東京2020参画プログラムイベント予定

東京2020参画プログラムの事業・イベントは、様々な団体が主体となって、東京2020大会ビジョンに基づき、8つの分野で行われています。
今後、全国で行われる事業・イベントをご紹介します。皆様、ぜひご参加ください。

なお、過去のイベント実績は下記よりご覧いただけます。
東京2020参画プログラムイベント実績

プログラムにおける8つのテーマ

スポーツ・健康

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
いしかわグローバルアスリート支援事業

(石川県)
(1)対象:指定競技団体
8競技:水泳(飛込)・バドミントン・カヌー・重量挙げ・ハンドボール・卓球・陸上(競歩)・トランポリン
(2)内容
県内トップコーチ事業
県内の有力指導者による指導・助言
中央コーチ招聘事業
中央の著名な指導者による国際レベルの指導
国内外の合宿・海外合宿
国内外の合宿・海外遠征等への助成
医・科学的サポート事業
医・科学的なサポートを活用した実践指導
コンディショニング指導事業
科学的トレーニングの実践指導
2016年
4月1日(金)~
2019年
3月31日(日)
いしかわ総合スポーツセンター(石川県)
アスリートの手形モニュメント

(北区)
日本トップレベル競技者が集結する西が丘地区に、アスリートの手形モニュメントを設置する。
東京2020大会が放つ特有の団結力や求心力を活用し、世界最大のスポーツイベント関連の事業展開を行うことで、地域のきずなづくりを推進し、「トップアスリートのまち・北区」を構築していく。
2016年
4月1日(金)~
2020年
9月30日(水)
西が丘 3-10(稲付西山公園内)
(東京都)
東京自治会館・東京区政会館等を活用した東京2020大会に向けた気運醸成事業(常設展示・企画展示)

(東京都)
都内各市町村が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした気運醸成の事業などを主体的に展開するには、オリンピック・ムーブメントの意義やパラリンピック競技の魅力など、大会関連の情報やノウハウを各市町村が自らのものとし、事業を企画していくことが非常に効果的であり、重要である。
そこで、東京自治会館・東京区政会館・島嶼会館等を推進拠点として各区市町村における事業を促進する。
具体的には、推進拠点において、(1)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催気運の醸成および各地域のレガシーにつながるような写真・映像・パネル等を展示したり、各地域での事業実施を強く促すような魅力的な展示を実施することで、各区市町村での市民を対象とした普及啓発等につなげる。(2)前述の展示の一部は、各区市町村への貸出も行えるようにすることで、各地域での気運醸成・普及啓発に関する事業実施を促す。
2016年
4月1日(金)~
2020年
12月31日(木)
東京自治会館他(東京都)
都立学校活用促進モデル事業(別ウィンドウで開く)

(東京都)
(1)体育施設の貸出
実施校の体育施設を障害者スポーツ競技団体や障害者団体等に貸出し、スポーツ活動の場を拡充する。
(2)体験教室や地域スポーツ交流会の開催
各実施校において、個人で参加可能な障害者スポーツの体験教室や、参加者同士の交流を通じて親睦を深めるとともに、地域住民や障害者アスリートとの交流を図る地域スポーツ交流会を開催し、障害者スポーツの普及を図る。
2016年
9月1日(木)~
2020年
12月31日(木)
墨東特別支援学校、大塚ろう学校、大泉特別支援学校、府中けやきの森学園、村山特別支援学校(東京都)
健康社会に資する川づくり

(東京都)
河川改修と併せた通路等の整備
隅田川
テラス整備を実施し、地震に対する安全性を確保するとともに、散策等に利用できるよう、上部を修景整備して開放

東部低地帯の河川
護岸の耐震対策等と併せた遊歩道の整備を推進

台地部を流れる中小河川
護岸整備と併せて、都民の利用を考慮した舗装や樹木の植樹など可能な限り反映した管理用通路の整備を推進
(実施予定件数 合計4件/2017年5月13日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
隅田川テラス沿い他(東京都)
ジャパンウォーク in TOKYO-オリンピアン・パラリンピアンと歩こう 2016秋(別ウィンドウで開く)

(株式会社 朝日新聞社)
(1)ウォーキング
競技会場予定地が集中する湾岸を歩く14㎞と、バリアフリーに配慮した豊洲の運河沿い4㎞の2コース。
オリンピアン・パラリンピアン20人前後にも参加してもらい、参加者と一緒に歩いてもらう。
(2)障がい者スポーツ体験会
近くの小学校の体育館と校庭を使い、体験会を実施。競技は、シッティングバレーボール、車いすバスケットボール、レーサー、ブラインドサッカー等。
オリンピアン・パラリンピアンにも参加してもらう。
2016年
10月5日(水)~
2020年
12月31日(木)
アーバンドック ららぽーと豊洲他(東京都)
歩きぬた魅力アップ推進事業

(世田谷区)
(1)砧健康づくりウォーキングマップの作成
地域をよく知る住民や大学の協力を得るなどして、魅力ある場所やそれにまつわる話などを収集しウォーキングマップを作成するとともに、その英語版を作成する。また、解説版の冊子(日本語版)を作成する。
(2)地域紹介動画の作成
ウォーキングマップのコースを元に、成城地区の魅力を紹介する動画を作成し、公共施設、町会・自治会等各種イベントで活用する。また、区ウェブサイトの掲載やDVDの貸し出しにより、地域の人が自らのまちを再発見するための観賞や、他地域への魅力発信の素材とする。
本事業は3ヵ年を通して実施する。2016年度は成城地区、2017年度は砧地区と喜多見地区、2018年度は祖師谷地区と船橋地区のウォーキングマップ作成と地域紹介動画の作成を行う。
2016年
12月1日(木)~
2019年
3月31日(日)
砧総合支所(東京都)
アシックスウォーキング教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
有資格者によるウォーキング教室。
足と靴と正しい歩くフォームの基礎知識の講座。
屋内外で正しい、楽しいウォーキングの実施指導。
足の測定を合わせて行い、正しいシューズ選びや履き方を学ぶ。
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックスかけっこ教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
屋内外で運動の基本動作の「走ること」に注力した実技を入れた教室。
走ることが苦手、もっと早く走りたい、運動会で1等賞を目指したなど、目的に合わせて走るための体の動かし方、正しいフォームを指導する。
ハードルやマーカー、ボックスなど道具を使って楽しみながら、早く走れるコツを教える。
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックスキッズスポーツチャレンジ(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
体育館など室内施設で移動系、平衡系、操作系の最大6種目の運動能力の数値測定を行う。
スピードガンを使用し遊び心で運動の楽しみを体感する。
測定結果のフィードバックを行い、一人あたり測定時間3分程度で一日で200名程度が参加できます。
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックスバスケットボール教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
著名バスケットボール選手を招聘し、バスケットボールの楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 内海 知秀・大山 妙子
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックスバレーボール教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
著名バレーボール選手を招聘し、バレーボールの楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 大山 加奈・櫻井 由香・南部 正司
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックスランニング教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
参加者のレベルに応じた走り方の指導を行う。
初心者に対しては、社内有資格者にて講師対応をする。
レベルの高い方へは署名アスリートを招聘したレベルの高い指導を行う。
講師予定 高橋 尚子・中村 友梨香・山口 衛里
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックス水泳教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
著名水泳選手を招聘し、水泳の楽しさと正しいフォームの指導を行う。
講師予定 萩原 智子・鈴木 聡美・青木 智美・中西 悠子
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
アシックス卓球教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
著名卓球選手を招聘し、卓球の楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 石川 佳純・当社業務提携企業ヤマト卓球株式会社社員及び契約選手
2017年
1月1日(日)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
Sports Camp Guide YAMANASHI, JAPAN(別ウィンドウで開く)(英語サイト)

(山梨県)
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を中心とした事前合宿などスポーツ合宿を本県で実施してもらうことを目的として、次の内容は発信するサイトを4カ国語(日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語)で構築し、運営する。
本県のスポーツ施設の紹介
本県で合宿をするメリット(ロケーション、自然、気候、充実した宿泊・医療・商業施設、食、アスリートからのお勧め、合宿等実績、サポート体制)
宿泊施設、医療施設、観光情報
デジタルパンフレット、動画映像の提供
ニュースリリースによる最新情報、フェイスブックを活用した情報発信
2017年
1月10日(火)~
2020年
9月6日(日)
山梨県庁(山梨県)
ジュニア育成地域推進事業

(東京都)
地区において、小学生以下・中学生・高校生を対象に、スポーツ教室やスポーツ大会を開催するほか、スポーツ関係団体の連絡協議会を開催することにより、ジュニアスポーツのすそ野を広げ、競技力向上の底上げを図り、次世代のアスリートを発掘する 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
都内各地(東京都)
パラスポ仙台(別ウィンドウで開く)

(仙台市)
身体障害または知的障害のある方を対象に、車いすバスケットボールやバドミントンなど東京2020大会競技の教室及び体力測定・適応能力測定を実施し、障害者スポーツの普及促進及び人材発掘・育成を図る。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
仙台市新田東総合運動場 宮城野体育館(宮城県)
運動習慣スタートアップ ~オリンピックの盛り上げに向けた、カラダづくり~

(日野市)
運動習慣のない方も気軽に運動をスタートできる場を提供することで、市民の健康増進を図る。
  • 運動指導員が個別相談や実技指導を行う
  • 家庭で実践しやすいレッスンも実施
  • 運動効果を確認するため体力測定を行い、運動継続のモチベーションをあげる
  • 運動習慣がついた方には既存の体操教室等を紹介
2017年
4月1日(土)~
2020年
12月31日(木)
日野市健康サポートルーム「輝(かがやき)」(東京都)
健康づくりウオーキング教室

(藤沢市)
藤沢市では、健康寿命日本一をめざし、身体活動・運動の普及推進を図るため、平成27年度から健康づくりウオーキング教室を実施しています。また、教室参加者を対象に、日常生活で気軽にできるウオーキング実践のきっかけとなるような仕組み作りの一つとして、記録帖を配付し完歩者に景品(特製缶バッジ)を渡します。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
市内各公民館(神奈川県)
障がい者スポーツ支援(野村ホールディングス株式会社)(別ウィンドウで開く)

(野村ホールディングス株式会社)
野村グループは、日本パラバレーボール協会のスペシャルパートナーとして、シッティングバレーボール競技への支援を行い、競技の普及、選手強化、障がい者スポーツ全体への理解促進などに取り組んでいく。 2017年
4月1日(土)~
2020年
12月31日(木)
全国(東京都)
障がい者スポーツ支援 (体験会(社員・一般向け))(野村ホールディングス株式会社)(別ウィンドウで開く)

(野村ホールディングス株式会社)
野村グループは、日本パラバレーボール協会のスペシャルパートナーとして、シッティングバレーボール競技への支援を行い、競技の普及、選手強化、障がい者スポーツ全体への理解促進などに取り組んでいく。 2017年
4月1日(土)~
2020年
12月31日(木)
千代田区スポーツセンターなど(東京都)
障がい者スポーツ支援 (応援イベント)(野村ホールディングス株式会社)(別ウィンドウで開く)

(野村ホールディングス株式会社)
野村グループは、日本パラバレーボール協会のスペシャルパートナーとして、シッティングバレーボール競技への支援を行い、競技の普及、選手強化、障がい者スポーツ全体への理解促進などに取り組んでいく。 2017年
4月1日(土)~
2020年
12月31日(木)
ウイング21(社会体育複合施設)など(長野県)
第15回岐阜県障害者スポーツ大会春大会

(岐阜県)
県では、「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」を施行し、障がいの有無に関わらず、誰もが安心して暮らせる共生社会づくりを進めている。本事業は、スポーツを通した社会参加の推進と、東京2020大会に向けた機運醸成を図るため、3障がい(身体・知的・精神)を対象として開催。 2017年
4月15日(土)~
2017年
6月4日(日)
岐阜メモリアルセンター(岐阜県)
アシックス・ トライアス体操(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
トライアス体操は、会議室や体育館など室内施設で行う3種類のパートで構成された生涯スポーツ運動プログラム。弊社が運営している機能訓練特化型デイサービス施設「トライアス」内で行っているオリジナルプログラムを対外的にご提供出来るようアレンジした出張型の運動プログラム。
ストレッチ&重りトレーニング、デュアルタスク(2重課題)トレーニング、ノルディックポールバランストレーニングの3種のパートで構成されており、必要に応じて行うパート数や実施時間を調整出来る、非常にフレキシブルで対応範囲の広い運動プログラム。
2017年
4月19日(水)~
2020年
12月31日(木)
全国各地のスポーツ関連施設(東京都)
東京2020応援プログラム 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 特別講座 ~東京2020オリンピック・パラリンピックプロジェクト~(別ウィンドウで開く)

