東京2020大会エンブレム 選考の過程

皆さまからのご意見募集

皆さまからのご意見ありがとうございました。
いただいたご意見は、エンブレム委員会による最終審査(4月25日)の参考にさせていただきました。

スケジュール

2015年10月16日 応募要項発表
2015年10月30日 応募サイトの概要公開
2015年11月24日 正午 応募受付開始
2015年12月7日 正午 応募受付終了
2015年12月7日~11日 形式要件のチェック
2015年12月15日~22日 デザインのチェック
2016年1月7日~9日 エンブレム委員会での審査
2016年1月12日~ 国内外で商標調査を実施
2016年4月8日 最終候補作品発表
2016年4月25日 最終審査

審査状況について

応募総数は14,599件となりました。たくさんのご応募ありがとうございました。応募作品は、審査の絞込みの流れに沿って審査を行いました。

審査内容 審査状況
1. 形式要件のチェック
事務局の職員総勢110名で、応募要項に記載の制作条件のうち、基本的な項目を満たしているか確認を行いました。
形式要件のチェック①を通過した作品について、法的な観点から簡易確認を行いました。
通過作品:10,666点
2. デザインのチェック①

形式要件のチェック②までを通過した作品について、少人数複数のグループで、デザイン的な視点から審査します。

審査員一覧

12月15日(火)8:45から10:15まで審査風景の一部をライブ配信いたしました。
たくさんのご視聴ありがとうございました。

通過作品:311点
3. デザインのチェック②

デザインのチェック①を通過した作品について、大人数1グループで、デザイン的な視点から審査します。

審査員一覧

12月21日(月)10:30から11:45まで審査風景の一部をライブ配信いたしました。
たくさんのご視聴ありがとうございました。

通過作品:64点
4. エンブレム委員会での審査

3日間をかけて段階的に投票と議論を繰り返し、商標調査に進める作品を絞り込みます。
エンブレム委員会メンバー全員が多様な視点で審査します。

通過作品:4点
5. エンブレム委員会での審査

最終候補4作品に対する意見をインターネットおよびはがきで募集いたしました。

(ファイルをダウンロード)意見募集の結果概要(PDF:610.0 KB)

-

これまでの選考の記録を映像でご紹介します。

東京2020大会エンブレム採用作品決定、発表までの記録(別ウィンドウで開く)
東京2020大会エンブレム デザイン募集 選考の記録(別ウィンドウで開く)

<東京2020大会エンブレムデザイン募集のご案内(募集要項)>

2015年10月16日
10月16日に開催された第3回エンブレム委員会において、応募要項がまとまりましたのでお知らせいたします。
デザインの応募受付は、2015年12月7日正午をもって締め切りました。

SNSなどで不特定又は多数の人に知られた作品や、知られる可能性のあった作品は応募できませんので十分ご注意ください。

<審査の流れ>

応募いただいた作品については、7つのプロセスで選考を進めて参ります。

<東京2020大会エンブレムの応募方法>

2015年11月20日
エンブレム応募サイトでの応募方法についてお知らせいたします。
デザインの応募受付は、2015年12月7日正午をもって締め切りました。

応募サイトは2015年11月24日(火)正午に公開いたします。

応募の流れ:
仮登録→応募者情報・エンブレム登録→応募内容確認→応募完了

受付が完了すると、登録されたメールアドレスに「応募確認メール」が送付されます。
メールに記載されているエントリー番号は、選考の過程で必要となる場合がありますので、応募者の責任で管理をお願いします。

応募期間は、2015年11月24日(火)正午~2015年12月7日(月)正午までとなっております。
仮登録後や応募後に送られるメールアドレス(emblem-info@tokyo2020.jp)は公募事務局からの送信専用です。
ご返信いただけませんのでご注意ください。

<応募に関するFAQ>

応募要項等に関するご質問に回答いたします。(随時更新)

ウェブアクセシビリティに対応したPDFについて
アクセシビリティ対応PDFとは、運動障がいや視覚障がいがある方にもご使用いただける資料です。こちらは、スクリーンリーダー、拡大鏡、点字プリンターなどを使用して、または使用せずに利用いただけます。

