東京2020大会の輸送サービスに関する検討状況について

本ページでは、東京2020組織委員会が提供する輸送サービスの内容に関する検討状況について紹介します。

選手やメディアなどの輸送

東京2020組織委員会は、選手やメディアなどに対する輸送システムに使用するルートを「オリンピック・ルート・ネットワーク(Olympic Route Network : ORN)」「パラリンピック・ルート・ネットワーク(Paralympic Route Network : PRN)」と呼称し、都市活動に与える影響を考慮しながら、次の3点を基本コンセプトとして設定し、検討していきます。

  • 安全性、定時性を考慮し、信号交差点がなく一般道に比べ事故率も低い高速道路を主として設定する。
  • 一般道においては、交通容量の大きい4車線以上の道路を優先して選定する。
  • 最寄りとなる高速道路出入口から競技会場までを最短距離で結ぶ経路を設定する。

観客の輸送

東京2020組織委員会は、観客の輸送について、鉄道をはじめとする高密度かつ信頼性の高い東京の交通網を最大限に生かすことを想定しています。 また、大会期間中に観客が競技会場と観客利用想定駅の間で通行の可能性がある経路を「観客輸送ルート」と呼称し、次の5点を基本コンセプトとして設定し、検討していきます。

  • 歩行延長が過度に長くならないよう、会場から一定圏内にある鉄道駅を観客利用想定駅として選定することを基本とする。
  • 入場と退場を同一駅とするなど、観客に分かりやすい経路の選定を基本とする。
  • 信号機が設置され、適切な幅員のある歩道とするなど、観客に安全な経路の選定を基本とする。
  • 入場ルートと退場ルートは分離することを基本とするとともに、生活動線に配慮する。
  • 入場ルート・退場ルートともにアクセシブルルート(※)と同じ経路であることを基本とする。

アクセシブルルートとは、アクセシビリティに配慮が必要な観客に対して、競技会場と一部の観客との間に設定する経路のこと。

また、観客利用想定駅から会場までの距離が長く、徒歩でのアクセスが困難な一部の会場については、観客利用想定駅から会場までシャトルバスの運行を想定しています。

バスに乗り込む観客

©2016 / IOC

応援する観客

交通需要マネジメント(Transportation Demand Management : TDM)

交通需要マネジメント(TDM)は、自動車の効率的な利用や公共交通機関への利用転換など、交通行動の変更を促して、発生交通量の抑制や集中の平準化などの交通需要の調整を行うことにより、道路交通の混雑を緩和していく取組みです。東京2020大会においては、道路交通だけでなく、鉄道などの公共交通機関も含めた交通需要調整の取組みのことを指します。
過去のロンドン大会におけるTDMでは、大会期間中における移動行動を自ら変更することの意義を伝えるためのメッセージや交通状況予測などの情報にアクセスしてもらうための広報活動が実施されていました。
今後、東京2020大会においては、東京における交通の特性を踏まえ、大会に係る円滑な輸送の実現と都市活動の安定の両立が図られるよう、さまざまな方策について検討していきます。

輸送サービスに係る推進体制

東京2020大会の成功に向けて、東京2020組織委員会として円滑な大会運営に資する輸送サービスを提供するため、さまざまな検討を行っています。そのための推進体制について紹介します。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 輸送連絡調整会議

東京2020組織委員会は、輸送関係者間の意見調整を図るとともに、輸送方針の策定などを目的として「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 輸送連絡調整会議」を2015年7月30日(木)に設置しました。本会議には、国、地方公共団体、警察など、多くの関係団体が参加しています。これまでに輸送ルート案や輸送運営計画に関する議論が交わされてきました。

輸送連絡調整会議の様子

第3回 輸送連絡調整会議の様子

輸送運営計画

(ファイルをダウンロード)輸送運営計画V1(2017年6月5日策定)(PDF:2.2 MB)

過去の開催状況

2017年5月18日
(ファイルをダウンロード)第3回 議事次第(PDF:476.4 KB) (ファイルをダウンロード)第3回 資料(PDF:37.9 MB)

2017年1月20日
(ファイルをダウンロード)第2回 議事次第(PDF:59.6 KB) (ファイルをダウンロード)第2回 資料(PDF:4.6 MB)

2015年7月30日
(ファイルをダウンロード)第1回 議事次第(PDF:61.4 KB) (ファイルをダウンロード)第1回 資料(PDF:1.8 MB)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 交通輸送技術検討会

東京2020組織委員会は、選手や観客などの安全かつ円滑な輸送の実現に向けて、交通マネジメントのあり方を専門的見地から検討する、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 交通輸送技術検討会」を2017年6月9日(金)に設置しました。

過去の開催状況

2017年6月9日
(ファイルをダウンロード)第1回 議事次第(PDF:19.9 KB) (ファイルをダウンロード)第1回 資料(PDF:6.0 MB)

交通輸送技術検討会の様子

第1回 交通輸送技術検討会の様子