(東京女子体育大学・東京女子体育短期大学)
東京2020大会におけるプロジェクトを2014年4月に立ち上げ、本部会・専門委員会で講座を企画し実施している。キックオフイベントを皮切りに、2014~2016年度までに22回の講座を開講した。市民の方々と共に、オリンピック・パラリンピックやスポーツの知識を深める講座を本年度は年9回開講する。 2017年
4月22日(土)~
2018年
2月17日(土)
東京女子体育大学・東京女子体育短期大学(東京都)
第48回羽村市総合体育大会

(羽村市)
一般市民を対象とした、全24競技(軟式野球、陸上、剣道、柔道、卓球、スキー、ソフトテニス、バレーボール、ソフトボール、テニス、バドミントン、水泳、弓道会、ゲートボール、サッカー、バスケットボール、ダンススポーツ、ゴルフ、インディアカ、空手、合氣道、居合道、少年軟式野球、中学軟式野球)の競技会 2017年
4月15日(土)~
2018年
3月31日(土)
羽村市スポーツセンター 他(東京都)
清流の国ジュニアアスリート育成プロジェクト

(岐阜県)
岐阜県では、将来、東京2020大会等で活躍できるアスリートを育成することをめざして、優れた素質を持つ県内の小中学生を発掘し、適性のある競技種目でトップアスリートを目指せるよう本県独自の育成プログラムを展開していく。 2017年
4月22日(土)~
2018年
3月3日(土)
長良川スポーツプラザ(岐阜県)
パラアスリート写真展 ~知ることが力になる~(別ウィンドウで開く)

(藤沢市)
パラリンピック及びパラスポーツへの理解を深めるため,藤沢市が運営する各スポーツ施設において巡回形式のパラリンピック写真展を開催する。 2017年
4月28日(金)〜
2017年
7月17日(祝・月)
秩父宮記念体育館 他(神奈川県)
ふくしまラグビー交流事業 タグラグビー出前講座

(福島県)
県内希望小・中学校の体育の授業へタグラグビー講師を派遣して行う出前講座(小・中学校各10校)と、タグラグビーティーチャーを養成する地区別講習会(県内7地区)により、ラグビー競技の競技人口拡大を図り、ラグビーを通した交流の契機とする。 2017年
5月1日(月)~
2018年
3月31日(土)
県内7地区及び小・中学校各10校(福島県)
日本一周フラッグリレー(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人日本セーリング連盟)
東京2020大会の成功に向けて、日本中のセーラー(ヨットマン)が、フラッグ(旗)にメッセージを載せて、次々とリレー方式で日本を周回し、各地での東京2020大会の盛り上げを図る。 2017年
5月2日(火)〜
2020年
7月31日(金)
全国ヨットハーバー(例:江の島ヨットハーバー)(神奈川県)
障害者チャレンジスポーツ教室

(立川市)
(1)市民に身近な体育館において、障害者を主な対象としたスポーツ教室を実施。種目はダンス、ボッチャ、バドミントン。各9回開催。
(2)障害者が楽しんで参加できるスポーツ大会を実施。種目は水泳。年1回開催。
(3)障害者スポーツの認知度を高めるイベントを実施。種目はシッティングバレー。年1回開催。
2017年
5月9日(火)~
2018年
3月31日(土)
泉市民体育館(東京都)
第57回府中市少年野球大会

(東京都府中市)
市内で活動しているチームが一堂に会し、日頃の成果を発揮すると共に、他チームとの親睦を深め、スポーツを通じて子供たちの健全な心身を育てることを目的として実施する。 2017年
5月13日(土)~
2017年
7月17日(祝・月)
府中市民球場、郷土の森第一野球場ほか(東京都)
第41回府中市少年サッカー大会

(東京都府中市)
サッカーを通し、地域の少年の交流を発展させるとともに技術の向上と体力の増進を図り、さらに強い忍耐力と豊かな心を育てるために開催する。 2017年
5月20日(土)~
2017年
8月31日(木)
府中市少年サッカー場・市内小中学校(東京都)
セーリング写真展 ~リオから江の島へ~ 藤沢13地区写真展ツアー(別ウィンドウで開く)

(藤沢市)
東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技会場は、藤沢市の江の島である。セーリング競技を盛り上げるため、市内13地区の全市民センター及び公民館において、リオデジャネイロオリンピックや江の島のセーリング競技等の写真を展示し、セーリング競技の迫力と魅力を発信する。 2017年
5月23日(火)〜
2017年
10月26日(木)
本町四丁目6番16号 他(神奈川県)
パラ・チームビルディング

(東武トップツアーズ株式会社)
パラスポーツを手軽に体験いただくために東武トップツアーズが開発したプログラム「パラ・チームビルディング」「チームワーク」を醸成し、「障がい者の気持ち」を理解し、「全員が自己ベスト」の機運を盛り上げる。 2017年
5月25日(木)〜
2020年
12月31日(木)
東京都人権センター(東京都)
サイクルフェスティバル伊豆2017(別ウィンドウで開く)

(伊豆市)
  • (1)体験型ワークショップや自転車安全教室の開催
  • (2)自転車関連体験プログラムの実施
  • (3)伊豆ベロドローム見学会
2017年
5月27日(土)
日本サイクルスポーツセンター(静岡県)
第3回プラぞり大会~仙台大学開学50周年記念大会~

(仙台大学)
  • (1)プラぞり大会
    プラスチック製のそりで、斜面を利用し、ソリ競技の疑似体験レースを実施。
  • (2)競技紹介と体験
    映像を用いたソリ競技の紹介や実際のソリに乗る体験ブースの設置。
2017年
5月27日(土)
柴田町 太陽の村(宮城県)
オリンピック・パラリンピックフラッグツアー同時開催イベント

(東京都中野区役所)
東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーの中野区巡回の期間にあわせて、東京2020大会の正式種目の体験会及びオリンピック・パラリンピックの気運を盛り上げるための写真展示や、物品展示を実施する。 2017年
5月27日(土)~
2017年
6月2日(金)
中野区役所(東京都)
オリンピック・パラリンピックに向けたSAITAMA PRIDE 競技体験キャラバン2017(熊谷)(別ウィンドウで開く)

(埼玉県庁)
競技体験
ブラインドサッカー、ビームライフル、スナッグゴルフの競技体験を行う。
SAITAMA PRIDE アンバサダー認定ブース
東京2020大会の競技が埼玉県で開催されることをできるだけ多くの人に伝える「SAITAMA PRIDE アンバサダー」の認定を行う。
2017年
5月28日(日)
熊谷スポーツ文化公園(埼玉県)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(しながわ中央公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
5月28日(日)
しながわ中央公園(しながわECOフェスティバル2017)(東京都)
第49回壮年ソフトボール大会

(府中市)
市民のスポーツ活動を活発にするため、中高年の体力維持や健康増進、及び地域交流の場として日頃の活動成果を発表する機会を提供する。 2017年
5月28日(日)~
2017年
6月11日(日)
多摩川緑地是政ソフトボール場ほか(東京都)
平成29年度幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム普及講習会(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人 日本体育協会)
公益財団法人日本体育協会(日本スポーツ少年団)が平成26年度に作成した、幼児及びその保護者等を対象にした活動プログラム「幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム」の効果的な活用法を周知することを目的に、地域のスポーツ少年団関係者等を対象とした講習会を開催する。 2017年
5月28日(日)~
2018年
3月10日(土)
光の森町民センター(熊本県)
あいちスポーツコミッション講演会(別ウィンドウで開く)

(愛知県)
東京2020大会を始めとするスポーツ大会を活用した地域活性化を図る取組に対する機運を醸成するため、至学館大学レスリング部監督の栄和人氏を講師に招いた講演会を開催する。 2017年
5月31日(水)
愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA(愛知県)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「すすんで運動、しっかり食べよう!~みるく教室~」(別ウィンドウで開く)

(株式会社 明治)
なぜお腹がすくのか、何を食べればいいのか、なぜ運動が大切なのか。体は少しずつ生まれ変わっています。大きくなるためには何をしたらよいのでしょうか。食育セミナーを通じて今日からできることを紹介する。 2017年
6月1日(木)~
2020年
12月31日(木)
全国小学校(東京都)
近江八幡市立 「健康ふれあい公園」中西悠子さんアシックス水泳教室(別ウィンドウで開く)

(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
2004年アテネ大会、競泳女子200mバタフライ銅メダル獲得された中西悠子さんを招聘し、子どもたちにトップアスリートと触れ合う機会を提供し、あきらめない心や、夢や、希望を持つ大切さを学んでいただく。 2017年
6月3日(土)
健康ふれあい公園 室内プール(滋賀県)
ハロー西荻 キッズスポーツチャレンジ(東京都杉並区役所)

(東京都)
親子で参加できる運動プログラムを開催することで、子どもの運動能力の総合的な判定を実施し、子どものやる気と自信を引き出すことにより、運動能力に対する正しい理解を促すとともに、体を動かす楽しさを実感することで親子のコミュニケーションを深める。 2017年
5月28日(日)
区立桃井第三小学校(東京都)
第8回OTAウォーキング~梅屋敷-洗足まちなかウォーク~(大田区役所)

(東京都)
区では平成24年度にスポーツ健康都市を宣言しており、区民がスポーツを通して健康で豊かな暮らしが実現できるよう、事業への取組みをしている。OTAウォーキングでは、参加者にとって身近な運動であるウォーキングにより、スポーツへの興味や関心を高め、健康及び体力育成のきっかけづくりを目的としている。 2017年
5月28日(日)
大田区総合体育館から洗足池公園の全長7Km(東京都)
障がい者スポーツ支援イベント "バリアを超えていこう!" HEALTH ANGELS(切断者スポーツクラブ)

(上智大学)
義足のアスリートとして活躍しているHEALTH ANGELS!胸を張って活躍しているメンバーの活動を紹介することで、障がい者スポーツへの理解を深め、東京2020大会、そしてその後も続く共生社会創造を考えるきっかけを作る。義足展示&装着体験などを通じて、観て、知って、体験できるイベントになる。 2017年
5月28日(日)
上智大学 四谷キャンパス(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(府中公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
6月3日(土)
府中公園(府中環境まつり)(東京都)
新宿区 パラスポーツフェスタ in 新宿コズミックセンター

(新宿区)
子どもたちがパラスポーツを身近に感じられる機会を創出するため、子どもたちを対象としたパラリンピックの競技種目等(車いすバスケットボール、ブラインドサッカー、ボッチャ、体操(マット運動))の体験イベントを実施する。 2017年
6月3日(土)〜
2017年
6月4日(日)
新宿コズミックセンター2F大体育室 (新宿区大久保3-1-2)(東京都)
ユニバーサルスポーツ・「ボッチャ」体験教室

(法政大学)
本学学生にパラリンピックの正式種目であるボッチャの純粋なスポーツとしての楽しさを感じてもらい、そこからボッチャに対する関心を深め、最終的にはボッチャを取り巻く様々な障がいの存在を知るということを目的とし、本学のボランティアセンター学生スタッフが企画した。 2017年
6月5日(月)
法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都)
平成29年度スポーツ少年団全国一斉活動(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人 日本体育協会)
都道府県・市区町村・単位スポーツ少年団が、自らの活動の中心となる都道府県、市区町村において、社会貢献活動や、地域のスポーツ少年団同士の交流活動等を実施する。 清掃・美化・環境保全活動、複数の単位団が関わる交流活動、国際交流活動をはじめとする7つの活動内容が対象となる。 2017年
6月16日(金)〜
2017年
12月31日(日)
全国各地(全国)
ジャパンウォーク in SENDAI―オリンピアン・パラリンピアンと歩こう 2017春

(株式会社 朝日新聞社)
(1)ウォーキング
バリアフリーに配慮した仙台市陸上競技場周辺の約5キロと、広瀬川河川敷など市内の名所を通る約15キロの2コースを、オリンピアン・パラリンピアン約20人も参加し、障がいのある人とない人が一緒に歩く。

(2)障がい者スポーツ体験会
陸上競技場内でブラインドサッカーや車いすバスケットボール、車いす陸上などを体験。

(3)スポーツVR体験会やアスリート・トークショーなど
陸上競技場内ブースにて、車いす陸上や、2020年に新競技として登場するスポーツクライミングやスケートボードを体験する。オリンピアン・パラリンピアンによるトークショーも企画。
2017年
6月17日(土)
主会場・仙台市陸上競技場(宮城県)
第22回スポーツ少年団指導者全国研究大会(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人 日本体育協会)
ジュニアスポーツの指導に従事する指導者の資質向上と望ましい指導体制を確立するため、本事業を開催する。
特別講演(60 分)
「新しい時代にふさわしいスポーツの指導法(仮)」 演者:伊藤雅充(日本体育大学)
分科会(パネルディスカッション)(150 分)
A~Dの4つの分科会を行う。
2017年
6月18日(日)
ホテルグランドパレス(東京都)
市民スポーツ・レクリエーションフェスティバル

