ラグビー

ラグビー

ラグビーのピクトグラム

オリンピック競技

ラグビー

相手を翻弄するパスワークにカウンター。パワーと戦略が広大なフィールドでぶつかり合う。

競技概要

ラグビーのルーツは、18~19世紀にかけてイギリスのパブリックスクールで広まったフットボール。1823年にラグビー校で開催されていたフットボールの試合中、エリスという少年が突然ボールを手に持って走り出しゴールを駆け抜けるという出来事があり、それがラグビーの始まりとされている。その後ラグビー校が独自のルールを整備し、「ラグビーフットボール」として世界に普及した。1871年にラグビーフットボールユニオン(イングランドラグビー協会)が設立され、1886年に国際ラグビー評議会(IRB)が発足。現在はチームの人数やルールが若干異なる「ラグビーユニオン」「ラグビーリーグ」の2種類が世界各地でプレーされており、オリンピックでは7人制ラグビー(通称「セブンズ」)が実施されている。

オリンピックでのラグビーの歴史をひもとくと、パリ1900大会、ロンドン1908大会、アントワープ1920大会、パリ1924大会で15人制ラグビーが実施され、その後長いブランクを経てリオデジャネイロ2016大会より7人制ラグビーとして復活した。女子種目はリオデジャネイロ2016大会が初めての実施となった。

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

ダイナミックかつスピーディ 広いフィールドで展開される激しい点取り合戦

ラグビー選手

チームで連携し、楕円形のボールを相手陣地一番奥のインゴールへ運ぶことを目指す競技。手に持って走る、投げる、足で蹴るといったさまざまな手段をとるが、投げる場合は目指すゴールと逆方向でなければならないという点は他の競技にないユニークなルールだ。

フィールドの大きさは、7人制でも15人制と同じ68メートル~70メートル×94メートル~100メートル。広いフィールドを少ない人数でプレーする分、一人一人の技術や俊敏性が一層求められる。またパスを多用してボールを大きく動かすためダイナミックな試合展開となるのも魅力だ。試合時間は15人制の80分に対して前後半合わせて14分と短く(※)、ハーフタイム2分間を挟んで全員が一瞬たりとも気を抜けないスピーディな戦いを繰り広げる。見る側も決して目を離せない。

得点方法は4種類あり、ボールを手に持ってゴールラインを超え、地面にタッチさせる「トライ」が5ポイント、トライ後にゴールポスト間にボールを蹴り入れる「コンバージョンゴール」が2ポイント、試合の流れの中でゴールポスト間にボールを蹴り入れる「ドロップゴール」は3ポイント、相手反則時に与えられるペナルティキックでのゴールが3ポイント。残り時間が短くなってくると、どのゴール方法を選択するかが勝負の分かれ目にもなる。チームの戦術も見どころだ。

チームはフォワード3人、バックス4人で構成され、1試合につき1チーム5人まで交代ができる。ポジションとしての呼び名はあるものの、7人制は全員攻撃・全員守備が基本となるため、全員がトライへ向かう意識を持って戦う。エキサイティングな点の取り合いを楽しもう。また、相手ディフェンスをかいくぐって長い距離を走るため、スピード自慢の選手が多いのも7人制の特徴だ。

大会には男女種目ともに12チームが出場し、メダルを争う。

※決勝戦のみ10分ハーフの20分間で試合が行われる。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

王者ニュージーランドの雪辱なるか オリンピックのラグビーは波乱の可能性大

ラグビー選手

ラグビーの大国といえばなんといってもニュージーランド。15人制ラグビーのラグビーワールドカップ、ザ・ラグビーチャンピオンシップ、7人制ラグビーのワールドカップ・セブンズなど主要国際大会で軒並み最多優勝を誇る絶対的な王者であり、2009年11月から2017年7月時点まで世界ランク1位の座を一度も明け渡していない。だが、キアラン・リード(ニュージーランド)、ベン・スミス(ニュージーランド)ら15人制のスター選手を欠いて臨んだリオデジャネイロ2016大会で、ニュージーランドは、女子チームが銀メダルを手にしたものの、男子チームはメダルを獲得できなかった。東京2020大会でのリベンジに懸ける意気込みは強く、最強陣営で強さを見せつける姿が期待できる。

リオデジャネイロ2016大会では、男子はフィジー、イギリス、南アフリカが、女子はオーストラリア、ニュージーランド、カナダがそれぞれ金・銀・銅メダルを獲得している。

だが、7人制ラグビーはオリンピックの舞台ではまだまだ新しい競技。多くのチームにメダルへの可能性が開けていると言えよう。

2019年に東京で開催されるラグビーワールドカップ(15人制)も、東京2020大会での躍進チームを占う上で重要な大会となる。

<日本>
リオデジャネイロ2016大会で「最強国」ニュージーランドを下した最初のチームは、なんと我らが日本であった。
日本男子チームは近年急激に実力を伸ばしており、2017年7月時点における男子15人制の世界ランキングはアジア最上位の11位。2015年に実施された男子15人制のラグビーワールドカップでも、屈指の強豪南アフリカに勝利するサプライズを起こしている。リオデジャネイロ2016大会ではニュージーランド以外にも格上とされる相手に勝利を重ね、メダルまであと一歩と迫る4位をマーク。東京2020大会でのメダル獲得が大いに想像できる試合内容で世界に大きなインパクトを残した。
「サクラセブンズ」の愛称で親しまれている日本女子チームは、リオデジャネイロ2016大会では1次リーグ敗退を喫したが、ケニア戦で24対0という大勝を経験するなど世界での手ごたえが感じられる内容だった。サクラセブンズも強化のピッチを上げており、東京2020大会ではどんな花を咲かせてくれるのか楽しみだ。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

15人制ではスクラムを1チーム8人で組むが、7人制では何人で組む?

Answer

A:3人
15人制ラグビーの試合ではお馴染みの、なかなか動かないスクラム。両チーム合わせて16人でスクラムを組むとボールがなかなか外側に出てこず、観客からはスクラム内でボールがどのように動いているかもわかりにくい。7人制ではとてもコンパクトなスクラムとなるため決着がつきやすく、これもスピーディな試合展開の要因となっている。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