バレーボール

バレーボール

バレーボールのピクトグラム

オリンピック競技

バレーボール

粘りのレシーブ、強烈なアタック。目の前に立ちはだかる高い壁を打ち破れ。

競技概要

バレーボールは、ネットによって分けられた18メートル×9メートルのコートで、2つのチームがネット越しにボールを打ち合う球技。ボールを落とさずに、3回以内のタッチで相手コートに返球する。相手チームのサーブをレシーブし、トスを上げ、スパイクを打ちこむのが基本的な流れで、攻撃と防御を交互に行うことになる。個人の高い技能はもちろん、戦術を理解し共有する固いチームワークや協調性が求められる。

どちらかのチームがコート内に落球したり、大きくはじいてアウトになったり、また反則によってボールを繋げなくなるまで、ボールを打ち合うラリーが続く。スパイカーのダイナミックなプレーや、諦めずにボールを追う姿から目が離せない。

バレーボールから派生したビーチバレーボールは、砂の上に設けられたコートで、2人1組のチームが対戦する。バレーボールは東京1964大会から、ビーチバレーボールはアトランタ1996大会から、男女ともオリンピックの正式種目となった。

種目

  • ビーチバレーボール(男子/女子)
  • バレーボール(男子/女子)

ESSENCE OF THE SPORT/競技の魅力、見どころを紹介!

速さと高さ、パワーみなぎる男子のプレー 粘り強い女子のプレーに刮目せよ

バレー選手

バレーボール
主な大会や国際試合は6人制で、前衛・後衛それぞれ3人の計6人で競技を行う。守備を専門とするリベロは、どの後衛の選手とも交代することができる。レシーブのスペシャリストとして、1人だけ異なる色のユニフォームを着用するので判別しやすい。

試合は、ラリーに勝ったチームが1点と同時に次のサーブ権を得るラリーポイント制で、25点先取の5セットマッチで行われる。ただし24-24の同点になった場合はデュースとなり、相手チームより2点リードするまで試合は続けられる。特に実力が拮抗したチーム同士の対決では1点の取り合いが長く続き、手に汗握る展開となる。3セットを先に獲得したチームが勝者となるが、セットカウントが2-2となった場合、最終第5セットは最小限2点差をつけて15点を先取したほうが勝利する。

男子のプレーは、速さと高さ、そしてパワーが魅力だ。強烈なジャンプサーブは、時速120キロメートルを記録する。低いトスを速く上げて素早くスパイクを打つ速攻(クイック攻撃)は、目が追いつかないほどの速さだ。また、2メートルを超える長身の選手がスパイクを打つ高さは、3.5メートルにも達する。その打点から、渾身の力でボールを相手コートに叩きつける迫力は圧巻だ。

女子は、男子に比べてラリーが続きやすく、1回のプレーが長いのが特徴だ。コートに落ちる寸前のボールを拾い、最後まで諦めずに追いかける粘り強いプレーに、心からの声援を送りたい。

ビーチバレーボール
ビーチバレーボールは、21点先取のラリーポイント制、1試合3セットマッチで行われる。ちなみにコートは16メートル×8メートルで、インドアよりひと回りほど狭めだが、ネットの高さは男子が2.43メートル、女子が2.24メートルと同じ設定だ。その広さと高さを2人だけでカバーするのだから、かなりハードな競技だと言えよう。チームメイトの、息の合った連携プレーが見どころだ。相手チームには見えないように、腰の後ろで、両手の指を使ったサインを送ってコンタクトをとっている。

OUTLOOK FOR THE TOKYO 2020 GAMES/2020年に向けた競技の展望

アメリカ、ブラジルが強豪 試合を組み立てるセッターに注目を

ビーチバレー選手

現在、世界バレーボール・ランキングで上位を占めているのは、男子はブラジル、アメリカ、ポーランド、イタリア、ロシアなど、女子は中国、アメリカ、セルビア、ブラジル、ロシアなどだ。オリンピックの金メダル獲得数は、男女ともロシアが4個とトップだが、うち男子は3個、女子はすべてソビエト連邦時代のものだ。高さとパワーを誇ったソビエト連邦に対抗すべく、速攻やフェイントといった戦術が他国で次々と編み出され、競技に複雑性が加味されていった。近年では、ヨーロッパの伝統国に加えて、男女ともブラジル、アメリカの活躍が顕著となっている。

観戦中は、得点を量産するエーススパイカーに目が行きがちだが、実際に試合を組み立てているのはセッターだ。多くの場合、指示を出す司令塔役を務め、サインによってチームメイトに戦術を伝達する。プランどおりに攻撃を実行して成功させるには、レシーブしたボールをうまくセッターに返すことがカギとなるが、名セッターは処理の難しいボールも自在に扱う。確かにスパイクやブロックでは身長が高く腕のリーチが長いほうが有利ではあるが、単純に体格差だけで勝敗が決まるわけではない。各国のチームで要となるセッターに注目すると、よりゲームの奥深さが感じられるはずだ。

また、監督の采配にも注目したい。対戦相手の特徴を踏まえつつ、誰を先発で起用するか、様々な状況に応じてどのような選手交代をするのか、また悪い流れを断ち切るタイムアウトのタイミングなども、勝利への重要なポイントとなる。

なおビーチバレーボールは、インドアのバレーボールから転向したプレーヤーが多い。アメリカとブラジルが強豪国として知られており、過去6回のオリンピックでは、男女ともアメリカが3回金メダルを獲得している。

<日本>
女子は東京1964大会において、回転レシーブや時間差攻撃など日本独特の技術による圧倒的な強さで金メダルを獲得し、東洋の魔女と呼ばれた。その後、モントリオール1976大会で金メダル、他大会で銀メダルと銅メダルを各2個獲得した。男子はミュンヘン1972大会で金メダルに輝き、銀と銅を1個ずつ獲得している。
女子は、情報端末によって戦況を分析・活用するITバレーでディフェンスを強化し、世界と互角に戦えるチームとなった。
ビーチバレーボールは、女子はアトランタ1996大会で5位、シドニー2000大会で4位に入賞を果たしている。競技の人気も次第に高まっており、今大会での躍進が楽しみだ。

TRIVIA/知られざる競技のヒミツ

Question

ビーチバレーボールの専用ボールは、スピードが出にくいように工夫されている。その方法は?

Answer

A:ボールの内気圧が低く設定されている。
インドアで行うバレーボールとほぼ同じ大きさだが、やわらかい。内気圧の規格は、インドアのボールの1立方センチメートルあたり0.30~0.325キログラムと比べて、0.175~0.225キログラムと、30%ほど低い。そのため、ボールのスピードが遅くなるのだ。

競技会場

オリンピック競技一覧

パラリンピック競技一覧