(府中市)
当事業は、広く市民の間にスポーツ・レクリエーション活動を全市的な規模で実践する場を提供し、市民体育大会及び各競技団体が実施する、いわゆる専門的な競技ではなく、これら競技に参加しがたい層を対象に市民一人ひとりがスポーツ・レクリエーション活動に資することを目指すものである。 2017年
6月18日(日)〜
2017年
7月30日(日)
郷土の森総合体育館(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(味の素スタジアム西競技場)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
6月3日(土)
味の素スタジアム西競技場(ラグビーフェスティバル)(東京都)
第1回 植草学園理事長杯争奪戦 千葉県特別支援学校ボッチャ選手権大会

(植草学園短期大学)
特別支援学校生徒を対象として、東京2020大会の正式種目であるボッチャの大会を大学・短大で共同開催し、競技の普及・振興を図ると共に、大会の運営を通して本学学生と特別支援学校生徒との交流を深める。 2017年
7月1日(土)
植草学園大学L棟センターモール及びEスタジオ(千葉県)
スポーツ健康都市宣言記念事業第4回おおたスポーツ健康フェスタ

(大田区役所)
大田区が平成24年に行ったスポーツ健康都市宣言の記念事業として、平成26年から毎年実施。だれもが楽しめるスポーツへの参加体験やトップアスリートとの交流等を通じて、参加者にスポーツの楽しさを実感していただき、本事業がスポーツ参加の契機となることで、区民のスポーツ実施率向上、健康の維持増進を図る。 2017年
7月1日(土)
大田区総合体育館(東京都)
オリンピック・パラリンピック気運醸成イベント 「としまDEボッチャ」

(東京都豊島区役所)
幼児から高齢者、そして障害者も、誰でもが楽しめるユニバーサルスポーツ「ボッチャ」の普及・推進。スポーツ推進委員によるボッチャ体験会を区内セーフコミュニティの拠点である各「区民ひろば」で実施しするほか、区民大会を実施し、東京2020大会への機運醸成を図る。 2017年
7月1日(土)〜
2018年
3月31日(土)
区内各区民ひろば(東京都)
富山県民歩こう運動推進事業(第24回富山県民歩こう運動推進大会)(別ウィンドウで開く)

(富山県)
歩くことは誰もが気軽に始めることができ、身体に無理な負担がかからない理想的な運動であり、生活習慣病の予防はもとより体力の向上さらにはストレスの解消など様々な効用があるといわれている。「歩くこと」を通じた健康づくりの普及啓発及び運動習慣の定着のきっかけづくりのため、大会を開催するもの。 2017年
7月2日(日)
富岩運河環水公園(富山県)
第50回東京都市町村総合体育大会

(あきる野市)
本大会は多摩地域の都民が、スポーツを通じ健康増進と体力向上、日頃の練習の成果を競い合う場でもあり、併せて各市町村の親睦と交流を深め、その生活を明るく豊かにしようとすることを目的として開催するものであり、東京2020大会に向けた、スポーツに対する機運を盛り上げ、更なるスポーツの推進に寄与する。 2017年
7月15日(土)~
2017年
8月6日(日)
二宮683番地(東京都)
オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業

(渋谷区)
渋谷区内競技会場(東京体育館、国立代々木競技場)で実施する競技種目(オリンピック:卓球、ハンドボール パラリンピック:卓球、ウィルチェアーラグビー、パラバドミントン)について、身近な渋谷区スポーツセンターで競技会(試合)を開催し、区民が間近で観戦する事業を実施する。 2017年
7月23日(日)~
2017年
11月12日(日)
スポーツセンター(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(福生駅西口周辺)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
8月3日(木)~
2017年
8月6日(日)
福生駅西口周辺(第67回福生七夕まつり)(東京都)
トップアスリートが教える上手な泳ぎ方(別ウィンドウで開く)

(東京都日野市)
トップアスリートによる水泳教室。
ワンポイントレッスン、タイム計測、実技指導などを通して水泳が上達する楽しさやトップアスリートのすごさを体験することで水泳をはじめとするスポーツに対する関心を高め、スポーツ実施率の向上、東京2020大会の機運醸成につなげる。
2017年
8月19日(土)
日野市民プール(東京都)
JX-ENEOSバスケットボールクリニック(JX-ENEOSバスケットボールクリニックサマーキャンプ)(別ウィンドウで開く)

(JXTGエネルギー 株式会社)
目的:東京2020大会に向けたバスケットボールの振興、次世代選手の育成を目的にクリニックを開催。
対象者:小学生、中学生、高校生、一般
内容:JX-ENEOSバスケットボールクリニック専任コーチがファンダメンタル・チームスキル向上を目指し技術指導を行う。
2017年
8月21日(月)~
2017年
8月23日(水)
JX-ENEOSサンフラワーズひまわり寮体育館、手賀の丘少年自然の家体育施設(千葉県)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(目黒区民センター)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
9月17日(日)
目黒区民センター(第41回目黒区民まつり)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(上柚木公園陸上競技場)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
9月30日(土)
上柚木公園陸上競技場(第34回全国都市緑化はちおうじフェア)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(墨田区立錦糸公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月7日(土)~
2017年
10月8日(日)
墨田区立錦糸公園(第42回すみだまつり・第47回こどもまつり)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(足立区 荒川河川敷「虹の広場」)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月7日(土)~
2017年
10月8日(日)
足立区 荒川河川敷「虹の広場」(あだち区民まつり「A-Festa2017」)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(台東リバーサイドスポーツセンター)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月9日(月)
台東リバーサイドスポーツセンター(体育の日記念行事「たいとうスポーツフェスタ2017(仮)」)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(みなとパーク芝浦一帯)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月9日(月)
みなとパーク芝浦一帯(2017みなと区民スポーツ・体育祭)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(昭和公園・総合スポーツセンター)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月9日(月)
昭和公園・総合スポーツセンター(市民スポーツレクリエーションフェスティバル2017(仮))(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(都立小金井公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月14日(土)~
2017年
10月15日(日)
都立小金井公園(第45回小金井なかよし市民まつり)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(都立戸山公園・新宿スポーツセンター)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月15日(日)
都立戸山公園・新宿スポーツセンター(ふれあいフェスタ2017)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(稲城中央公園総合グラウンド)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
10月21日(土)~
2017年
10月22日(日)
稲城中央公園総合グラウンド(第16回 iのまちいなぎ市民祭(ファミリースポーツフェスタ))(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(首都大学東京 南大沢キャンパス)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月3日(金)
首都大学東京 南大沢キャンパス内(みやこ祭(首都大学東京 南大沢キャンパス 学園祭))(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(羽村市立富士見公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月4日(土)
羽村市立富士見公園(第48回羽村市産業祭)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(桃井原っぱ公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月4日(土)
桃井原っぱ公園(すぎなみフェスタ2017)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(平和島公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月4日(土)
平和島公園(OTAふれあいフェスタ)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(史跡武蔵国分寺跡)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月5日(日)
史跡武蔵国分寺跡(史跡武蔵国分寺跡秋のスポーツイベント)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(国立大学法人東京学芸大学)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月11日(土)
国立大学法人東京学芸大学平成29年度都立学校教育フェア「西風」(東京都教育庁指導部『特別支援教育の理解啓発推進事業』)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(東京都立秋留台公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月11日(土)~
2017年
11月12日(日)
東京都立秋留台公園(史跡武蔵国分寺跡秋のスポーツイベント)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
11月19日(日)
渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール(TOKYO SOCIAL FES)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(町田市立陸上競技場)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2017年
12月2日(土)
町田市立陸上競技場(第45回町田市こどもマラソン)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(世田谷区立羽根木公園)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2018年
2月10日(土)~
2018年
2月12日(月)
世田谷区立羽根木公園(第41回せたがや梅まつり)(東京都)
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(板橋区荒川河川敷内特設会場)

(東京都)
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。 2018年
3月18日(日)
板橋区荒川河川敷内特設会場(2018板橋Cityマラソン)(東京都)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
いしかわグローバルアスリート支援事業(石川県)
  • 2016年4月1日(金)~2019年3月31日(日)/いしかわ総合スポーツセンター/石川県
(1)対象:指定競技団体
8競技:水泳(飛込)・バドミントン・カヌー・重量挙げ・ハンドボール・卓球・陸上(競歩)・トランポリン
(2)内容
県内トップコーチ事業
県内の有力指導者による指導・助言
中央コーチ招聘事業
中央の著名な指導者による国際レベルの指導
国内外の合宿・海外合宿
国内外の合宿・海外遠征等への助成
医・科学的サポート事業
医・科学的なサポートを活用した実践指導
コンディショニング指導事業
科学的トレーニングの実践指導
アスリートの手形モニュメント(北区)
  • 2016年4月1日(金)~2020年9月30日(水)/西が丘 3-10(稲付西山公園内)/東京都
日本トップレベル競技者が集結する西が丘地区に、アスリートの手形モニュメントを設置する。
東京2020大会が放つ特有の団結力や求心力を活用し、世界最大のスポーツイベント関連の事業展開を行うことで、地域のきずなづくりを推進し、「トップアスリートのまち・北区」を構築していく。
東京自治会館・東京区政会館等を活用した東京2020大会に向けた気運醸成事業(常設展示・企画展示)(東京都)
  • 2016年4月1日(日)~2020年12月31日(木)/東京自治会館他/東京都
都内各市町村が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした気運醸成の事業などを主体的に展開するには、オリンピック・ムーブメントの意義やパラリンピック競技の魅力など、大会関連の情報やノウハウを各市町村が自らのものとし、事業を企画していくことが非常に効果的であり、重要である。
そこで、東京自治会館・東京区政会館・島嶼会館等を推進拠点として各区市町村における事業を促進する。
具体的には、推進拠点において、(1)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催気運の醸成および各地域のレガシーにつながるような写真・映像・パネル等を展示したり、各地域での事業実施を強く促すような魅力的な展示を実施することで、各区市町村での市民を対象とした普及啓発等につなげる。(2)前述の展示の一部は、各区市町村への貸出も行えるようにすることで、各地域での気運醸成・普及啓発に関する事業実施を促す。
都立学校活用促進モデル事業(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2016年9月1日(木)~2020年12月31日(木)/墨東特別支援学校、大塚ろう学校、大泉特別支援学校、府中けやきの森学園、村山特別支援学校/東京都
(1)体育施設の貸出
実施校の体育施設を障害者スポーツ競技団体や障害者団体等に貸出し、スポーツ活動の場を拡充する。
(2)体験教室や地域スポーツ交流会の開催
各実施校において、個人で参加可能な障害者スポーツの体験教室や、参加者同士の交流を通じて親睦を深めるとともに、地域住民や障害者アスリートとの交流を図る地域スポーツ交流会を開催し、障害者スポーツの普及を図る。
健康社会に資する川づくり(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/隅田川テラス沿い他(東京都)/東京都
河川改修と併せた通路等の整備
隅田川
テラス整備を実施し、地震に対する安全性を確保するとともに、散策等に利用できるよう、上部を修景整備して開放

