「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020大会時の入賞メダル制作において、入賞メダルの原材料となる金・銀・銅を、携帯電話をはじめとした小型家電等から抽出されるリサイクル金属を活用することによって調達する、国民参画型のプロジェクト「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を2017年4月から開始いたします。

このプロジェクトは、東京2020大会時において、メダリストにお渡しするメダルを製造するだけでなく、大会後にも持続可能な社会を実現するというレガシーを残すことにもつながるプロジェクトです。

また、日本全国で国民が参加してメダル製作を行うという「参画」の視点、回収された都市鉱山からメダル製造に必要な全ての金属量を賄うという「環境」の視点、“金”の調達においては、リサイクル率100%の実現を目指すという「テクノロジー」の視点で、オリンピック・パラリンピック史上初めての取り組みとなります。

東京2020組織委員会は、このプロジェクトを推進するため、株式会社NTTドコモ、一般財団法人日本環境衛生センター、東京都、環境省と一体となって取り組んで参ります。

プロジェクトに関するFAQ

Q:回収場所はどこにありますか?

A:全国に約2,400店舗あるNTTドコモの店舗および全国の自治体に設置される回収ボックス等での回収を予定しています。具体的な回収場所は正式に決定次第、本ウェブサイトにてお知らせいたします。

Q:回収する小型家電等とは何ですか?

A:携帯電話をはじめとして、パソコン、デジタルカメラ等も回収の対象となる予定です。ただし、回収できる品目は回収場所によって異なります。

Q:回収はいつから開始されますか?

A:2017年4月からの回収スタートを予定しております。

Q:回収された小型家電から、金銀銅合わせて何個のメダルを製造するのですか?

A:オリンピック・パラリンピック合わせて金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを製造する予定です。

Q:過去大会にもこのような取り組みはありましたか?

A:原材料の一部としてリサイクル金属が含まれた例はありますが、メダル制作を目的に小型家電等の回収を行い、集まったものから抽出された金属でメダルの製造を行うプロジェクトは東京2020大会が初めてとなります。