体操

体操

体操のピクトグラム

オリンピック競技

体操

  • 体操競技
  • 新体操
  • トランポリン

回転、跳躍、着地。難易度も完成度も求められるシビアな闘い。

競技概要

器械を用いて身体で演技を行い、技の難度や美しさ、安定性などを基準に審判員が判定を行い、得点を競う採点競技。男子は「ゆか・あん馬・つり輪・跳馬・平行棒・鉄棒」の6種目、女子は「跳馬・段違い平行棒・平均台・ゆか」の4種目が行われ、それぞれの器具の特性を活かした演技で構成される。なお、女子のゆかは音楽に合わせて演技が行われるのが特徴だ。

体操競技の歴史は古く、オリンピックでは第1回のアテネ1896大会から実施されている。当初は男子のみだったが、アムステルダム1928大会からは女子体操競技も行われている。かつては規定演技と自由演技の総合得点で競われていたが、アトランタ1996大会を最後に規定演技は廃止され、現在は自由演技のみで競技されている。

採点方法は長年にわたって10点満点制が採用され、モントリオール1976大会において「白い妖精」と呼ばれたナディア・コマネチ(ルーマニア)が、史上初めて10点満点を出した選手として有名だ。だが選手の得点が極めてわずかな範囲に集まってしまい明確な差がつけられず、些細な誤審でメダルの色が変わる事件が起きたことを発端に10点満点廃止が議論されるようになった。そして2006年から、技がどれだけ難しいのかを得点化したDスコア(技の内容など演技価値点)と、演技の完成度を得点化したEスコア(演技の美しさや出来栄え点)の合計得点を争う上限のない採点方式となって、現在に至っている。

種目

  • 団体(男子/女子)
  • 個人総合(男子/女子)
  • 種目別ゆか(男子/女子)
  • 種目別あん馬(男子)
  • 種目別段違い平行棒(女子)
  • 種目別つり輪(男子)
  • 種目別平均台(女子)
  • 種目別跳馬(男子/女子)
  • 種目別平行棒(男子)
  • 種目別鉄棒(男子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

大会ごとに進む技の高難度化 熟練の技術と精神力の強さが試される

体操競技平行棒の選手

体操競技の各種目には多くの技があり、それぞれの技や運動の難しさの程度は難度で表され、配点は難度により異なる。どの高難度の技を取り入れるか、様々な難度の技をどう組み合わせて構成し安定した演技をするかに選手の技量やメンタルの強さが試され、得点に反映される。

最大の見どころは、なんといっても体操競技ならではの非日常的なアクロバティックな技や、洗練された美しい動きだ。体操競技は動きそのものが勝敗につながるため、演技時間は短いが、気を抜ける動きは一つもない。その中で、男子はそれぞれ特徴的な動きを示す6種目において力強さと豪快さを、女子は4種目で優雅さと華やかさを楽しめる。

競技は、最初に予選が行われる。団体総合、個人総合、種目別のそれぞれの決勝進出をかけて予選で演技することになるが、各選手、各種目で行った1演技の得点によって予選を通過するかどうかが決められる(ただし、跳馬種目別の権利を得ようとする選手のみ跳馬を予選で2演技行う)。団体総合は、各国1チーム(東京2020大会では4名)で演技を行い、合計得点でメダル獲得を目指す。個人総合は、すべての種目(男子は6種目、女子は4種目)を1人の選手が演技して、合計得点を競う。種目別では、各種目の得点上位の選手が決勝で激突する。すべて予選の得点は加味されず、決勝での得点により順位が決められる。

また体操競技では、技の名前に、その技を最初に成功させた選手の名前が付くことも特徴だ。国際体操連盟(FIG)の定める国際大会で、過去に実施されたことのない新技を事前に申請したうえで発表し成功すると、その技の通称として実施した選手の名前が会議を経て技名として認定される。ロサンゼルス1984大会で森末慎二が発表した平行棒の「モリスエ」など日本人選手の名が付く技も多い。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

アメリカ・ロシア・中国・日本が中心か 選手が繰り出す完成度の高い高難度の技に注目

体操競技平均台の選手

かつて圧倒的な強さを誇ったのは日本の男子。ローマ1960大会からモントリオール1976大会まで、団体総合5連覇を成し遂げ、個人総合でも東京1964大会からミュンヘン1972大会まで3大会連続で日本選手が金メダルを獲得している。その後はソビエト連邦・東ドイツが名を馳せたが、現在では、男子は日本・中国・アメリカなど、女子はアメリカ・ロシア・中国などが強豪国として知られている。

近年において、男子団体総合では、シドニー2000大会以降の5大会で、中国が3回、日本が2回金メダルを獲得しており、頂点を競う2強の存在が際立っている。女子ではアメリカが団体総合で連覇を果たし、個人総合でも4大会連続で金メダルを獲得している。