東部低地帯の河川
護岸の耐震対策等と併せた遊歩道の整備を推進

台地部を流れる中小河川
護岸整備と併せて、都民の利用を考慮した舗装や樹木の植樹など可能な限り反映した管理用通路の整備を推進
(実施予定件数 合計4件/2017年5月13日時点)
ジャパンウォーク in TOKYO-オリンピアン・パラリンピアンと歩こう 2016秋(別ウィンドウで開く)(株式会社 朝日新聞社)
  • 2016年10月5日(水)~2020年12月31日(木)/アーバンドック ららぽーと豊洲他/東京都
(1)ウォーキング
競技会場予定地が集中する湾岸を歩く14㎞と、バリアフリーに配慮した豊洲の運河沿い4㎞の2コース。
オリンピアン・パラリンピアン20人前後にも参加してもらい、参加者と一緒に歩いてもらう。
(2)障がい者スポーツ体験会
近くの小学校の体育館と校庭を使い、体験会を実施。競技は、シッティングバレーボール、車いすバスケットボール、レーサー、ブラインドサッカー等。 オリンピアン・パラリンピアンにも参加してもらう。
歩きぬた魅力アップ推進事業(世田谷区)
  • 2016年12月1日(木)~2019年3月31日(日)/砧総合支所/東京都
(1)砧健康づくりウォーキングマップの作成
地域をよく知る住民や大学の協力を得るなどして、魅力ある場所やそれにまつわる話などを収集しウォーキングマップを作成するとともに、その英語版を作成する。また、解説版の冊子(日本語版)を作成する。
(2)地域紹介動画の作成
ウォーキングマップのコースを元に、成城地区の魅力を紹介する動画を作成し、公共施設、町会・自治会等各種イベントで活用する。また、区ウェブサイトの掲載やDVDの貸し出しにより、地域の人が自らのまちを再発見するための観賞や、他地域への魅力発信の素材とする。
本事業は3ヵ年を通して実施する。2016年度は成城地区、2017年度は砧地区と喜多見地区、2018年度は祖師谷地区と船橋地区のウォーキングマップ作成と地域紹介動画の作成を行う。
アシックスウォーキング教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
有資格者によるウォーキング教室。
足と靴と正しい歩くフォームの基礎知識の講座。
屋内外で正しい、楽しいウォーキングの実施指導。
足の測定を合わせて行い、正しいシューズ選びや履き方を学ぶ。
アシックスかけっこ教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
屋内外で運動の基本動作の「走ること」に注力した実技を入れた教室。
走ることが苦手、もっと早く走りたい、運動会で1等賞を目指したなど、目的に合わせて走るための体の動かし方、正しいフォームを指導する。
ハードルやマーカー、ボックスなど道具を使って楽しみながら、早く走れるコツを教える。
アシックスキッズスポーツチャレンジ(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
体育館など室内施設で移動系、平衡系、操作系の最大6種目の運動能力の数値測定を行う。
スピードガンを使用し遊び心で運動の楽しみを体感する。
測定結果のフィードバックを行い、一人あたり測定時間3分程度で一日で200名程度が参加できます。
アシックスバスケットボール教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
著名バスケットボール選手を招聘し、バスケットボールの楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 内海 知秀・大山 妙子
アシックスバレーボール教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
著名バレーボール選手を招聘し、バレーボールの楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 大山 加奈・櫻井 由香・南部 正司
アシックスランニング教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
参加者のレベルに応じた走り方の指導を行う。
初心者に対しては、社内有資格者にて講師対応をする。
レベルの高い方へは署名アスリートを招聘したレベルの高い指導を行う。
講師予定 高橋 尚子・中村 友梨香・山口 衛里
アシックス水泳教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
著名水泳選手を招聘し、水泳の楽しさと正しいフォームの指導を行う。
講師予定 萩原 智子・鈴木 聡美・青木 智美・中西 悠子
アシックス卓球教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年1月1日(日)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
著名卓球選手を招聘し、卓球の楽しさと技能向上の指導を行う。
講師予定 石川 佳純・当社業務提携企業ヤマト卓球株式会社社員及び契約選手
Sports Camp Guide YAMANASHI, JAPAN(別ウィンドウで開く)(英語サイト)(山梨県)
  • 2017年1月10日(火)~2020年9月6日(日)/山梨県庁/山梨県
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を中心とした事前合宿などスポーツ合宿を本県で実施してもらうことを目的として、次の内容は発信するサイトを4カ国語(日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語)で構築し、運営する。
本県のスポーツ施設の紹介
本県で合宿をするメリット(ロケーション、自然、気候、充実した宿泊・医療・商業施設、食、アスリートからのお勧め、合宿等実績、サポート体制)
宿泊施設、医療施設、観光情報
デジタルパンフレット、動画映像の提供
ニュースリリースによる最新情報、フェイスブックを活用した情報発信
ジュニア育成地域推進事業(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/都内各地/東京都
地区において、小学生以下・中学生・高校生を対象に、スポーツ教室やスポーツ大会を開催するほか、スポーツ関係団体の連絡協議会を開催することにより、ジュニアスポーツのすそ野を広げ、競技力向上の底上げを図り、次世代のアスリートを発掘する
パラスポ仙台(別ウィンドウで開く)(仙台市)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/仙台市新田東総合運動場 宮城野体育館/宮城県
身体障害または知的障害のある方を対象に、車いすバスケットボールやバドミントンなど東京2020大会競技の教室及び体力測定・適応能力測定を実施し、障害者スポーツの普及促進及び人材発掘・育成を図る。
運動習慣スタートアップ ~オリンピックの盛り上げに向けた、カラダづくり~(日野市)
  • 2017年4月1日(土)~2020年12月31日(木)/日野市健康サポートルーム「輝(かがやき)」/東京都
運動習慣のない方も気軽に運動をスタートできる場を提供することで、市民の健康増進を図る。
  • 運動指導員が個別相談や実技指導を行う
  • 家庭で実践しやすいレッスンも実施
  • 運動効果を確認するため体力測定を行い、運動継続のモチベーションをあげる
  • 運動習慣がついた方には既存の体操教室等を紹介
健康づくりウオーキング教室(藤沢市)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/市内各公民館/神奈川県
藤沢市では、健康寿命日本一をめざし、身体活動・運動の普及推進を図るため、平成27年度から健康づくりウオーキング教室を実施しています。また、教室参加者を対象に、日常生活で気軽にできるウオーキング実践のきっかけとなるような仕組み作りの一つとして、記録帖を配付し完歩者に景品(特製缶バッジ)を渡します。
障がい者スポーツ支援 (体験会(社員・一般向け))(野村ホールディングス株式会社)(別ウィンドウで開く)
  • 2017年4月1日(土)~2020年12月31日(木)/千代田区スポーツセンターなど/東京都
野村グループは、日本パラバレーボール協会のスペシャルパートナーとして、シッティングバレーボール競技への支援を行い、競技の普及、選手強化、障がい者スポーツ全体への理解促進などに取り組んでいく。
障がい者スポーツ支援 (応援イベント)(野村ホールディングス株式会社)(別ウィンドウで開く)
  • 2017年4月1日(土)~2020年12月31日(木)/ウイング21(社会体育複合施設)など/長野県
野村グループは、日本パラバレーボール協会のスペシャルパートナーとして、シッティングバレーボール競技への支援を行い、競技の普及、選手強化、障がい者スポーツ全体への理解促進などに取り組んでいく。
第15回岐阜県障害者スポーツ大会春大会(岐阜県)
  • 2017年4月15日(土)~2017年6月4日(日)/岐阜メモリアルセンター/岐阜県
県では、「岐阜県障害のある人もない人も共に生きる清流の国づくり条例」を施行し、障がいの有無に関わらず、誰もが安心して暮らせる共生社会づくりを進めている。本事業は、スポーツを通した社会参加の推進と、東京2020大会に向けた機運醸成を図るため、3障がい(身体・知的・精神)を対象として開催。
アシックス・ トライアス体操(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)(別ウィンドウで開く)
  • 2017年4月19日(水)~2020年12月31日(木)/全国各地のスポーツ関連施設/東京都
トライアス体操は、会議室や体育館など室内施設で行う3種類のパートで構成された生涯スポーツ運動プログラム。弊社が運営している機能訓練特化型デイサービス施設「トライアス」内で行っているオリジナルプログラムを対外的にご提供出来るようアレンジした出張型の運動プログラム。
ストレッチ&重りトレーニング、デュアルタスク(2重課題)トレーニング、ノルディックポールバランストレーニングの3種のパートで構成されており、必要に応じて行うパート数や実施時間を調整出来る、非常にフレキシブルで対応範囲の広い運動プログラム。
東京2020応援プログラム 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学 特別講座 ~東京2020オリンピック・パラリンピックプロジェクト~(東京女子体育大学・東京女子体育短期大学)(別ウィンドウで開く)
  • 2017年4月22日(土)~2018年2月17日(土)/東京女子体育大学・東京女子体育短期大学/東京都
東京2020大会におけるプロジェクトを2014年4月に立ち上げ、本部会・専門委員会で講座を企画し実施している。キックオフイベントを皮切りに、2014~2016年度までに22回の講座を開講した。市民の方々と共に、オリンピック・パラリンピックやスポーツの知識を深める講座を本年度は年9回開講する。
第48回羽村市総合体育大会(羽村市)
  • 2017年4月15日(土)~2018年3月31日(土)/羽村市スポーツセンター 他/東京都
一般市民を対象とした、全24競技(軟式野球、陸上、剣道、柔道、卓球、スキー、ソフトテニス、バレーボール、ソフトボール、テニス、バドミントン、水泳、弓道会、ゲートボール、サッカー、バスケットボール、ダンススポーツ、ゴルフ、インディアカ、空手、合氣道、居合道、少年軟式野球、中学軟式野球)の競技会
清流の国ジュニアアスリート育成プロジェクト(岐阜県)
  • 2017年4月22日(土)~2018年3月3日(土)/長良川スポーツプラザ/岐阜県
岐阜県では、将来、東京2020大会等で活躍できるアスリートを育成することをめざして、優れた素質を持つ県内の小中学生を発掘し、適性のある競技種目でトップアスリートを目指せるよう本県独自の育成プログラムを展開していく。
パラアスリート写真展 ~知ることが力になる~(別ウィンドウで開く)(藤沢市)
  • 2017年4月28日(金)~2017年7月17日(祝・月)/秩父宮記念体育館 他/神奈川県
パラリンピック及びパラスポーツへの理解を深めるため,藤沢市が運営する各スポーツ施設において巡回形式のパラリンピック写真展を開催する。
ふくしまラグビー交流事業 タグラグビー出前講座(福島県)
  • 2017年5月1日(月)~2018年3月31日(土)/県内7地区及び小・中学校各10校/福島県
県内希望小・中学校の体育の授業へタグラグビー講師を派遣して行う出前講座(小・中学校各10校)と、タグラグビーティーチャーを養成する地区別講習会(県内7地区)により、ラグビー競技の競技人口拡大を図り、ラグビーを通した交流の契機とする。
日本一周フラッグリレー(別ウィンドウで開く)(公益財団法人日本セーリング連盟)
  • 2017年5月2日(火)~2020年7月31日(金)/全国ヨットハーバー(例:江の島ヨットハーバー)/神奈川県
東京2020大会の成功に向けて、日本中のセーラー(ヨットマン)が、フラッグ(旗)にメッセージを載せて、次々とリレー方式で日本を周回し、各地での東京2020大会の盛り上げを図る。
障害者チャレンジスポーツ教室(立川市)
  • 2017年5月9日(火)~2018年3月31日(土)/泉市民体育館/東京都
(1)市民に身近な体育館において、障害者を主な対象としたスポーツ教室を実施。種目はダンス、ボッチャ、バドミントン。各9回開催。
(2)障害者が楽しんで参加できるスポーツ大会を実施。種目は水泳。年1回開催。
(3)障害者スポーツの認知度を高めるイベントを実施。種目はシッティングバレー。年1回開催。
第57回府中市少年野球大会(東京都府中市)
  • 2017年5月13日(土)~2017年7月17日(祝・月)/府中市民球場、郷土の森第一野球場ほか)/東京都
市内で活動しているチームが一堂に会し、日頃の成果を発揮すると共に、他チームとの親睦を深め、スポーツを通じて子供たちの健全な心身を育てることを目的として実施する。
第41回府中市少年サッカー大会(東京都府中市)
  • 2017年5月20日(土)~2017年8月31日(木)/府中市少年サッカー場・市内小中学校/東京都
サッカーを通し、地域の少年の交流を発展させるとともに技術の向上と体力の増進を図り、さらに強い忍耐力と豊かな心を育てるために開催する。
セーリング写真展 ~リオから江の島へ~ 藤沢13地区写真展ツアー(別ウィンドウで開く)(藤沢市)
  • 2017年5月23日(火)~2017年10月26日(木)/本町四丁目6番16号 他/神奈川県
東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技会場は、藤沢市の江の島である。セーリング競技を盛り上げるため、市内13地区の全市民センター及び公民館において、リオデジャネイロオリンピックや江の島のセーリング競技等の写真を展示し、セーリング競技の迫力と魅力を発信する。
パラ・チームビルディング(東武トップツアーズ株式会社)
  • 2017年5月25日(木)~2020年12月31日(木)/東京都人権センター/東京都
パラスポーツを手軽に体験いただくために東武トップツアーズが開発したプログラム「パラ・チームビルディング」「チームワーク」を醸成し、「障がい者の気持ち」を理解し、「全員が自己ベスト」の機運を盛り上げる。
サイクルフェスティバル伊豆2017(別ウィンドウで開く)(伊豆市)
  • 2017年5月27日(土)/日本サイクルスポーツセンター/静岡県
  • (1)体験型ワークショップや自転車安全教室の開催
  • (2)自転車関連体験プログラムの実施
  • (3)伊豆ベロドローム見学会
第3回プラぞり大会~仙台大学開学50周年記念大会~(仙台大学)
  • 2017年5月27日(土)/柴田町 太陽の村/宮城県
  • (1)プラぞり大会
    プラスチック製のそりで、斜面を利用し、ソリ競技の疑似体験レースを実施。
  • (2)競技紹介と体験
    映像を用いたソリ競技の紹介や実際のソリに乗る体験ブースの設置。
オリンピック・パラリンピックフラッグツアー同時開催イベント(東京都中野区役所)
  • 2017年5月27日(土)〜2017年6月2日(金)/中野区役所/東京都
東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーの中野区巡回の期間にあわせて、東京2020大会の正式種目の体験会及びオリンピック・パラリンピックの気運を盛り上げるための写真展示や、物品展示を実施する。
オリンピック・パラリンピックに向けたSAITAMA PRIDE 競技体験キャラバン2017(熊谷)(別ウィンドウで開く)(埼玉県庁)
  • 2017年5月28日(日)/熊谷スポーツ文化公園/埼玉県
競技体験
ブラインドサッカー、ビームライフル、スナッグゴルフの競技体験を行う。
SAITAMA PRIDE アンバサダー認定ブース
東京2020大会の競技が埼玉県で開催されることをできるだけ多くの人に伝える「SAITAMA PRIDE アンバサダー」の認定を行う。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(しながわ中央公園)(東京都)
  • 2017年5月28日(日)/しながわ中央公園(しながわECOフェスティバル2017)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
第49回壮年ソフトボール大会(府中市)
  • 2017年5月28日(日)~2017年6月11日(日)/多摩川緑地是政ソフトボール場ほか/東京都
市民のスポーツ活動を活発にするため、中高年の体力維持や健康増進、及び地域交流の場として日頃の活動成果を発表する機会を提供する。
平成29年度幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム普及講習会(別ウィンドウで開く)(公益財団法人 日本体育協会)
  • 2017年5月28日(日)〜2018年3月10日(土)/光の森町民センター/熊本県
公益財団法人日本体育協会(日本スポーツ少年団)が平成26年度に作成した、幼児及びその保護者等を対象にした活動プログラム「幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム」の効果的な活用法を周知することを目的に、地域のスポーツ少年団関係者等を対象とした講習会を開催する。
あいちスポーツコミッション講演会(別ウィンドウで開く)(愛知県)
  • 2017年5月31日(水)/愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA/愛知県
東京2020大会を始めとするスポーツ大会を活用した地域活性化を図る取組に対する機運を醸成するため、至学館大学レスリング部監督の栄和人氏を講師に招いた講演会を開催する。
東京2020公認プログラム 食育セミナー「すすんで運動、しっかり食べよう!~みるく教室~」(別ウィンドウで開く)(株式会社 明治)
  • 2017年6月1日(木)〜2020年12月31日(木)/全国小学校/東京都
なぜお腹がすくのか、何を食べればいいのか、なぜ運動が大切なのか。体は少しずつ生まれ変わっています。大きくなるためには何をしたらよいのでしょうか。食育セミナーを通じて今日からできることを紹介する。
近江八幡市立 「健康ふれあい公園」中西悠子さんアシックス水泳教室(別ウィンドウで開く)(アシックスジャパン株式会社トライアス・施設管理事業部)
  • 2017年6月3日(土)/健康ふれあい公園 室内プール/滋賀県
2004年アテネ大会、競泳女子200mバタフライ銅メダル獲得された中西悠子さんを招聘し、子どもたちにトップアスリートと触れ合う機会を提供し、あきらめない心や、夢や、希望を持つ大切さを学んでいただく。
ハロー西荻 キッズスポーツチャレンジ(東京都杉並区役所)
  • 2017年5月28日(日)/区立桃井第三小学校/東京都
親子で参加できる運動プログラムを開催することで、子どもの運動能力の総合的な判定を実施し、子どものやる気と自信を引き出すことにより、運動能力に対する正しい理解を促すとともに、体を動かす楽しさを実感することで親子のコミュニケーションを深める。
第8回OTAウォーキング~梅屋敷-洗足まちなかウォーク~(大田区役所)
  • 2017年5月28日(日)/大田区総合体育館から洗足池公園の全長7Km/東京都
区では平成24年度にスポーツ健康都市を宣言しており、区民がスポーツを通して健康で豊かな暮らしが実現できるよう、事業への取組みをしている。OTAウォーキングでは、参加者にとって身近な運動であるウォーキングにより、スポーツへの興味や関心を高め、健康及び体力育成のきっかけづくりを目的としている。
障がい者スポーツ支援イベント "バリアを超えていこう!" HEALTH ANGELS(切断者スポーツクラブ)
  • 2017年5月28日(日)/上智大学 四谷キャンパス/東京都
義足のアスリートとして活躍しているHEALTH ANGELS!胸を張って活躍しているメンバーの活動を紹介することで、障がい者スポーツへの理解を深め、東京2020大会、そしてその後も続く共生社会創造を考えるきっかけを作る。義足展示&装着体験などを通じて、観て、知って、体験できるイベントになる。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(府中公園)(東京都)
  • 2017年6月3日(土)/府中公園(府中環境まつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
新宿区 パラスポーツフェスタ in 新宿コズミックセンター(新宿区)
  • 2017年6月3日(土)〜2017年6月4日(日)/新宿コズミックセンター2F大体育室 (新宿区大久保3-1-2)/東京都
子どもたちがパラスポーツを身近に感じられる機会を創出するため、子どもたちを対象としたパラリンピックの競技種目等(車いすバスケットボール、ブラインドサッカー、ボッチャ、体操(マット運動))の体験イベントを実施する。
ユニバーサルスポーツ・「ボッチャ」体験教室(法政大学)
  • 2017年6月5日(月)/法政大学市ヶ谷キャンパス/東京都
本学学生にパラリンピックの正式種目であるボッチャの純粋なスポーツとしての楽しさを感じてもらい、そこからボッチャに対する関心を深め、最終的にはボッチャを取り巻く様々な障がいの存在を知るということを目的とし、本学のボランティアセンター学生スタッフが企画した。
平成29年度スポーツ少年団全国一斉活動(別ウィンドウで開く)(公益財団法人 日本体育協会)
  • 2017年6月16日(金)〜2017年12月31日(日)/全国各地/全国
都道府県・市区町村・単位スポーツ少年団が、自らの活動の中心となる都道府県、市区町村において、社会貢献活動や、地域のスポーツ少年団同士の交流活動等を実施する。
清掃・美化・環境保全活動、複数の単位団が関わる交流活動、国際交流活動をはじめとする7つの活動内容が対象となる。
ジャパンウォーク in SENDAI―オリンピアン・パラリンピアンと歩こう 2017春(株式会社 朝日新聞社)
  • 2017年6月17日(土)/主会場・仙台市陸上競技場/宮城県
(1)ウォーキング
バリアフリーに配慮した仙台市陸上競技場周辺の約5キロと、広瀬川河川敷など市内の名所を通る約15キロの2コースを、オリンピアン・パラリンピアン約20人も参加し、障がいのある人とない人が一緒に歩く。

