応募に関するFAQ

マスコットに込める想い

Q:応募要項の「はじめに」に記載されているオリンピックバリュー・パラリンピックバリュー、「東京2020大会について」に記載されている大会ビジョン・キーワードについて、優先順位はありますか。また、すべてを含める必要はありますか。

A:オリンピックバリュー・パラリンピックバリュー、大会ビジョン・キーワードに優先順位はございません。また、その一つを選ぶのも複数を選ぶのも自由です。バリューをきっかけとし、ご自身の創造力・クリエイティビティを存分に発揮してください。

Q:プロフィールに応募要項に記載されているオリンピックバリュー・パラリンピックバリュー・大会ビジョン・キーワードを入れる必要はありますか。

A:キーワードは創作のきっかけとしてご認識ください。200字の中に含まれている必要はありません。応募作品のプロフィールは皆様でご検討ください。

Q:東京2020大会ビジョンについて教えて下さい。

A:大会ビジョンは、東京2020大会の運営の基本的な指針となるものです。詳細については以下をご覧ください。

大会ビジョン

Q:キーワードについて教えて下さい。

A:キーワードは、大会ビジョンを表現するにあたり指針となるものです。
Innovation From Harmony(価値の調和が生み出す進化)

応募資格・応募点数

Q:18歳未満ですが、応募はできないのでしょうか。

A:18歳未満の方であっても、年齢などの条件を満たす代表者と共に応募することができます。

Q:日本国籍はありませんが、現在は日本に居住しています。ただ、近々帰国する予定です。応募できますか。

A:応募時点で日本国内の住民票をお持ちであれば応募は可能ですが、ただし、その後の審査の過程で連絡が取れない場合、選考の対象とできないことがありますのでご留意ください。

Q:年齢、国籍、日本在住についてはどのように確認するのですか。

A:選考の過程や採用の際に、運転免許証や住民票、戸籍謄本、パスポートの写しなどの書類を提出いただきます。

Q:なぜ1人(1グループ)1点限りなのですか。

A:できるだけ多くの方の作品をしっかりと審査したいと考えているためです。皆さまのベストの作品をご提出ください。

Q:11名以上で応募をしたいのですが。

A:グループのメンバーが増えると権利関係等が複雑になるおそれがあることから、今回は10名での応募を最大とさせていただきました。

マスコットの作成方法について

Q:描画ソフトを使ったデザイン作成の手順を教えてください。

A:作成する環境や使用する描画ソフトによって異なりますので、使用される描画ソフトのヘルプ・取扱説明書をご確認ください。

提出様式について

Q:デザイン案のテンプレートはありますか。

A:デザイン案についてはA4横型であれば定型テンプレートは特段用意しておりませんので、ご自由に制作ください。ただし、審査の基準を統一するため、背景色は白でお願いいたします。

Q:「魅力を発揮しているオリンピック、パラリンピックの基本ポーズ案」とありますが、魅力を発揮しているポーズとは具体的にはどういうものですか?

A:制作されたマスコットの魅力が一番伝わると思われるポーズになります。特に指定はありませんので、ご自由にデザインいただいて結構です。

Q:「表情デザイン案」「競技別ポーズ案」とありますが、指定されているもの以外の案を追加して提案してもよいですか?

A:審査の公平を期すため、指定された表情、競技以外のデザイン案の追加は認めていません。

Q:複数体で構成されるマスコットを応募する場合、どの様に提案したらよいですか?

A: 1)「マスコットの基本デザイン案」、2)「マスコット基本デザイン案の6面図」、3)「マスコット表情デザイン案」、4)「マスコット競技別デザイン案」はA3サイズ(横位置)に1枚ずつ、5)「マスコットのプロフィール(制作意図、特徴)」はA4サイズ(縦位置)に1枚ずつ収まるように記載してください。

Q:メンバー全員の住所や生年月日が必要なのはなぜですか。

A:どなたがマスコットの創作に携わったかを明確にするためです。複数のマスコットの創作に同一人物が携わっていたことが判明した場合、いずれの応募も無効となります。

Q:マスコットのネーミングも併せて審査してほしいのですが、任意でプロフィールに載せてもよいでしょうか?