演技の難しさのみが上限を撤廃されている関係で、多くの高難度の技に挑戦する選手は多いが、ミスのあった選手が上位になってしまう矛盾も起こり、現在ではその完成度も非常に厳しく見られるようになった。トップを目指す選手たちは、完成度の高い高難度の技を発表するため、日夜努力をしている。

<日本>
日本の体操男子がローマ1960大会からモントリオール1976大会まで団体総合で5連覇し世界の頂点に君臨した頃は、まさに「体操ニッポン」「お家芸」と謳われた。その後、停滞した時期もあったが、アテネ2004大会の団体優勝で復活を遂げてからは高いレベルを維持し、リオデジャネイロ2016大会では金メダルに輝いた。圧倒的知名度を誇る内村航平は、全種目を確実にこなすオールラウンダーであり、3大会連続出場のオリンピックでは個人総合2連覇を含む7つのメダルを獲得している。東京2020大会でも、円熟のベテラン勢と、白井健三ら台頭する若手の活躍が期待される。
女子は、東京1964大会の団体総合で銅メダル。リオデジャネイロ2016大会では48年ぶりに入賞(4位)を果たし、近年健闘が目立つ。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

塚原光男がミュンヘン1972大会で初めて披露した「後方かかえこみ2回宙返り1回ひねり」は、彼の名前から「ツカハラ」と名が付けられた。この技の日本での通称は「月面宙返り」であるが、その由来は?

Answer

A:1970年初頭は、人類が初めて月に足を踏み入れた画期的な出来事に沸いた時期。体操界でも2回転の宙返りにひねりを加えるという全く新しい画期的な技の成功だったことから、それが地球上よりはるかに重力が少ない月面での空中動作に似て見えることで、「月面宙返り」と呼ばれた。
ちなみに、「月面宙返り」を英語風に「ムーンサルト」とも呼んだが、これは和製英語。

アスリートでありアーティスト。息のあった華麗な舞で美を競う。

競技概要

手具を使いながら音楽に合わせてリズミカルな演技を行い、芸術性を競う採点競技。身体と手具が一体化するような、しなやかで洗練された美しい動きと、曲の雰囲気に溶け込むような演技が魅力だ。躍動感あふれるダイナミックな動きの中に、頭からつま先まで全神経を集中させてバランスを保つ繊細さを兼ね備えている。

演技は13メートル四方のフロアマットで行われ、個人競技と団体競技の2つに大きく分けられる。個人は「ロープ(個人はジュニアのみ)・フープ・ボール・クラブ・リボン」の5つのうち、オリンピックではロープ以外の4種目を1人の選手が行う。団体は、1チーム5人の選手によって2種目が行われる。なお演技時間は、個人競技は1種目につき1分15秒~1分30秒、団体競技は各種目2分15秒~2分30秒と決められており、長すぎても短すぎても1秒につき0.05点の減点となる。

1963年に第1回新体操世界選手権大会がハンガリーで開催された後、女子のみのオリンピック正式種目になったことで、多くの国々に新体操が広まった。個人総合はロサンゼルス1984大会から、団体総合はアトランタ1996大会から実施されている。

種目

  • 個人総合(女子)
  • 団体(女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

各種目に求められる高度なテクニック 手具と連動した動きや柔軟性が見どころ

新体操団体の選手

競技の一番の見どころは、スピード感あふれる巧みな手具さばきだろう。6メートルの長さのリボンを流れるように大きな弧を描くなど自在に操るためには、常に手首を動かしていなければならない。しかも、リボンが床についたり、絡まって結び目ができたりすると減点対象となってしまう。笑顔で華麗に舞いながら、いとも簡単にリボンをクルクル回しているように見えるが、実際は見た目以上に筋力が必要なのだ。

空中に投げてキャッチしたり、身体に巻きつけたりするロープの演技は、持ち方や投げ方のテクニックはもちろん、軽やかなステップやジャンプにも注目しよう。フープの演技では、高く投げたフープを体を通して受け止めるといった高度なテクニックと、ダイナミックな動きが見せ場だ。

ボールの演技では、手具であるボールが小さい分、特に体や動きの柔軟性が重要となる。腕や背中などで転がすボールが、身体に吸いつくように流れる動きが見どころだ。長さ40〜50センチメートルのクラブの演技では、必ず2本をセットで使う。左手で回しながら右手で投げるなど左右で異なった動きをすることもあり、常に双方を意識しなくてはならず、より集中力が必要とされる分、落下も起こりやすい。

選手は、より完璧な演技を目指すが、一瞬のミスによる減点が大きく順位を左右する。リオデジャネイロ2016大会の個人総合では、ハイレベルな頂上対決において、マルガリータ・マムン(ロシア)が金メダルを獲得したが、トップで前半を折り返したチームメイトのヤナ・クドリャフツェワ(ロシア)が演技の最後にクラブを落としたミスが明暗を分けた。

