。本ウェブサイトも、人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無などにかかわらず、誰もが情報にアクセスできることを目指し、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標として、アクセシビリティの向上に取り組んでいます。 その取り組みについては、本ウェブサイトにて定期的にご報告させていただきます。

対象範囲

以下2サイトのウェブページを対象とする。
東京2020大会公式ウェブサイト(本ウェブサイト):https://tokyo2020.jp/
東京2020大会公式ウェブサイト(本スマートフォンサイト):https://m.tokyo2020.jp/

以下サイトは対象外とする。
報道関係者向けページ(https://media.tokyo2020.jp/)
東京2020事前キャンプガイド(https://pregamestraining.tokyo2020.jp/)
事前キャンプ候補地 申請登録ページ(https://trainingcamp.tokyo2020.jp/)
TOKYO 2020 ID(メールマガジン) ページ(https://id.tokyo2020.jp/)

目標とする等級

JIS X 8341-3:2016のレベルAAへの準拠を目標とする。

JIS X 8341-3:2016のレベルAAへの準拠
上記JIS規格にはA、AA、AAAの3つのレベルがあり、レベルA及びAAの達成基準のすべてを満たすものを「レベルAAに準拠」といいます。なおこの表記方法は、以下で定められた表記によるものです。

情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会
「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」
別ウィンドウで開く

例外事項

東京2020大会公式ウェブサイトでは、視認性や利便性の向上、改ざん防止などの理由からPDFファイルを用いて情報を提供することがあります。

現状では、すべてのPDFファイルにおけるアクセシビリティの確保は、情報量および技術的な観点から困難なため、対象範囲外とします。
しかし、障がいのある方や利用環境などによって閲覧に何らかの支障がある方が情報を取得できないことのないよう、提供する情報はできるだけウェブページ本文内に記載することに努めます。

追加する達成基準

レベル AAAの達成基準のうち、次の2つにも対応します。
2.1.3 キーボード(例外なし)の達成基準 (コンテンツのすべての機能をキーボードで操作できるようにします)
2.3.2 3回のせん(閃)光の達成基準 (1秒間に3回以上の頻度で点滅することがないようにします)