(2)障がい者スポーツ体験会
陸上競技場内でブラインドサッカーや車いすバスケットボール、車いす陸上などを体験。

(3)スポーツVR体験会やアスリート・トークショーなど
陸上競技場内ブースにて、車いす陸上や、2020年に新競技として登場するスポーツクライミングやスケートボードを体験する。オリンピアン・パラリンピアンによるトークショーも企画。
第22回スポーツ少年団指導者全国研究大会(別ウィンドウで開く)(公益財団法人 日本体育協会)
  • 2017年6月18日(日)/ホテルグランドパレス/東京都
ジュニアスポーツの指導に従事する指導者の資質向上と望ましい指導体制を確立するため、本事業を開催する。
特別講演(60 分)
「新しい時代にふさわしいスポーツの指導法(仮)」 演者:伊藤雅充(日本体育大学)
分科会(パネルディスカッション)(150 分)
A~Dの4つの分科会を行う。
市民スポーツ・レクリエーションフェスティバル(府中市)
  • 2017年6月18日(日)〜2017年7月11日(日)/郷土の森総合体育館/東京都
当事業は、広く市民の間にスポーツ・レクリエーション活動を全市的な規模で実践する場を提供し、市民体育大会及び各競技団体が実施する、いわゆる専門的な競技ではなく、これら競技に参加しがたい層を対象に市民一人ひとりがスポーツ・レクリエーション活動に資することを目指すものである。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(味の素スタジアム西競技場)(東京都)
  • 2017年6月3日(土)/味の素スタジアム西競技場(ラグビーフェスティバル)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
第1回 植草学園理事長杯争奪戦 千葉県特別支援学校ボッチャ選手権大会(植草学園短期大学)
  • 2017年7月1日(土)/植草学園大学L棟センターモール及びEスタジオ/千葉県
特別支援学校生徒を対象として、東京2020大会の正式種目であるボッチャの大会を大学・短大で共同開催し、競技の普及・振興を図ると共に、大会の運営を通して本学学生と特別支援学校生徒との交流を深める。
スポーツ健康都市宣言記念事業第4回おおたスポーツ健康フェスタ(大田区役所)
  • 2017年7月1日(土)/大田区総合体育館/東京都
大田区が平成24年に行ったスポーツ健康都市宣言の記念事業として、平成26年から毎年実施。だれもが楽しめるスポーツへの参加体験やトップアスリートとの交流等を通じて、参加者にスポーツの楽しさを実感していただき、本事業がスポーツ参加の契機となることで、区民のスポーツ実施率向上、健康の維持増進を図る。
オリンピック・パラリンピック気運醸成イベント 「としまDEボッチャ」(東京都豊島区役所)
  • 2017年7月1日(土)〜2018年3月31日(土)/区内各区民ひろば/東京都
幼児から高齢者、そして障害者も、誰でもが楽しめるユニバーサルスポーツ「ボッチャ」の普及・推進。スポーツ推進委員によるボッチャ体験会を区内セーフコミュニティの拠点である各「区民ひろば」で実施しするほか、区民大会を実施し、東京2020大会への機運醸成を図る。
富山県民歩こう運動推進事業(第24回富山県民歩こう運動推進大会)(別ウィンドウで開く)(富山県)
  • 2017年7月2日(日)/富岩運河環水公園/富山県
歩くことは誰もが気軽に始めることができ、身体に無理な負担がかからない理想的な運動であり、生活習慣病の予防はもとより体力の向上さらにはストレスの解消など様々な効用があるといわれている。「歩くこと」を通じた健康づくりの普及啓発及び運動習慣の定着のきっかけづくりのため、大会を開催するもの。
第50回東京都市町村総合体育大会(あきる野市)
  • 2017年7月15日(土)~2017年8月6日(日)/二宮683番地/東京都
本大会は多摩地域の都民が、スポーツを通じ健康増進と体力向上、日頃の練習の成果を競い合う場でもあり、併せて各市町村の親睦と交流を深め、その生活を明るく豊かにしようとすることを目的として開催するものであり、東京2020大会に向けた、スポーツに対する機運を盛り上げ、更なるスポーツの推進に寄与する。
オリンピック・パラリンピック競技リアル観戦事業(渋谷区)
  • 2017年7月23日(日)~2017年11月12日(日)/スポーツセンター/東京都
渋谷区内競技会場(東京体育館、国立代々木競技場)で実施する競技種目(オリンピック:卓球、ハンドボール パラリンピック:卓球、ウィルチェアーラグビー、パラバドミントン)について、身近な渋谷区スポーツセンターで競技会(試合)を開催し、区民が間近で観戦する事業を実施する。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(福生駅西口周辺)(東京都)
  • 2017年8月3日(木)~2017年8月6日(日)/福生駅西口周辺(第67回福生七夕まつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
トップアスリートが教える上手な泳ぎ方(別ウィンドウで開く)(東京都日野市)
  • 2017年8月19日(土)/日野市民プール/東京都
トップアスリートによる水泳教室。
ワンポイントレッスン、タイム計測、実技指導などを通して水泳が上達する楽しさやトップアスリートのすごさを体験することで水泳をはじめとするスポーツに対する関心を高め、スポーツ実施率の向上、東京2020大会の機運醸成につなげる。
JX-ENEOSバスケットボールクリニック(JX-ENEOSバスケットボールクリニックサマーキャンプ)(別ウィンドウで開く)(JXTGエネルギー 株式会社)
  • 2017年8月21日(月)~2017年8月23日(水)/JX-ENEOSサンフラワーズひまわり寮体育館、手賀の丘少年自然の家体育施設/千葉県
目的:東京2020大会に向けたバスケットボールの振興、次世代選手の育成を目的にクリニックを開催。
対象者:小学生、中学生、高校生、一般
内容:JX-ENEOSバスケットボールクリニック専任コーチがファンダメンタル・チームスキル向上を目指し技術指導を行う。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(目黒区民センター)(東京都)
  • 2017年9月17日(日)/目黒区民センター(第41回目黒区民まつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(上柚木公園陸上競技場)(東京都)
  • 2017年9月30日(土)/上柚木公園陸上競技場(第34回全国都市緑化はちおうじフェア)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(墨田区立錦糸公園)(東京都)
  • 2017年10月7日(土)~2017年10月8日(日)/墨田区立錦糸公園(第42回すみだまつり・第47回こどもまつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(足立区 荒川河川敷「虹の広場」)(東京都)
  • 2017年10月7日(土)~2017年10月8日(日)/足立区 荒川河川敷「虹の広場」(あだち区民まつり「A-Festa2017」)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(台東リバーサイドスポーツセンター)(東京都)
  • 2017年10月9日(月)/台東リバーサイドスポーツセンター(体育の日記念行事「たいとうスポーツフェスタ2017(仮)」)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(みなとパーク芝浦一帯)(東京都)
  • 2017年10月9日(月)/みなとパーク芝浦一帯(2017みなと区民スポーツ・体育祭)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(昭和公園・総合スポーツセンター)(東京都)
  • 2017年10月9日(月)/昭和公園・総合スポーツセンター(市民スポーツレクリエーションフェスティバル2017(仮))/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(都立小金井公園)(東京都)
  • 2017年10月14日(土)~2017年10月15日(日)/都立小金井公園(第45回小金井なかよし市民まつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(都立戸山公園・新宿スポーツセンター)(東京都)
  • 2017年10月15日(日)/都立戸山公園・新宿スポーツセンター(ふれあいフェスタ2017)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(稲城中央公園総合グラウンドー)(東京都)
  • 2017年10月21日(土)~2017年10月22日(日)/稲城中央公園総合グラウンド(第16回 iのまちいなぎ市民祭(ファミリースポーツフェスタ)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(首都大学東京 南大沢キャンパス内)(東京都)
  • 2017年11月3日(金)/首都大学東京 南大沢キャンパス内(みやこ祭(首都大学東京 南大沢キャンパス 学園祭))/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(羽村市立富士見公園)(東京都)
  • 2017年11月4日(土)/羽村市立富士見公園(第48回羽村市産業祭)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(桃井原っぱ公園)(東京都)
  • 2017年11月4日(土)/桃井原っぱ公園(すぎなみフェスタ2017)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(平和島公園)(東京都)
  • 2017年11月4日(土)/平和島公園(OTAふれあいフェスタ)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(史跡武蔵国分寺跡)(東京都)
  • 2017年11月5日(日)/史跡武蔵国分寺跡(史跡武蔵国分寺跡秋のスポーツイベント)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(国立大学法人東京学芸大学)(東京都)
  • 2017年11月11日(土)/国立大学法人東京学芸大学平成29年度都立学校教育フェア「西風」(東京都教育庁指導部『特別支援教育の理解啓発推進事業』)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(東京都立秋留台公園)(東京都)
  • 2017年11月11日(土)~2017年11月12日(日)/東京都立秋留台公園(史跡武蔵国分寺跡秋のスポーツイベント)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール)(東京都)
  • 2017年11月19日(日)/渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール(TOKYO SOCIAL FES)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(町田市立陸上競技場)(東京都)
  • 2017年12月2日(土)/町田市立陸上競技場(第45回町田市こどもマラソン)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(世田谷区立羽根木公園)(東京都)
  • 2018年2月10日(土)~2018年2月12日(月)/世田谷区立羽根木公園(第41回せたがや梅まつり)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。
東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」(板橋区荒川河川敷内特設会場)(東京都)
  • 2018年3月18日(日)/板橋区荒川河川敷内特設会場(2018板橋Cityマラソン)/東京都
東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業です。

