自転車競技

自転車競技

自転車競技のピクトグラム

オリンピック競技

自転車競技

競技概要

自転車に乗って、スピードや操作技術を競う競技です。自転車競技は大別すると、トラックレース、ロードレース、マウンテンバイク、BMXに分けられます。さらに、トラックレースはスプリント、ケイリンなどの種目、ロードレースは個人ロードレースと個人タイムトライアルの種目があります。

ここがポイント!

自転車競技の魅力は何と言っても、そのスピード感とスリル感です。勝敗の鍵を握るのは、鍛え上げられた脚力であることは言うまでもありませんが、スピードにより生まれる空気抵抗をどう克服するかによって勝敗が大きく左右されます。 また、巧みなコーナリングや周りの選手たちとの駆け引き、団体戦でのチームワークも見どころの一つです。

歴史

自転車は18世紀末ごろに発明されたと言われています。当初は前後2つの車輪をつけたフレームにまたがり、足で地面を蹴って進むという遊び道具でした。自転車レースは自転車が発明されてすぐに始まり、徐々に長距離化していきました。1890年代には現在の形態のレースが始まり、その後は自転車製造技術の進歩や舗装路の普及もあって、スピードを競うスポーツへと変わっていきました。
オリンピックでの自転車競技は1896年アテネ大会から実施されています。女子競技は1984年ロサンゼルス大会で初めて行われました。1996年アトランタ大会からはプロ選手の出場が可能になり、同時にこれまでのロードレースとトラックレースに加え、マウンテンバイク(クロスカントリー)が新種目に採用。2000年シドニー大会からは、日本で発祥したケイリンがトラックレースの種目として加わり、2008年北京大会からはBMXが実施されています。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2016年1月現在)

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