カヌー

カヌー

カヌーのピクトグラム

オリンピック競技

カヌー

スピード勝負のスプリント。激流を制するスラローム。2つの水上の熱いレース。

競技概要

小舟をパドルで漕ぎ、速さを競うスポーツとしてのカヌーは19世紀にイギリスで発祥した。カヌーには、流れのない直線コースで一斉にスタートし、着順を競うスプリントと、激流を下りながら吊されたゲートを順に通過してタイムと技術を競うスラロームがある。

川や湖、またそれに似た屋外の人工のコースで行われるので、大自然と一体となる爽快感が最大の魅力だ。風を感じながら水上を疾走する気持ち良さを、観戦者もともに味わうことができる。

競技で使われるカヌーのタイプは2種類ある。ブレード(水かき)が片端だけについているパドルで行うカナディアンと、両端についているパドルで行うカヤック。さらにスプリントはシングル(1人乗り)、ペア(2人乗り)、フォア(4人乗り)の区別があり、距離も200m、500m、1,000mの3種類。

これらを組み合わせて男女でスプリントが計12種目、スラロームが4種目行われる。リオデジャネイロ2016大会までは、女子はカヤックのみで、男子より種目数も少なかったが、東京2020大会では女子にカナディアンが加わり、種目数も男女同数になる。

種目

スラローム

  • カヤック (K-1)(男子/女子)
  • カナディアンシングル(C-1)(男子/女子)

スプリント

  • カヤックシングル(K-1)200m(男子/女子)
  • カヤックシングル(K-1)1,000m(男子)
  • カヤックシングル(K-1)500m(女子)
  • カヤックペア(K-2)1,000m(男子)
  • カヤックペア(K-2)500m(女子)
  • カヤックフォア(K-4)500m(男子/女子)
  • カナディアンシングル(C-1)1,000m(男子)
  • カナディアンシングル(C-1)200m(女子)
  • カナディアンペア(C-2)1,000m(男子)
  • カナディアンペア(C-2)500m(女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

爽快なスプリント、スリリングなスラローム 大きく異なる2つの見どころ

スプリントの選手

スプリントは、少し前までフラットウォーターレーシングと呼ばれていた。まさに平らで静かな水面で、8つのレーンが張られ、一斉にスタートしてゴールまでまっすぐ進んでいくレース。ボート競技に似ているが、漕ぎ手の向きがカヌーは前向きで、後ろ向きのボートとは逆だ。またボートの漕ぐ道具であるオールと異なり、カヌーの道具のパドルは艇に固定されていないので、細かな操作ができるのも特徴の一つ。距離もボートが2000メートルであるのに対し、カヌーのスプリントは200メートル~1000メートル。200メートルは30~50秒で終わってしまう。スプリントの名の通り、短距離を全速力で漕ぎ抜ける競技で、スタートでの素早い飛び出しがポイントとなる。

スタートダッシュの後、水しぶきを上げながら猛スピードで水上を滑るように突き進んでいく様は迫力があり、見ていても爽快だ。選手たちのリズミカルで無駄のない動きも格好がいい。とくにペア、フォーの息の合った動きは美しく、見る者を魅了する。

最後はスパート力も重要だ。白熱した戦いは、最後まで目を離せない。

カナディアンとカヤックでも注目点は異なる。カナディアンは片側しか漕がないので、ふつうに右で漕いでいると左方向に傾いてくる。そこで、方向をコントロールする漕ぎ方の技術がものを言うことになる。膝を立てた独特のスタイルとともにカナディアンの見どころだ。