ページトップへ戻る

街づくり

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
東京2020大会競技会場整備(オリンピックアクアティクスセンター)

(東京都)
都立辰巳の森海浜公園に水泳競技場を整備する。
大会後は、世界的な大会が開催される国際水泳場として、また、都民も利用できる水泳場として活用する。
2016年
3月1日(火)~
2019年
12月31日(火)
辰巳二丁目2番(東京都)
東京2020大会競技会場整備(アーチェリー会場)

(東京都)
夢の島エリアににアーチェリー会場を整備し、アーチェリーを中心に、都民・公園利用者にとって、様々なスポーツの場とする。
主要な競技大会の会場に利用されたり、アーチェリーの普及・強化の拠点として活用されたり、多様な活用を見込む。
2016年
8月1日(月)~
2019年
5月31日(金)
夢の島二丁目(都立夢の島公園内)(東京都)
無電柱化の推進・区市町村無電柱化補助

(東京都)
おおむね首都高速中央環状線の内側のエリアであるセンター・コア・エリア内の都市計画道路として完成した都道及び競技会場等予定地周辺の都道の無電柱化を東京2020大会までに完了させるとともに、競技会場等予定地周辺の区市道等おける無電柱化に向けた区市の取組を促進することで、大会都市にふさわしい都市空間を創出する。
(実施予定件数 合計10件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
(東京都)
首都東京の強靭化と国際競争力の強化を図る道路の整備

(東京都)
道路輸送分野で確実な大会運営を確保するとともに、大会後の道路輸送力の強化を図るため、環状二号線を始めとする都内の骨格幹線道路の整備を行う。
(実施予定件数 合計30件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
築地他(東京都)
みんなが集まるやさしい公園づくり(都立公園内のユニバーサルデザイン化)

(東京都)
「東京都都立公園における移動等円滑化の基準に関する条例」の制定を踏まえ、条例基準に基づいた整備、改修の徹底をはじめ、より利用者の視点に立った細やかな施設整備を進める。

高齢者や障碍者、外国人などのニーズを取り入れ、トイレにおける洋式便器の設置、案内サインの多言語化などの施設改修を行う。
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
都内都立公園(東京都)
世界に誇る東京の歴史と文化を伝える都立公園の再生

(東京都)
上野恩賜公園の再整備
再生基本計画に基づき、計画的に再整備を進め、平成31年度の完了を目指す。
公園口広場について、JR東日本、台東区など関係機関による協議を進め、来訪者の安全で快適な公園へのアプローチの実現を検討する。
動物園正門前広場では、動物園と周辺施設との交流や連携による一体感のある空間の創出を図る。
不忍池周辺では、湖畔での散策を楽しめる園路広場を整備し、親水空間の創出を図る。
(実施予定件数 1件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
上野恩賜公園(東京都)
高齢者や誰もが安全で安心して暮らすための道路の整備

(東京都)
道路用地を有効活用した休憩スペースの設置 2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
23区・多摩郡(東京都)
水辺の魅力を活かした東京の顔づくり

(東京都)
両国エリア
既存の船着場機能を高度化し、隅田川と周辺観光施設・交通機関との動線強化に向けて事業を推進
(実施予定件数 合計20件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
両国他(東京都)
道路のバリアフリー化

(東京都)
バリアフリー新法および東京都福祉のまちづくり条例に基づき、都道のバリアフリー化を推進する。

高齢者や障害者を含む誰もが円滑に移動できるよう、歩道の段差の解消や勾配の改善、視覚障害者誘導用ブロックの設置などに取組み、利便性の向上を図る。
(実施予定件数 合計8件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
(東京都)
自転車走行空間の整備・区市自転車推奨ルート補助

(東京都)
東京2020大会開催までに、264kmの自転車走行空間を確保(内訳:都道232km、臨港道路等32km)するとともに、大会会場や主要な観光地の周辺7地区において、国道、都道、区市道等の自転車走行空間を連続させ、安全性や回遊性を高める約200km(うち都道は約100km)の自転車推奨ルートを整備することで、400kmを超える規模を確保する。
(実施予定件数 合計25件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
新国立競技場周辺他(東京都)
都市公園におけるオリンピックの会場整備

(東京都)
競技会場(5公園)や練習会場(4公園)について、アスリート・ファーストを基本とした最高の競技環境や、観客のアクセシビリティに配慮した整備を行う。
ライブサイト(4公園)について、観客が安全・快適で満足のいく観戦ができるよう競技会場等を提供する。
競技会場や練習会場等の会場周辺について、多言語に対応するようサイン改修をおこなうとともに、アクセシビリティの改善を図るための園路改修等を実施する。
大会終了後は、レガシーを継承する公園の再整備を行う。
(実施予定件数 合計35件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
葛西臨海公園隣接都有地他(東京都)
東京都帰宅困難者対策条例説明会(別ウィンドウで開く)

(東京商工会議所)
2020年に向けて東京の都市防災力を一層強化させるべく、東京商工会議所会員をはじめとした都内事業者とその従業員に、帰宅困難者対策条例への理解と企業における帰宅困難者対策の推進を目的として、説明会を開催する。
日時:2016年12月7日(水) 午前10時30分~正午
場所:東京商工会議所 会議室7
内容:「東京都帰宅困難者対策条例」について
   都内事業者、都民に対する努力義務/事業者が取るべき対策 等
講師:東京都総務局総合防災部防災管理課 統括課長代理(防災事業推進総括担当) 石橋和之氏
2016年
12月7日(水)~
2020年
12月7日(月)
丸の内2-5-1(東京都)
世界に誇る都市型総合港湾・東京港を体験する(別ウィンドウで開く)

(東京商工会議所)
東京都港湾局の視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭やオリンピック・パラリンピック会場予定地など、東京港の現状を海上から視察する。また、視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭における物流の最新状況、クルーズ客船の誘致や臨海副都心のMICE拠点化、東京港の将来について理解を促進する。
場所:東京港(集合:竹芝小型船ターミナル)
講師:東京都港湾局広報担当課長 西平倫治氏、同局港湾営業専門課長 山田実氏
参加費:無料
定員:60名
2016年
12月9日(金)~
2020年
12月9日(水)
丸の内2-5-1(東京都)
東京2020大会競技会場整備(有明アリーナ)

(東京都)
有明北地区にバレーボール、車椅子バスケットボールの競技会場を整備する。
大会後は、国際大会を含むスポーツ大会や各種イベントなどに利用できる新たなスポーツ・文化の拠点となる施設とする。
2017年
1月1日(日)~
2019年
12月31日(火)
有明一丁目(東京都)
声かけ・サポート運動(別ウィンドウで開く)

(東京商工会議所)
高齢者や子ども、妊婦、子ども連れの方、障がい者、外国人等を社会全体で見守り支え合う機運を醸成するために、全国515商工会議所が推進する活動。街なかなど様々な場面で困っている人に気付いた際に積極的に「声かけ」を行うことで、誰もが安心・安全、快適に暮らし過ごせる地域社会の実現に貢献する。 2017年
3月16日(木)~
2020年
12月31日(木)
丸の内2-5-1東京商工会議所他(東京都)
魅力ある水辺空間の創出に資する水質改善

(東京都)
東京地域公害防止計画等に基づき、隅田川や新河岸川、日本橋川等の河川において、計画的なしゅんせつを実施する。
想定されるマラソンコース沿いの外濠など、東京2020大会の顔となる水辺において、地元区と連携し、しゅんせつなどの水質浄化策を重点的に講じていくとともに、河川における衛生的環境の確保と美観の保持を図ることを目的とする。
2017年
4月1日(土)~
2020年
9月30日(水)
築地 他(東京都)
警察博物館における危険ドラッグを含めた薬物根絶広報啓発活動

(東京都)
都民一般を対象に、東京2020大会に向けて、銃器薬物密輸入の危険性を周知させ、水際対策を推進する。 2017年
4月29日(祝・土)~
2020年
6月30日(火)
警察博物館(東京都)
東京消防庁:危険物安全週間(別ウィンドウで開く)

(東京都)
実施期間:2017年6月4日(日)~6月10日(土)
概要:身の回りの危険物品に関する知識の普及啓発及び危険物施設等を有する事業所に対する自主保安対策の指導及び普及啓発を通じ、危険物に起因する災害の発生を未然に防止するため実施。危険物施設等の保安対策指導や危険物施設での災害を想定した演習等を予定。
2017年
6月4日(日)~
2017年
6月10日(土)
都内各地(東京都)
東京消防庁:都民と消防のふれあいコンサート(別ウィンドウで開く)

