トライアスロン

トライアスロン

トライアスロンのピクトグラム

オリンピック競技

トライアスロン

競技概要

距離:オリンピックディスタンス
(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)
スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離走)の順で1人で連続して行う競技で、屋外で行われます。 着順を競う競技です。

ここがポイント!

身体的ダメージや消費カロリーはフルマラソンより少ないと言われています。男子選手でおよそ1時間45分、女子選手でおよそ2時間で、トップの選手はフィニッシュします。 トランジション(競技種目の転換、スイム→バイク、バイク→ラン)エリアでは、着ているもの、履くものなどを種目にあわせて取り替えたりします。トランジションを素早く行うことがポイントで、オリンピック選手たちは8~10秒間で対応します。トライアスロンは、着順を競う競技のため、世界記録はありません。
経験と戦略のスポーツで、競技中の選手たちのかけひきに注目です。欧米では、マラソンを凌ぐ人気スポーツとなり、2012年ロンドン大会では、2日間(女子・男子)で120万人の観客を集めています。 日本選手のオリンピックでの初めてのメダル獲得が、これからの楽しみな競技です。

歴史

この競技は、1974年にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴで誕生しました。1980年代には、オリンピックディスタンスが誕生し、1990年代にかけて、トライアスロンは世界中に広がりをみせました。
オリンピックでは、2000年シドニー大会から正式競技です。3つの種目を連続して行うことから、ラテン語で「3」を意味する「tri」と「競技」を意味する「athlon」を組み合わせて、「トライアスロン」という名称になりました。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2016年1月現在)

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