柔道

柔道

柔道のピクトグラム

オリンピック競技

柔道

熱い技の応酬と、相手の隙をつく冷静な駆け引き。一瞬足りとも気が抜けない4分間。

競技概要

日本発祥のスポーツ、柔道。オリンピックでは東京1964大会で初めて正式競技に採用された。試合では、白か青の柔道衣を着用した選手が、10メートル四方の畳の上で戦う。どちらかの選手が「一本」をとれば、その時点で試合は終了し勝敗が決する。技がきまり相手を制することができても、「一本」となるすべての要件を満たさないときは「技あり」となる。

技は100種類。68の「投技(なげわざ)」と32の「固技(かためわざ)」に分けられる。「投技」には背負投(せおいなげ)や体落(たいおとし)などの手技(てわざ)、袖釣込腰(そでつりこみごし)や払腰(はらいごし)などの腰技(こしわざ)、大外刈(おおそとがり)や内股(うちまた)などの足技(あしわざ)、そして巴投(ともえなげ)に代表される捨身技(すてみわざ)がある。また、「固技」は一般に寝技(ねわざ)ともよばれる抑込技(おさえこみわざ)、送襟絞(おくりえりじめ)のような絞技(しめわざ)、腕挫十字固(うでひしぎじゅうじがため)などの関節技(かんせつわざ)に分けられる。

一瞬のうちに技が繰り出され、勝負が決する柔道。ポイントで負けていても、終了数秒前の大逆転があり得る。目が離せない競技である。

オリンピック柔道の階級(男女各7階級)

男子
60kg級、66kg級、73kg級、81kg級、
90kg級、100kg級、100kg超級
女子
48kg級、52kg級、57kg級、63kg級、
70kg級、78kg級、78kg超級

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

みなぎる気迫、一瞬できまる豪快な投げ。すべては「一本」のために。

リオ2016大会の柔道(女子)の試合

柔道における最高の判定は一本。主審が一本を宣告した瞬間、試合は終了し勝負が決する。全ての柔道選手が狙うのが一本だ。そのため一本をとることは非常に難しく、選手はそのために死力を尽くす。

投技の一本は、インパクト(強さ、速さ、背中をつける)がある形で相手を投げた場合に与えられる。豪快に投げて一本がきまる瞬間は見ていてとても美しく気持ちがいい。十分に相手を制して投げた一本のインパクトにおける条件のうち、どれか1つが欠けていた場合は技ありになる。

柔道の投技は、ただ技を掛ければ相手が倒れてくれるようなものではない。まずは相手の体勢を崩すことから始まる。そのためにまず行われるのが、組み手争いである。自分の有利な組み手になれば、相手を崩し、技に持ち込みやすいからだ。逆に、相手にとって有利な組み手を取られると自分が危なくなる。組むことを嫌がる選手がいるのは、こうした理由からだ。

固技では、技の要件がそろった瞬間に主審が「おさえこみ」と宣言し、そこから10秒で技あり、20秒で一本になる。選手同士の足が絡まった状態では「おさえこみ」とならないため、逃げたいとする選手は足を絡めようとし、技を掛ける側は足を抜こうとする。重量級では、「おさえこみ」から抜けることがなかなか難しい。固技のうち絞技や関節技では、技を掛けられた選手がダメージを受けることがあるため、「まいった」をすることがある。この時は、技を掛けた選手に一本が与えられる。

どちらの選手も一本を取れずに4分の試合時間が終了した時に、「技あり」を決めていた場合は優勢勝ちになる。優劣がつかない場合は延長戦を行う。
選手は皆、一本を取りたい。だが、一本にこだわるあまり相手にチャンスを与えてしまうこともある。勝つためにはあえて美しくない戦い方をする選手もいる。
柔道の勝負は熾烈を極める。みなぎる気迫、一瞬できまる豪快な投げ、そして全ての力を出し尽くす激しい戦いからは、目を離せない。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