なお団体では、単一の手具、またはクラブ&フープなど2種類の手具を組み合わせて演技を行う。投げによる手具の交換といった、曲芸のように大胆な技を含め、スピーディーかつ息の合った一糸乱れぬ動きに注目だ。

そして、着用する衣装も見どころの一つ。デザインや色づかい、装飾が凝っており、ラメやスパンコールがふんだんに施されてきらびやかに輝く、色鮮やかな衣装でも楽しませてくれる。選手は力強さやスピード、そして柔軟性が求められるアスリートであると同時に、美しさを表現するアーティストでもあるのだ。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

圧倒的な強さを誇り、連覇を続けるロシア 演技を引き立てる音楽にも注目を

新体操団体の選手

新体操のルーツは、バレエをもとにした芸術体操と考えられている。そのため、バレエの歴史が古く、伝統のあるヨーロッパ勢が上位をほぼ独占する状態が続いている。特に、芸術性のあるスポーツに圧倒的な強さを誇るロシアの存在が際立っており、世界をリードしている。個人総合・団体総合とも、シドニー2000大会からリオデジャネイロ2016大会まで5連覇中で、エフゲニア・カナエワ(ロシア)は北京2008大会・ロンドン2012大会と連覇を果たしている。各国・地域もロシアに倣い、また独自の技やスタイルに磨きをかけているが、選手層の厚さや環境から鑑みて、この傾向は長く続くと思われる。そのほか、ベラルーシやウクライナがメダルの常連だ。

なお、卓越した技術と同時に、凛とした美しさや芸術性を競い合う新体操では、女性らしい身体のラインを強調するしなやかな演技が大きな魅力なので、身長が高く、長い手足が目を引く選手が多いのが特徴だ。

また、優美な演技の魅力を引き出す音楽の役割も大きい。各国の選手が、どのような曲を用いて自身の演技の世界観を表現するのかにも、ぜひ注目しよう。ちなみに、声は楽器の一つと考えられるため、ボーカル入りの曲は団体競技1演技まで、個人競技2演技まで許容されている。

<日本>
日本では1968年の全日本学生選手権で初めて個人競技が行われ、この大会をきっかけに「新体操」という名称が使われるようになった。日本代表は、日本体操協会によって編成される日本ナショナル選抜チームで、愛称は「フェアリージャパン」だ。全国からオーディションで選んだ若手選手を集中合宿で鍛えていく強化策を取っている。
リオデジャネイロ2016大会の団体総合では「リボン4本投げ」の大技に挑み、予選で見事に成功して観客を大いに沸かせ、8位入賞となった。東京2020大会での更なる活躍に期待しよう。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

新体操のシューズは特別な形をしている。他のスポーツのシューズとの決定的な違いは?

Answer

A:かかとの部分がない。
新体操のシューズはハーフシューズとも呼ばれ、足の前半分を覆うだけという形をしている。かかとの部分は裸足となっている。

地上8メートルの跳躍でみせるアクロバティックな演技。卓越したバランス感覚で宙を舞う。

競技概要

空中でのアクロバティックな演技で、美しさ・難しさ・高さを競う採点競技。技の出来栄えを見る演技点と、回転とひねりの数で算出する難度点、滞空時間を計測する跳躍時間点、さらにどれだけトランポリンの中心で演技を行うかを評価する移動点を加算し、それらの合計得点で順位を競う。

縦4.28メートル(プラスマイナス6センチメートル)、横2.14メートル(プラスマイナス5センチメートル)の、テープ状のナイロンなどを編んだベッドと呼ばれる弾力性の強いシートを、スプリングでフレームに固定し、反動によって高く跳躍する。男子選手のジャンプの高さは地上8メートルにも達するほどダイナミックだが、空中でわずかでも傾いたり姿勢を崩すと中央のゾーンに着床できないという繊細な一面も持っている。選手には卓抜したバランス感覚と運動能力が求められ、観客はその迫力に息を呑む。

種目

  • 個人(男子/女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

10種目連続して行われる高難度の跳躍や宙返り 決勝ではドラマチックな大逆転劇の可能性も

トランポリンの選手

まるで空中遊泳をするような浮遊感を伴って、連続して行われる跳躍や宙返りダイナミックさ、姿勢の美しさが注目ポイントだ。選手はジャンピングゾーンと呼ばれる赤い枠内で、高さのある安定した演技を目指す。もっとも重要な点は、それぞれの跳躍でより高く垂直方向に跳ぶことだ。高さと滞空時間を稼ぐために、トランポリンの中央に着地するよう意識し、次の跳躍の高さへと繋げていく。だが足元が不安定なうえ、空中で少しでも体勢が崩れただけで着地位置が大きくずれてしまうという危うさがある。演技中、目印として中心部に描かれた7センチメートル(プラスマイナス3センチメートル)の赤い十字マーク付近にきちんと降りられるか、また外れてしまった場合には次の跳躍でうまく体勢を持ち直すことができるかが見どころとなる。

