大会ビジョン

スポーツには世界と未来を変える力がある。

1964年の大会は日本を大きく変えた。2020年の東京大会は、「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」、「一人ひとりがお互いを認め合い(多様性と調和)」、「そして未来につなげよう(未来への継承)」を3つのコンセプトとし、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とする。

3つの基本コンセプト

全員が自己ベスト

万全の準備と運営によって、安全・安心で、すべてのアスリートが最高のパフォーマンスを発揮し、自己ベストを記録できる大会を実現。

世界最高水準のテクノロジーを競技会場の整備や大会運営に活用。

ボランティアを含むすべての日本人が、世界中の人々を最高の「おもてなし」で歓迎。

多様性と調和

人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。

東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする。

未来への継承

東京1964大会は、日本を大きく変え、世界を強く意識する契機になるとともに、高度経済成長期に入るきっかけとなった大会。

東京2020大会は、成熟国家となった日本が、今度は世界にポジティブな変革を促し、それらをレガシーとして未来へ継承していく。

大会ビジョンに基づいた大会運営と様々なアクション

  • 大会ビジョンを会場・インフラや、開閉会式等のセレモニーなど、大会運営のあらゆる場面において反映。
  • 東京2020大会は、分野的・時間的・地域的広がりを持った大会であり、政府や東京都、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)、経済団体等を巻き込み、当初の段階から、組織横断的な検討体制を構築し、2016年に「アクション&レガシープラン」を策定。
  • 国際オリンピック委員会(IOC)総会で採択された「アジェンダ2020」の趣旨を具体的に大会運営に反映。東京2020大会をアジェンダ2020によるオリンピック改革のスタートに。