A:審査の公平を期すため、ネーミングをプロフィールに追加することは認めていません。 ネーミングに関しては、今回とは別プロセスでの選考となります。

Q:なぜ手書き作品の郵送や、手書き作品をスキャンしたデータの応募は受け付けていないのでしょうか?

A:今回募集しているのは絵画作品ではなく、様々なツールや媒体での展開が可能なマスコットのデザインです。最終的に採用された作品は前記のような展開を想定しているため、作者にデジタルデータでの納品をお願いしています。手書きをスキャンしたままのデータでは編集可能なデータ形式とはなりませんので、描画ソフトでデザインを作成していただく必要があります。

マスコットの制作条件

Q:マスコットの制作条件に関するルールは絶対に守らなければいけないのですか。

A:国際オリンピック委員会(IOC)や国際パラリンピック委員会(IPC)の規定等に従ったものですので遵守をお願いいたします。

Q:オリンピックとパラリンピックのマスコットについて「世界観を共通させながらも、両者が類似しないようにすること。」とはどういう意味ですか。

A:デザインとして、両者を混同せず、区別できるよう別のデザインとしつつも、同じ東京2020大会のものとして統一感を感じさせるものにしてください。リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックのマスコットも参考にしてください。

Q:パラリンピックのマスコットについては、何らか障がいを表すべきでしょうか?

A:何らかの障がいを表すなど、マスコットデザインは障がいに基づく差別・偏見を含まないようにしてください。

Q:マスコットに入れるエンブレムのサイズに規定はありますでしょうか。

A:サイズの規定はありませんが、提出されるデザイン(A4サイズ上)において十分に視認できる大きさを確保していただくことを推奨いたします。

Q:東京2020大会で行われる、すべての競技ポーズの描写ができること。とありますが、競技をしているポーズでなくても問題ないでしょうか?

A:国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)の規定により、競技をしているポーズでないといけません

Q:マスコットに性別を設定しないとはどういうことですか。

A:プロフィール上、「男・女」の設定を行わないようにしてください。

Q:マスコットに性別を設定しないということですが、見た目が明らかに男、女と判るものはNGということでしょうか?

A:見た目の性別は、どの様に見えても問題ありません。マスコットの性別を設定しないようにしてください。

Q:既存のマスコット/キャラクターをアレンジしたものは、なぜ審査対象外なのですか。

A:国際オリンピック委員会(IOC)・国際パラリンピック委員会(IPC)の規定により禁じられているためです。

Q:「既に公表されているもの」は審査の対象外とありますが、SNSで限られた友人しか閲覧できない状態でウェブに公開したデザインがあります。これは審査の対象外になりますか。

A:SNSであっても、不特定又は多数の人に知られた作品や、知られる可能性のあった作品は応募しないでください。そのことが明らかになった場合は採用されません。

Q:「既に公表されているもの」は審査の対象外とありますが、職場や学校などで他人に見せている場合はこれに含まれますか?

A:職場や学校であっても、他人に見せた作品は応募しないでください。そのことが明らかになった場合は採用されません。

Q:過去にコンペで落選した作品は「既に公表されているもの」ですか。

A:過去に応募した際のコンペで落選したものの、その応募作品が公開されていなければ、応募いただくことが可能です。

Q:応募した作品をウェブやSNSでアップしてもよいですか。

A:応募した作品をウェブやSNSでアップしないでください。作品を見た第三者により商標権や意匠権等の出願・登録をされてしまう可能性があるため、作品を採用することができなくなる恐れがあります。ただし、応募した事実自体を公表していただくのは問題ございません。

Q:自分の作品が第三者の著作権や商標権を侵害しているかわかりません。どうしたらよいですか。

A:特段の専門的な調査等を求めるものではありません。応募作品を制作される際に、第三者の作品・デザインをそのまま模倣したり、その全部または一部の要素を無断で流用して制作したりしないようにしてください。著作権や商標権に関しては、組織委員会においても可能な限り調査いたします。