最新情報

  • 第15回エンブレム委員会 約5か月前の公募開始から様々な選考ステップを重ね、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のエンブレムを決定いたしました。
  • 第14回エンブレム委員会 候補作品の商標手続き状況の確認と審議により、最終候補4作品について決定いたしました。これらの作品を公表し、皆様から作品へのご意見をいただきます。
  • 第13回エンブレム委員会 前回に引き続き、採用作品を決定する最終審査の実施方法について議論いたしました。また、今後、国際商標調査等の手続きが順調に推移すれば、4月中の候補デザイン公開と採用デザイン決定を目指すこととなりました。
  • 第12回エンブレム委員会 採用作品を決定する最終審査の実施方法について議論いたしました。
  • 第11回エンブレム委員会 国民の皆様からの意見募集の実施方法を検討し、決定しました。
  • 第9・10回エンブレム委員会 本審査で選出された採用候補作品の商標手続き等の進捗報告やIOC・IPC規定等に沿うためのデザインの調整を行うことについて確認を行いました。
  • 第8回エンブレム委員会 候補作品の今後の手続きや国民参画の在り方について議論を交わしました。
  • 第7回エンブレム委員会 今回は、本審査の選考方法について最終議論を行い、国民参画のあり方についても意見を交換しました。
  • 応募受付締め切り

    エンブレムデザインの応募受付を締め切りました。
  • 第6回エンブレム委員会 今回は、デザインのチェック方法と年明けのエンブレム委員会での選考方法について議論を行いました。
  • 応募サイト公開

    エンブレムの応募サイトを公開しました。
  • 第5回エンブレム委員会 今回は、応募作品の審査体制・審査フローについて議論を行いました。
  • 応募サイトの概要公開

    エンブレムの応募サイトの概要を公開しました。
  • 第4回エンブレム委員会 今回は、応募受付のプロセス、応募作品の審査方法について議論を行いました。
  • 第3回エンブレム委員会 3回目となる今回は、新たなエンブレムの選考に向けて、応募要項の各項目や、応募プロセス、また作品の審査方法について議論を交わしました。
  • 第2回エンブレム委員会 今回は応募趣旨、応募期間や提出方法などより具体的な論点について議論を行いました。
  • 第1回エンブレム委員会 前回の反省点を踏まえ、新たなエンブレムの選考に向けて、エンブレムの基本コンセプトや求められる機能、また応募資格や応募方法について活発な議論を行いました。

アンケート

東京2020組織委員会は、エンブレムの選定に関するアンケートを以下の期間、実施しました。 アンケート結果は、エンブレム委員会に提出いたしました。

2015年10月5日(月) ~ 10月15日(木) Yahoo!ニュース 意識調査結果(別ウィンドウで開く)
2015年10月2日(金) ~ 10月8日(木) Facebook 第2回投票結果(別ウィンドウで開く)
2015年9月29日(火) ~ 10月4日(日) Facebook 第1回投票結果(別ウィンドウで開く)
1
公式Facebookページの投票に参加するにはFacebookアカウントが必要となります。
現在のところAndroidのFacebook公式アプリでは投票機能をご利用頂けませんのであらかじめご了承ください。

【ご利用いただける環境】
  • iOSのFacebook公式アプリをお使いの方
  • モバイル端末からブラウザ経由で https://m.facebook.com/ をお使いの方(iOS、Android問わず)
  • PCからブラウザ経由で https://www.facebook.com/ をお使いの方

みんなの声

FacebookやTwitterなどのSNSに寄せられたみなさんの声をご紹介しています。
以下のハッシュタグでの投稿、お待ちしています!

#東京2020エンブレム

「東京2020エンブレム委員会」メンバー一覧

2015年9月29日(火)
東京2020組織委員会は、みなさまから広く支持されるエンブレムを、オープンな形で早期に選定するため、「東京2020エンブレム委員会」を設置いたしました。