カヤックは両側で漕げるため、カナディアンより速く進む。よりダイナミックなスピード感が醍醐味だ。

一方、スラロームは変化に富んだ流れのある川に、2本のポールをぶら下げたゲートを20前後設け、これに触れないように通過しながら上流から下流へと下るワイルドなタイムレース。ゲートに触れたり、ゲートを通過しなかったりするとペナルティの点がタイムに加算されていく。人が立っていられないような急流で自由自在に艇を操るテクニックが見どころだ。とくにゲートを通過するときはスリリング。横に流されてゲートを通過できないと50秒もタイムが加算されてしまうので、可能な場合は漕ぎ戻って通過する。ゲートのうち6~7個は、上流に向かって通過しなくてはならないアップストリームゲート。流れに逆らって漕ぐ選手のパワーに注目だ。全体に注意深さとスピードが求められるので、見ていてもドキドキしてくる。選手のパワーやバランス感覚、敏捷性に加え、刻々と変化する川の流れや波の状況を見極める判断力も注目ポイントだ。

スラロームにもカナディアンとカヤックの2種類がある。カナディアンは、より細かな技術が見どころで、カヤックは、豪快さやスピードが魅力だ。

競技はタイムとペナルティの加点の合計ポイントが少ない選手が上位となる。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

ドイツをはじめとしたヨーロッパ勢が東京2020大会でも強いか

スラロームの選手

カヌーが盛んなのはヨーロッパ。中でも伝統的に強いのはドイツだ。これまでに金メダル21個を含む59個を獲得している。しかもこれは東西ドイツが1つになってからの数字。東ドイツ、西ドイツ時代のメダルを加えると90個になる。

ドイツのほかに、スプリントではハンガリー、ウクライナ、ベラルーシ、スペイン、ロシア、ノルウェー、スロバキア、チェコ、イギリス、ニュージーランド、スラロームでは、フランス、スペイン、スロバキア、イギリス、チェコ、オーストラリアなどの選手層が厚く、強豪だ。

男子スプリント、カナディアンでは、シングル1000mでセバスティアン・ブレンデル(ドイツ)がロンドン2012大会とリオデジャネイロ2016大会を2連覇の快挙を成し遂げた。ペア1000mでも金メダルに輝いている。2017年のワールドカップでも上位で活躍しており、東京2020大会も期待できそうだ。

カヤックでは、ペア1000m、カヤックフォア1000mでもドイツ勢が優勝している。

女子では、スプリントカヤックシングル500mで2連覇中のコザック・ダヌタ(ハンガリー)とリサ・カーリントン(ニュージーランド)の対決が注目される。ペアでもサボー・ガブリエラ(ハンガリー)と組んで金メダル、フォアでも2連覇を果たし、リオデジャネイロ2016大会では3冠に輝いた女王だ。やはり東京2020大会でのさらなる飛躍が期待される。

女子スラロームではロンドン2012大会銅メダル、リオデジャネイロ2016大会金メダルに輝いたマイアレン・コラント(スペイン)の東京2020大会での挑戦にも期待したい。

スラロームは、人工のコースで行われる。流れが強くパワーが必要になるコースもあれば、比較的ゆるやかで変化に富み、細かな技術が必要になるコースもある。選手によって得意なコースのタイプが異なる。東京2020大会のコースができあがったら、どんなコースなのか特徴を知っておくとレースの見方も変わってくるだろう。

<日本>
カヌーは日本ではあまり関心が高い競技とはいえなかったが、リオデジャネイロ2016大会で羽根田卓也がスラローム男子カナディアンシングルで、日本人初となる銅メダルを獲得し、一躍注目されるようになった。東京2020大会では33歳になるが地元のコースということで有利にもなる。熟練の技を発揮してくれることを期待したい。
東京2020大会から女子の種目にカナディアンスラロームが追加されるが、この初種目で活躍が期待されている選手が八木愛莉だ。羽根田と同様、スロバキアに拠点を移し、東京2020大会での上位進出を目指している。
スプリントではカナディアンの若手選手、當銘孝仁に注目したい。全日本選手権ではペアで何度か優勝しているが、2016年にはシングル1000mで優勝を果たした。東京2020大会ではメダルを目指している。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

スラロームで、艇にふたをして水が入らないようにするための工夫は?

Answer

A:スプレースカートなどとよばれる、おもにゴムなどで作られたものを腰回りに装着。
艇に足を入れた後、この楕円形をしたスカートですきまのないよう密閉する。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