(東京都)
実施日・場所:2017年7月20日(木)・文京シビックホール、2017年7月22日(土)・武蔵野市民文化会館
概要:東京消防庁音楽隊は「東京都民と消防のかけ橋」として、音楽を通じ防火・防災を呼びかけている。本コンサートでは、本格的な吹奏楽の醍醐味を味わえる構成での演奏を予定。
2017年
7月20日(木)~
2017年
7月22日(土)
都内各地(東京都)
東京消防庁:防災の日・防災週間(別ウィンドウで開く)

(東京都)
防災週間の機会を捉えて、都民、事業所等の防災に対する関心を高め、災害への備えや行動力を一層強化するために各種防災訓練やイベントを実施し、広く都民等の積極的な参加を呼びかける。 2017年
8月30日(水)~
2017年
09月05日(火)
都内各地(東京都)
東京消防庁:救急の日・救急医療週間(別ウィンドウで開く)

(東京都)
実施期間:救急の日 2017年9月9日(土)、救急医療週間 2017年9月3日(日)~9月9日(土)
東京消防庁救急相談センター及び東京版救急受診ガイドの周知を端緒として救急業務への理解を高め、更に、応急手当技能の普及並びに応急手当の実施に対する意識の高揚を図るために各種イベントを実施する。
2017年
9月3日(日)~
2017年
9月9日(土)
都内各地(東京都)
全国商工会議所観光振興大会2017 in 前橋

(日本商工会議所)
(1)全体会議の開催
「見つけよう観光、磨こう観光 地方から新しい風を吹かせ」の全体テーマのもとに、全国各地商工会議所の観光振興の取り組みの報告や基調講演「世界遺産への途(みち)」やパネルディスカッション「世界遺産を核とした広域観光を考える」を行う。
「前橋アピール」の採択を通じ、「今、観光都市でなくても、将来は観光都市として羽ばたくこと」を発信する。

(2)分科会の開催
「地域の宝を活かせ!~地方都市の底力~」の全体テーマのもとに「ものづくり」「文化」「若者の活躍」「体験型観光」「IoT」の5テーマごとに分科会を開催。各地での観光振興について各分野を代表する識者による討論を行う。
2017年
11月9日(木)~
2017年
11月11日(土)
ベイシア文化ホール、ヤマダグリーンドーム前橋他(群馬県)
東京消防庁:火災予防運動(別ウィンドウで開く)

(東京都)
実施期間:秋季 2017年11月9日(木)~15日(水)、春季 2018年3月1日(木)~7日(水)
火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり都民の火災予防意識の高揚を図り、火災の発生、火災による死傷者の発生及び財産の損失を防ぐことを目的として、各消防署を中心に火災予防運動の各種行事を実施する。
2017年
11月9日(木)~
2018年
3月7日(水)
都内各地(東京都)
東京消防庁:防災とボランティアの日・防災とボランティア週間(別ウィンドウで開く)

(東京都)
実施期間:防災とボランティアの日 2018年1月17日(水)、防災とボランティア週間 2018年1月15日(月)~21日(日)
災害時におけるボランティア活動や住民の自主的な防災活動についての認識を深め災害への備えを充実強化させるため、各消防署において防災に関する訓練や行事等を実施する。
2017年
1月15日(月)~
2018年
1月21日(日)
都内各地(東京都)
東京消防庁:文化財防火デー(別ウィンドウで開く)

(東京都)
都内には、将来に継承すべき都民のかけがえのない貴重な文化財が多数現存する。
それら文化財を火災、地震その他の災害から守るため、文化財の所有者、管理者その他の関係者に対して防火防災体制の充実強化を呼びかけ、文化財愛護に関する意識の普及と防火防災意識の高揚を図る。
2018年
1月26日(金)
都内各地(東京都)
IFCAA 2018 TOKYO(別ウィンドウで開く)

(東京都)
アジア消防長協会(イフカ)はアジア・オセアニア地域の消防長が相互交流を通じ、災害から人命・財産を守る消防技術の向上を図る組織である。2018年総会は東京で開催し、東京2020大会を見据え東京、日本、アジアの消防技術を一段と高めるべく会議や訓練を実施する。基調講演等に広く都民等の参加を呼びかける。 2017年
5月30日(火)~
2018年
6月1日(金)
東京ビッグサイト(東京都)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
東京2020大会競技会場整備(オリンピックアクアティクスセンター)(東京都)
  • 2016年3月1日(火)~2019年12月31日(火)/辰巳二丁目2番/東京都
都立辰巳の森海浜公園に水泳競技場を整備する。
大会後は、世界的な大会が開催される国際水泳場として、また、都民も利用できる水泳場として活用する。
東京2020大会競技会場整備(アーチェリー会場)(東京都)
  • 2016年8月1日(月)~2019年5月31日(金)/夢の島二丁目(都立夢の島公園内)/東京都
夢の島エリアににアーチェリー会場を整備し、アーチェリーを中心に、都民・公園利用者にとって、様々なスポーツの場とする。
主要な競技大会の会場に利用されたり、アーチェリーの普及・強化の拠点として活用されたり、多様な活用を見込む。
無電柱化の推進・区市町村無電柱化補助(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/東京都
おおむね首都高速中央環状線の内側のエリアであるセンター・コア・エリア内の都市計画道路として完成した都道及び競技会場等予定地周辺の都道の無電柱化を東京2020大会までに完了させるとともに、競技会場等予定地周辺の区市道等おける無電柱化に向けた区市の取組を促進することで、大会都市にふさわしい都市空間を創出する。
(実施予定件数 合計10件/2017年5月27日時点)
首都東京の強靭化と国際競争力の強化を図る道路の整備(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/築地他/東京都
道路輸送分野で確実な大会運営を確保するとともに、大会後の道路輸送力の強化を図るため、環状二号線を始めとする都内の骨格幹線道路の整備を行う。
(実施予定件数 合計30件/2017年5月27日時点)
みんなが集まるやさしい公園づくり(都立公園内のユニバーサルデザイン化)(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/都内都立公園/東京都
「東京都都立公園における移動等円滑化の基準に関する条例」の制定を踏まえ、条例基準に基づいた整備、改修の徹底をはじめ、より利用者の視点に立った細やかな施設整備を進める。

高齢者や障碍者、外国人などのニーズを取り入れ、トイレにおける洋式便器の設置、案内サインの多言語化などの施設改修を行う。
世界に誇る東京の歴史と文化を伝える都立公園の再生(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/上野恩賜公園/東京都
上野恩賜公園の再整備
再生基本計画に基づき、計画的に再整備を進め、平成31年度の完了を目指す。
公園口広場について、JR東日本、台東区など関係機関による協議を進め、来訪者の安全で快適な公園へのアプローチの実現を検討する。
動物園正門前広場では、動物園と周辺施設との交流や連携による一体感のある空間の創出を図る。
不忍池周辺では、湖畔での散策を楽しめる園路広場を整備し、親水空間の創出を図る。
(実施予定件数 1件/2017年5月27日時点)
高齢者や誰もが安全で安心して暮らすための道路の整備(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/23区・多摩郡/東京都
道路用地を有効活用した休憩スペースの設置
水辺の魅力を活かした東京の顔づくり(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/両国他/東京都
両国エリア
既存の船着場機能を高度化し、隅田川と周辺観光施設・交通機関との動線強化に向けて事業を推進
(実施予定件数 合計20件/2017年5月27日時点)
道路のバリアフリー化(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/東京都
バリアフリー新法および東京都福祉のまちづくり条例に基づき、都道のバリアフリー化を推進する。

高齢者や障害者を含む誰もが円滑に移動できるよう、歩道の段差の解消や勾配の改善、視覚障害者誘導用ブロックの設置などに取組み、利便性の向上を図る。
(実施予定件数 合計8件/2017年5月27日時点)
自転車走行空間の整備・区市自転車推奨ルート補助(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/新国立競技場周辺他/東京都
東京2020大会開催までに、264kmの自転車走行空間を確保(内訳:都道232km、臨港道路等32km)するとともに、大会会場や主要な観光地の周辺7地区において、国道、都道、区市道等の自転車走行空間を連続させ、安全性や回遊性を高める約200km(うち都道は約100km)の自転車推奨ルートを整備することで、400kmを超える規模を確保する。
(実施予定件数 合計25件/2017年5月27日時点)
都市公園におけるオリンピックの会場整備(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/葛西臨海公園隣接都有地他/東京都
競技会場(5公園)や練習会場(4公園)について、アスリート・ファーストを基本とした最高の競技環境や、観客のアクセシビリティに配慮した整備を行う。
ライブサイト(4公園)について、観客が安全・快適で満足のいく観戦ができるよう競技会場等を提供する。
競技会場や練習会場等の会場周辺について、多言語に対応するようサイン改修をおこなうとともに、アクセシビリティの改善を図るための園路改修等を実施する。
大会終了後は、レガシーを継承する公園の再整備を行う。
(実施予定件数 合計35件/2017年5月27日時点)
東京都帰宅困難者対策条例説明会(別ウィンドウで開く)(東京商工会議所)
  • 2016年12月7日(水)~2020年12月7日(月)/丸の内2-5-1/東京都
2020年に向けて東京の都市防災力を一層強化させるべく、東京商工会議所会員をはじめとした都内事業者とその従業員に、帰宅困難者対策条例への理解と企業における帰宅困難者対策の推進を目的として、説明会を開催する。
日時:2016年12月7日(水) 午前10時30分~正午
場所:東京商工会議所 会議室7
内容:「東京都帰宅困難者対策条例」について
   都内事業者、都民に対する努力義務/事業者が取るべき対策 等
講師:東京都総務局総合防災部防災管理課 統括課長代理(防災事業推進総括担当) 石橋和之氏
世界に誇る都市型総合港湾・東京港を体験する(別ウィンドウで開く)(東京商工会議所)
  • 2016年12月9日(金)~2020年12月9日(水)/丸の内2-5-1/東京都
東京都港湾局の視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭やオリンピック・パラリンピック会場予定地など、東京港の現状を海上から視察する。また、視察船「新東京丸」に乗船し、コンテナふ頭における物流の最新状況、クルーズ客船の誘致や臨海副都心のMICE拠点化、東京港の将来について理解を促進する。
場所:東京港(集合:竹芝小型船ターミナル)
講師:東京都港湾局広報担当課長 西平倫治氏、同局港湾営業専門課長 山田実氏
参加費:無料
定員:60名
東京2020大会競技会場整備(有明アリーナ)(東京都)
  • 2017年1月1日(日)~2019年12月31日(火)/有明一丁目/東京都
有明北地区にバレーボール、車椅子バスケットボールの競技会場を整備する。
大会後は、国際大会を含むスポーツ大会や各種イベントなどに利用できる新たなスポーツ・文化の拠点となる施設とする。
声かけ・サポート運動(別ウィンドウで開く)(東京商工会議所)
  • 2017年3月16日(木)~2020年12月31日(木)/丸の内2-5-1東京商工会議所他/東京都
高齢者や子ども、妊婦、子ども連れの方、障がい者、外国人等を社会全体で見守り支え合う機運を醸成するために、全国515商工会議所が推進する活動。街なかなど様々な場面で困っている人に気付いた際に積極的に「声かけ」を行うことで、誰もが安心・安全、快適に暮らし過ごせる地域社会の実現に貢献する。
魅力ある水辺空間の創出に資する水質改善(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2020年9月30日(水)/築地 他/東京都
東京地域公害防止計画等に基づき、隅田川や新河岸川、日本橋川等の河川において、計画的なしゅんせつを実施する。
想定されるマラソンコース沿いの外濠など、東京2020大会の顔となる水辺において、地元区と連携し、しゅんせつなどの水質浄化策を重点的に講じていくとともに、河川における衛生的環境の確保と美観の保持を図ることを目的とする。
警察博物館における危険ドラッグを含めた薬物根絶広報啓発活動(東京都)
  • 2017年4月29日(祝・土)~2020年6月30日(火)/警察博物館/東京都
都民一般を対象に、東京2020大会に向けて、銃器薬物密輸入の危険性を周知させ、水際対策を推進する。
東京消防庁:危険物安全週間(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年6月4日(日)~2017年6月10日(土)/都内各地/東京都
実施期間:2017年6月4日(日)~6月10日(土)
概要:身の回りの危険物品に関する知識の普及啓発及び危険物施設等を有する事業所に対する自主保安対策の指導及び普及啓発を通じ、危険物に起因する災害の発生を未然に防止するため実施。危険物施設等の保安対策指導や危険物施設での災害を想定した演習等を予定。
東京消防庁:都民と消防のふれあいコンサート(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年7月20日(木)~2017年7月22日(土)/都内各地/東京都
実施日・場所:2017年7月20日(木)・文京シビックホール、2017年7月22日(土)・武蔵野市民文化会館
概要:東京消防庁音楽隊は「東京都民と消防のかけ橋」として、音楽を通じ防火・防災を呼びかけている。本コンサートでは、本格的な吹奏楽の醍醐味を味わえる構成での演奏を予定。
東京消防庁:防災の日・防災週間(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年8月30日(水)~2017年9月5日(火)/都内各地/東京都
防災週間の機会を捉えて、都民、事業所等の防災に対する関心を高め、災害への備えや行動力を一層強化するために各種防災訓練やイベントを実施し、広く都民等の積極的な参加を呼びかける。
東京消防庁:救急の日・救急医療週間(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年9月3日(日)~2017年9月9日(土)/都内各地/東京都
実施期間:救急の日 2017年9月9日(土)、救急医療週間 2017年9月3日(日)~9月9日(土)
東京消防庁救急相談センター及び東京版救急受診ガイドの周知を端緒として救急業務への理解を高め、更に、応急手当技能の普及並びに応急手当の実施に対する意識の高揚を図るために各種イベントを実施する。
全国商工会議所観光振興大会2017 in 前橋(日本商工会議所)
  • 2017年11月9日(木)~2017年11月11日(土)/ベイシア文化ホール、ヤマダグリーンドーム前橋他/群馬県
(1)全体会議の開催
「見つけよう観光、磨こう観光 地方から新しい風を吹かせ」の全体テーマのもとに、全国各地商工会議所の観光振興の取り組みの報告や基調講演「世界遺産への途(みち)」やパネルディスカッション「世界遺産を核とした広域観光を考える」を行う。
「前橋アピール」の採択を通じ、「今、観光都市でなくても、将来は観光都市として羽ばたくこと」を発信する。