委員長
宮田 亮平(みやた りょうへい) 文化庁長官
委員 (五十音順)
今中 博之 (いまなか ひろし) 社会福祉法人素王会理事長
榎本 了壱 (えのもと りょういち) クリエイティブディレクター/京都造形芸術大学客員教授
王 貞治 (おう さだはる) 福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長/一般財団法人世界少年野球推進財団理事長
柏木 博 (かしわぎ ひろし) 武蔵野美術大学教授
勝井 三雄 (かつい みつお) グラフィックデザイナー/武蔵野美術大学名誉教授
志賀 俊之(しが としゆき) 日産自動車株式会社取締役副会長
杉山 愛(すぎやま あい) スポーツコメンテーター/元プロテニス選手
田口 亜希(たぐち あき) パラリンピック射撃日本代表/一般社団法人パラリンピアンズ協会理事
但木 敬一(ただき けいいち) 弁護士/元検事総長
田中 里沙(たなか りさ) 事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役メディア・情報統括
中西 元男(なかにし もとお) デザインコンサルタント/PAOS グループ(東京・上海)代表
夏野 剛(なつの たけし) 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授
西崎 芽衣(にしざき めい) 立命館大学4回生/元一般社団法人ならはみらい職員
長谷川 祐子(はせがわ ゆうこ) 東京都現代美術館チーフキュレーター/東京藝術大学大学院 国際芸術創造研究科教授
林 いづみ(はやし いづみ) 弁護士/桜坂法律事務所パートナー/中央大学法科大学院客員教授
フミ・ササダ 株式会社ブラビス・インターナショナル 代表取締役社長
松井 冬子(まつい ふゆこ) 日本画家
松下 計(まつした けい) 東京藝術大学教授
マリ・クリスティ-ヌ 異文化コミュニケーター
山本 浩(やまもと ひろし) 法政大学スポーツ健康学部教授

デザインのチェックの審査員一覧

委員
松下 計(まつした けい) 東京藝術大学教授
フミ・ササダ 株式会社ブラビス・インターナショナル 代表取締役社長
夏野 剛(なつの たけし) 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授
榎本 了壱(えのもと りょういち) クリエイティブディレクター/京都造形芸術大学客員教授
柏木 博(かしわぎ ひろし) 武蔵野美術大学教授
中西 元男(なかにし もとお) デザインコンサルタント/PAOSグループ(東京・上海)代表
勝井 三雄(かつい みつお) グラフィックデザイナー/武蔵野美術大学名誉教授
今中 博之(いまなか ひろし) 社会福祉法人素王会理事長
田口 亜希(たぐち あき) パラリンピック射撃日本代表/一般社団法人パラリンピアンズ協会理事
但木 敬一(ただき けいいち) 弁護士/元検事総長
田中 里沙(たなか りさ) 事業構想大学院大学学長/宣伝会議取締役メディア・情報統括
松井 冬子(まつい ふゆこ) 日本画家
審査員
青木 克憲(あおき かつのり) クリエイティブディレクター
天野 幾雄(あまの いくお) アートディレクター/グラフィックデザイナー
岩上 孝二(いわがみ こうじ) グラフィックデザイナー/崇城大学芸術学部教授
カイシ トモヤ アートディレクター
加藤 芳夫(かとう よしお) 公益社団法人 日本パッケージデザイン協会理事長
金田 享子(かねだ きょうこ) 公益社団法人日本サインデザイン協会 常任理事
アトリエ景株式会社 代表取締役
鎌田 順也(かまだ じゅんや) アートディレクター/グラフィックデザイナー
河北 秀也(かわきた ひでや) アートディレクター
工藤 強勝(くどう つよかつ) グラフィックデザイナー
左合 ひとみ(さごう ひとみ) グラフィックデザイナー
高橋 善丸(たかはし よしまる) グラフィックデザイナー/大阪芸術大学教授
田川 雅一(たがわ まさかず) 公益社団法人 日本パッケージデザイン協会 理事
株式会社ベネディクト 代表取締役社長
寺島 賢幸(てらしま まさゆき) アートディレクター
中島 祥文(なかじま しょうぶん) アートディレクター
はせがわ さとし 株式会社D-NET&SDC project 代表
増永 明子(ますなが あきこ) アートディレクター/デザイナー
宮崎 桂(みやざき けい) 公益社団法人日本サインデザイン協会 副会長
株式会社KMD 代表取締役
宮田 裕美詠(みやた ゆみよ) グラフィックデザイナー
森重 正治(もりしげ しょうじ) アートディレクター/グラフィックデザイナー
有限会社アドボックス 代表取締役
山形 季央(やまがた としお) 多摩美術大学 グラフィックデザイン学科 教授