審査・結果発表

Q:審査の考慮項目が列挙されています。この中で最も重視するものは何ですか?また、順位があれば全て教えてください。

A:いずれもマスコットにとって必要な機能であり、現時点では優先順位はありません。

Q:開会式へは何人招待いただけるのでしょうか。

A:開会式へのご招待については採用作品の応募者とのご相談により決定いたします。

Q:審査の流れについて教えてください。

A:審査過程については、東京2020大会マスコットページにて随時ご報告する予定です。

Q:審査基準を教えてください。

A:応募要項に記載がありますので、ご確認ください。

応募要項(PDF:1.3 MB)応募要項(PDF:1.3 MB)

(審査にあたっての前提事項)
東京2020大会ブランド開発方針を踏まえた表現がされていること

(その他考慮する項目) ・東京2020大会のアンバサダーとして、多くの人に愛されるマスコットであること(共感性)
・東京や日本らしさを感じることができること(象徴性)
・オリジナリティにあふれ、個性的であること(独創性)
・デザインとして優れていること(審美性)
・アニメーション、ライセンス商品や大会案内など、さまざまな媒体で展開可能であること(展開性)
・カラーやモノクロなど拡大・縮小で再現してもデザインイメージの変化が少ないこと(再現性)

Q:「東京2020大会ブランド開発方針」とありますが、これはどういったものでしょうか?

A:東京2020大会を今後ビジュアルとして表現していく際に、その開発方針として定められたものになります。「オリンピックビジョン」「パラリンピックビジョン」「東京2020大会ビジョン」などのこれまで定められている要素に加えて、東京と日本ならではの背景も加味されて策定されていますので、制作にあたっての参考としてください。

Q:「カラーやモノクロなど拡大・縮小で再現してもデザインイメージの変化が少ないこと(再現性)」とありますが、どの程度のサイズまで縮小されるのでしょうか?

A:用途についてはまだ確定していませんが、例えば小さいサイズのものではピンバッジのようなものに使用されることが想定されますので、基準として参考にしていただければと思います。

Q:東京や日本らしさを感じることができること(象徴性)とありますが、この点が何らか表現されていないと判断された場合、対象外になるのでしょうか?

A:マスコットは、日本の文化や魅力を紹介する存在でもあるため、審査段階でこの点が表現されていないと判断された場合は採用されません

Q:審査員に外国の方は入るのでしょうか?

A:現在その予定はございません。日本国内のメンバーで構成された審査会となる予定です。

Q:小学生による審査とはどのように実施するのでしょうか。

A:全国の小学校のクラス単位での投票を行います。 詳細については決定次第、東京2020大会マスコットページにて報告する予定です。

注意事項の内容

Q:デザイン・プロフィールの修正とは何ですか。どの程度、修正される可能性があるのでしょうか。

A:採用作品やその候補作品等を選ぶにあたり、応募者と協議の上、デザインやプロフィールについて必要な範囲で修正を行うことがあります。どのような場合に、誰が、どの程度の修正を行うかについては、今後マスコット審査会で検討・決定してまいります。

Q:制作段階におけるスケッチ、デッサンなどを確認する場合があるのはなぜでしょうか。

A:審査過程や採用後において、万が一、他に類似するものが発見された場合に、応募作品がオリジナルであることを証明できる可能性があるためです。制作過程でスケッチやデッサン等を作成した場合には保存いただきますようお願いします。

応募作品について

Q:提出した応募作品は返却されますか。

A:返却されませんので、あらかじめご了承ください。

マスコットのライセンスについて

Q:採用作品が商品化された際、応募者の名前が記載されたり、応募者にロイヤリティは発生したりしますか?

A:応募要項に記載したとおり、採用作品に係る一切の権利を無償で譲渡をいただくことなどが応募の条件とされております。採用後の商品化に際して、採用作品の応募者にロイヤリティなどは発生しませんし、応募者の名前も明記されません。