ゴルフ

ゴルフ

ゴルフのピクトグラム

オリンピック競技

ゴルフ

競技概要

18ホールをいかに少ない打数(ストローク)で終了するかを競う競技です。一般的な規定打数は72ストロークです。風などの自然やコースとの戦い、自己との戦いと非常にメンタルなスポーツと言えます。4日間で72ホールのストロークプレーで行い、4日間で1位タイが2名以上いた場合は3ホール(予定)のプレーオフ(延長戦)でメダルを争います。

ここがポイント!

ゴルフコースではホールごとに状況が異なり、バンカーや池などハザード(障害物)も選手を苦しめます。自分自身の経験やコンディション、技量を頼りにショットを行うため、心の揺れがスコアに表れやすいのも競技の特徴です。コースの状況に応じて、ウッドやアイアン、パターといわれるクラブを使い分ける選手の技術が見どころです。世界ランキング上位選手の超一流の技量とハイレベルなプレーが楽しめます。

歴史

一般的にゴルフはイギリス発祥の紳士のスポーツとして知られていますが、発祥は世界各地に説があり定説がありません。しかしながら、起源にはいろいろな説があるものの、近代スポーツとしてのゴルフに発展させたのはイギリスであることに間違いないでしょう。 オリンピックでは、1900年パリ大会と1904年セントルイス大会で開催された後、長らくオリンピック競技からは除外されていました。112年ぶりに、2016年リオデジャネイロ大会で復活しました。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2016年1月現在)

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