ルール改正でより攻撃的になった柔道。全ての階級で積極的な戦いに期待。

リオ2016大会の柔道(女子)の試合

柔道の創始者である嘉納治五郎は、日本で初めて国際オリンピック委員会の委員に就任。日本をオリンピック初出場(ストックホルム1912大会)に導き、さらに東京1940大会招致を成功させた。その東京1940大会は戦争のため開催されなかったが、オリンピックは1964年に東京で開催され、柔道は男子の正式競技として採用される。その際、日本の全階級金メダル独占を阻止したのは、無差別のアントン・ヘーシンク(オランダ)だった。
以来、柔道発祥の地・日本以外では、フランス、ロシア、オランダ、イタリアなどのヨーロッパ勢、韓国、中国、モンゴルなどのアジア勢、そしてキューバ、ブラジルなどの中南米の国・地域が強い。オリンピックの柔道に女子の種目が正式採用されたのはバルセロナ1992大会からで、強豪国の傾向は男子とほぼ同じだ。

体重別に行われるオリンピックの柔道では、男女とも軽量級(男子73kg級以下、女子57kg級以下)でアジア人選手が比較的多く活躍している。このクラスの特徴は、スピードが速いこと。軽いフットワークで、一瞬のうちに相手の懐に入って投げに入る。全く目が離せないのがこのクラスだ。

パワーとスピードを併せ持つ中量級(男子81kg級〜90kg級、女子63kg級〜70kg級)は、男子は日本を始め、オーストリア、オランダ、グルジアなどのヨーロッパ勢が強さを誇っており、女子はフランス、日本、キューバなどがメダル獲得の常連だ。

重量級(男子100kg級以上、女子78kg級以上)は、スピードよりパワーを全面に出した選手が多く勝ってきたが、最近ではこのクラスにも速く動ける選手が増えてきた。重量級といってもただ体重があれば勝てるというわけではなく、かなりの練習量をこなしスタミナをつけた選手にこそ勝つチャンスがある。このクラスでは日本とフランスが強い。

2016年末、国際柔道連盟(IJF)が行ったルール改正により、試合時間は男子が1分短縮され、男女とも4分間となり、技の判定基準が一本、技ありだけになった。固技では技ありまでの時間が15秒から10秒に短縮された。より攻撃的に一本を狙っていく柔道を目指した変更であり、選手にとっては積極的に攻める姿勢が必要となってくるだろう。

東京2020大会では新種目として「混合団体」が追加される。これは男女それぞれ3人、合計6人がチームを組んで戦う。階級は、男子73kg級、90kg級、90kg超級、女子57kg級、70kg級、70kg超級が予定されている。この種目で強いと予想されるのは、日本やフランスのように全階級に強豪選手を擁するチームだ。

<日本>
日本の柔道選手にとっては、オリンピックで勝つよりもオリンピックに出場することの方が難しいといわれる。それだけ選手層が厚いのだ。日本はオリンピックの柔道で累計84ものメダルを獲得。日本の競技別獲得金メダル数では、柔道が最多である。これまで日本は「一本を取る柔道」にこだわってきた。しかし最近では、美しく一本をとる大野将平と泥臭く勝つベイカー茉秋がそれぞれ金メダルを獲得したように、同じ一本を取るにしても、選手の戦い方が多様化している。リオデジャネイロ2016大会では、日本の男子は金メダル2つを含む7階級全てでメダルを獲得し、女子は金メダル1つを含む5階級でメダル獲得。井上康生監督が根性論を排し、科学的なデータを使用しつつ個々の選手に寄り添って指導をしてきたことが効果を生んだとされている。柔道はオリンピックの前半に開催され、日本選手団金メダル第1号をとってチームを勢いづかせることができる。地元で行われる東京2020大会では、日本柔道の金メダル量産に期待したい。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

現在のオリンピック柔道における階級の体重差は、どのような規則性で決められているか?

Answer

A:階差数列。
こう書くと難しそうだが、隣り合った数字の差が1つずつ増えていくということ。男子は、60kg、66kg、73kg、81kg、90kg......と階級が上がるが、まず最軽量級の60kgに「6」kgを足して66kg。次に「7」kgを足して73kg。「8」kgを足して81kg。「9」kgを足して90kgとなる。女子は48kg、52kg、57kg......の差が「4」kg、「5」kg、「6」kg......と加算されている。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