ちなみに、跳躍や宙返りの空中姿勢には、タック(抱え型)、パイク(屈伸型)、レイアウトあるいはストレート(伸身型)の基本的な3種類がある。さらに回転数やひねりを加えることで技の難易度が上がり難度点が計算される。

オリンピックの予選では、第1自由演技および第2自由演技の合計で予選が行われる。第1自由演技は、ルールで定められた特別要求(特定の技や演技構成により加点される)を含む、異なる10種目の技を構成し演技を行う (10種目中4種目が難度加算される)。また、第2自由演技は任意の異なる10種目の技を構成し演技を行う。そのため、第1自由演技より、さらに高難度の技の連続を見ることができる。また、演技の美しさ(Eスコア)、技の難しさ(Dスコア)に併せ、高さ (滞空時間) の跳躍時間点(Tスコア)、およびどれだけ平行に移動しないかを評価する移動点 (Hスコア)すべてを合計し、上位8名が決勝に進出する。連続で10種目、しかも1種目ずつ高難度の技を実施しなければならないため、体力と集中力、さらには強い精神力が要求されるシビアな競技といえる。世界の男子選手のトップクラスだと、10種目のDスコアは17.0点を超える。メダル争いに絡むには、このラインが目安となるだろう。

なお決勝での自由演技は、予選の得点は加算されず0点スタートとなり、決勝の得点のみで順位が決定する。しかも、やり直しがきかないため、たとえ8位通過の選手でも一発逆転優勝の可能性がある。そのため上位通過者といえども油断できず、予選とはまったく順位が入れ替わるようなスリリングな勝負が繰り広げられることになるのだ。約20秒と短い競技時間は一発勝負の緊張感に満ちている。一瞬も目を離さずに、1本1本の跳躍を見守ろう。メダルの行方は、最後の選手の演技が終了するまでわからないのだ。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

表彰台の常連中国 女子はカナダ勢の堅実さが際立つ

トランポリンの選手

オリンピックではシドニー2000大会から個人競技のみが新種目として正式採用され、男女各12名が参加したのが始まりだ。オリンピックの出場枠は、男女それぞれ各国最大2名。前年に行われる世界選手権大会で決勝に進出した選手の所属国が出場権を獲得し、それ以外の出場権はワールドカップシリーズの上位成績などで決定する。

オリンピック競技としての歴史は浅いものの、男女とも特に中国勢の活躍が目立っており、表彰台の常連だ。男子のドン・ドン(中国)は、北京2008大会で銅メダル、ロンドン2012大会で金メダル、リオデジャネイロ2016大会で銀メダルと、3大会連続でメダルを獲得した大ベテラン。中国のほか、ロシアやベラルーシなども強豪国と見なされている。女子は、ロザンナ・マクレナン(カナダ)がロンドン2012大会・リオデジャネイロ2016大会で連覇を果たすなど、5大会連続でメダルを獲得しているカナダ勢の堅実さがあるが、男子同様に中国、ロシア、ベラルーシが上位を占める。

足や腕を伸ばした美しい姿勢で正確に、より高く、そして力強い演技が求められるトランポリン。東京2020大会では、どんな選手がオリンピックのプレッシャーに飲まれることなく華麗な跳躍を冷静に決めることができるのか、そして決勝ではどのような逆転ドラマが展開されるのかに注目したい。

<日本>
日本では、最初の全日本選手権大会が1964年に大阪で開催された。近年、競技人口が増えており、世界で活躍する選手も育っている。中田大輔が1995年から日本選手権7連覇を達成し、シドニー2000大会に出場。北京2008大会には外村哲也と上山容弘が出場し、外村が4位に入賞した。上山はロンドン2012大会で5位入賞し、伊藤正樹は2008年と2011年には世界ランキング1位となり、ロンドン2012大会で4位、リオデジャネイロ2016大会では6位に入賞した。また、棟朝銀河がリオデジャネイロ2016大会で4位に入賞している。
女子は、丸山章子(旧姓:古)のシドニー2000大会6位入賞が最高順位で、廣田遥がアテネ2004大会(7位入賞)、北京2008大会に連続出場、ロンドン2012大会には岸彩乃、リオデジャネイロ2016大会には中野蘭菜選手と出場が続いている。予選の壁を突破して、決勝の舞台で高く舞う日本選手の活躍が期待される。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

トランポリンでのジャンプの高さは、どうやって計測する?

Answer

A:赤外線センサー。
トランポリンの下部に設置された赤外線センサーによる測定機器で、高さ (時間) を計ることができるようになっている。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