(2)分科会の開催
「地域の宝を活かせ!~地方都市の底力~」の全体テーマのもとに「ものづくり」「文化」「若者の活躍」「体験型観光」「IoT」の5テーマごとに分科会を開催。各地での観光振興について各分野を代表する識者による討論を行う。
東京消防庁:火災予防運動(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年11月9日(木)~2018年3月7日(水)/都内各地/東京都
実施期間:秋季 2017年11月9日(木)~15日(水)、春季 2018年3月1日(木)~7日(水)
火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり都民の火災予防意識の高揚を図り、火災の発生、火災による死傷者の発生及び財産の損失を防ぐことを目的として、各消防署を中心に火災予防運動の各種行事を実施する。
東京消防庁:防災とボランティアの日・防災とボランティア週間(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2018年1月15日(月)~2018年1月21日(日)/都内各地/東京都
実施期間:防災とボランティアの日 2018年1月17日(水)、防災とボランティア週間 2018年1月15日(月)~21日(日)
災害時におけるボランティア活動や住民の自主的な防災活動についての認識を深め災害への備えを充実強化させるため、各消防署において防災に関する訓練や行事等を実施する。
東京消防庁:文化財防火デー(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2018年1月26日(金)/都内各地/東京都
都内には、将来に継承すべき都民のかけがえのない貴重な文化財が多数現存する。
それら文化財を火災、地震その他の災害から守るため、文化財の所有者、管理者その他の関係者に対して防火防災体制の充実強化を呼びかけ、文化財愛護に関する意識の普及と防火防災意識の高揚を図る。
IFCAA 2018 TOKYO(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2018年5月30日(火)~2018年6月1日(金)/東京ビッグサイト/東京都
アジア消防長協会(イフカ)はアジア・オセアニア地域の消防長が相互交流を通じ、災害から人命・財産を守る消防技術の向上を図る組織である。2018年総会は東京で開催し、東京2020大会を見据え東京、日本、アジアの消防技術を一段と高めるべく会議や訓練を実施する。基調講演等に広く都民等の参加を呼びかける。

ページトップへ戻る

持続可能性

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
沿道環境等に配慮した路面の高機能化

(東京都)
マラソンコースを含む都道の暑さ対策として、日中の路面温度の上昇を抑制する遮熱性舗装等を整備する。
(実施予定件数 合計31件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
千代田区(東京都)
街路樹充実の継続(質の向上)

(東京都)
マラソンコースなどの道路上で行われる競技、会場までのアクセス道路の街路樹について、きめ細やかな維持管理に加え、樹冠を拡大して良好な夏季の十分な緑陰を確保するため、樹種や環境に応じて計画的な剪定を行う。また、マラソンコースなどの道路上で競技が行われる路線や競技会場までのアクセス道路の植栽帯に花壇を設けるなど、色とりどりの花による景観を演出する。
(実施予定件数 合計4件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
有明他(東京都)
3R推進事業 (別ウィンドウで開く)

(千葉県)
(1)「ちばエコスタイル」の推進
ものを大切にする資源循環型ライフスタイル「ちばエコスタイル」(ちばレジ袋削減エコスタイル、ちば食べきりエコスタイル、ちばマイボトル・マイカップ推進エコスタイル)を、毎年10月の「3R推進月間」、その他イベント出展の際にリーフレット等の配布により普及啓発する。
また、ちば食べきりエコスタイル、ちばマイボトル・マイカップ推進エコスタイルについては、登録事業者を募集し、周知を行う。
(2)3Rの普及促進に係るシンポジウムの開催
県民・事業者等を対象に、3Rの普及促進シンポジウムを開催する。
2016年
10月1日(土)~
2020年
12月1日(火)
幕張メッセ他(千葉県)
CO2CO2スマート推進事業(別ウィンドウで開く)

(千葉県)
(1)CO2CO2(コツコツ)スマート宣言事業所登録制度
CO2排出量の削減に取り組む事業者を応援するため、登録した事業所の積極的な取組みを県ウェブサイト等で広くPRし、各事業者の自主的な取組を促進するとともに、取組みの県内事業者への波及を期待する。
(2)我が家のCO2CO2(コツコツ)スマート大作戦
家庭のエネルギー使用量が増加する夏季と冬季に、各家庭で、県の作成する「省エネ・節電ミッションシート」に従って取組み、取組結果および電気やガス使用量の前年との比較を記載したシートを県に提出。抽選で当たる景品も用意し、自主的な取組のきっかけとする。
2016年
10月3日(月)~
2020年
12月31日(木)
千葉県庁(千葉県)
海岸漂着物発生抑制対策事業

(千葉県)
(1)パンフレットの作成
海岸漂着物に関するパンフレットを作成し、広く県民に配布する。
(2)啓発イベントの実施
流入河川上流域において、海岸漂着物に関する講演会、清掃活動等を行う。
2016年
10月3日(月)~
2020年
12月31日(木)
館山市内(千葉県)
花植木販売強化支援事業

(埼玉県)
(1)夏を彩る花植木開発事業
真夏の花壇を彩る花植木品目の選定や高温期における切り花の鮮度保持技術の実証、栽培管理技術などを開発
(2)夏のモデル花壇設置事業
ビックイベントに向けた夏花壇の植栽方法やデザインの実演などにより、緑による避暑効果や環境美化などの提案の場を創出
(3)花植木産地見学、情報交換会開催事業
花植木の実需者や流通関係者を対象とした産地見学会の開催、情報の収集
(4)新技術開発等支援事業
生産者自らが行う新技術開発等を推進し、実需者に発信するための取組の支援
2016年
11月1日(火)~
2020年
10月31日(土)
熊谷スポーツ文化公園他(埼玉県)
都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト(別ウィンドウで開く)

(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)
東京2020オリンピック・パラリンピックで使用する金・銀・銅メダルを、使用済み携帯電話やパソコン、デジタルカメラ等の小型家電から回収したリサイクル金属でつくる事業。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
東京都庁ほか(東京都)
東京2020大会に向けた大会施設工事の安全を呼びかけるスローガン募集事業

(厚生労働省)
国内外から注目される東京2020大会施設の建設工事を快適で安全な建設工事のモデルとするため、東京2020大会に向けた大会施設工事の安全を呼びかけるスローガンを募集する。また、応募作品の中から決定したスローガンは、大会施設工事の現場内で掲示する。 2017年
4月1日(土)~
2020年
5月31日(日)
新国立競技場建設地(代表地)他(東京都)
JTB地球いきいきプロジェクト 桑畑環境保全活動 ~桑茶とワイナリーが一体となった登美の丘地区のブランディング化に向けて~(別ウィンドウで開く)

(株式会社ジェイティービー)
今回のプログラムでは、甲斐市を代表する「桑茶」を生産する登美の丘地区の桑畑の清掃活動・環境整備を行い、市内での更なる桑茶生産・販売体制の確立と、近隣のサントリー登美の丘ワイナリーを絡めた登美の丘地区のブランド化を目指す。(環境保全活動の他、桑料理の提供、登美の丘ワイナリー見学を予定。) 2017年
5月27日(土)
登美の丘地区(山梨県)
東京2020 スポGOMI大会

(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)
国際環境デーに、東京2020組織委員会が主体となり本イベントを実施するにあたり「スポーツを通して、環境に対する意識づけを行う」「環境への意識づけを通したスポーツの価値の発信」などこの取組みをメディアを通じて発信し、国内外に広くリーチすることでTokyo 2020のポジティブな価値・理念をアピールする。 2017年
6月5日(月)
国立競技場(東京都)
JTB地球いきいきプロジェクト 北上川 ヨシ原再生のための植栽活動(別ウィンドウで開く)

(株式会社ジェイティービー)
宮城県石巻市北上川沿いは国内有数のヨシの生産地であり、東日本大震災による津波と地盤沈下により、ヨシ原の半分が消失したため、今回、「NPO法人リアスの森」様の協力の下、ヨシの再生・植栽を行います。 2017年
6月11日(日)
北上川周辺(宮城県)
JTB地球いきいきプロジェクト 「緑の回廊」植林活動と石狩川環境学習&季節のくだもの狩り(別ウィンドウで開く)

(株式会社ジェイティービー)
石狩川治水の歴史、水質浄化、植林体験をテーマに飲み水がつくられる仕組みや、森とその土壌の関係性などを学び、最後に参加者全員で植林体験を行います。 2017年
6月24日(土)
石狩川周辺(北海道)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
沿道環境等に配慮した路面の高機能化(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/千代田区/東京都
マラソンコースを含む都道の暑さ対策として、日中の路面温度の上昇を抑制する遮熱性舗装等を整備する。
(実施予定件数 合計31件/2017年5月27日時点)
街路樹充実の継続(質の向上)(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/有明他/東京都
マラソンコースなどの道路上で行われる競技、会場までのアクセス道路の街路樹について、きめ細やかな維持管理に加え、樹冠を拡大して良好な夏季の十分な緑陰を確保するため、樹種や環境に応じて計画的な剪定を行う。また、マラソンコースなどの道路上で競技が行われる路線や競技会場までのアクセス道路の植栽帯に花壇を設けるなど、色とりどりの花による景観を演出する。
(実施予定件数 合計4件/2017年5月27日時点)
3R推進事業(別ウィンドウで開く)(千葉県)
  • 2016年10月1日(土)~2020年12月1日(火)/幕張メッセ他/千葉県
(1)「ちばエコスタイル」の推進
ものを大切にする資源循環型ライフスタイル「ちばエコスタイル」(ちばレジ袋削減エコスタイル、ちば食べきりエコスタイル、ちばマイボトル・マイカップ推進エコスタイル)を、毎年10月の「3R推進月間」、その他イベント出展の際にリーフレット等の配布により普及啓発する。
また、ちば食べきりエコスタイル、ちばマイボトル・マイカップ推進エコスタイルについては、登録事業者を募集し、周知を行う。
(2)3Rの普及促進に係るシンポジウムの開催
県民・事業者等を対象に、3Rの普及促進シンポジウムを開催する。
CO2CO2スマート推進事業(別ウィンドウで開く)(千葉県)
  • 2016年10月3日(月)~2020年12月31日(木)/千葉県庁/千葉県
(1)CO2CO2(コツコツ)スマート宣言事業所登録制度
CO2排出量の削減に取り組む事業者を応援するため、登録した事業所の積極的な取組みを県ウェブサイト等で広くPRし、各事業者の自主的な取組を促進するとともに、取組みの県内事業者への波及を期待する。
(2)我が家のCO2CO2(コツコツ)スマート大作戦
家庭のエネルギー使用量が増加する夏季と冬季に、各家庭で、県の作成する「省エネ・節電ミッションシート」に従って取組み、取組結果および電気やガス使用量の前年との比較を記載したシートを県に提出。抽選で当たる景品も用意し、自主的な取組のきっかけとする。
海岸漂着物発生抑制対策事業(千葉県)
  • 2016年10月3日(月)~2020年12月31日(木)/館山市内/千葉県
(1)パンフレットの作成
海岸漂着物に関するパンフレットを作成し、広く県民に配布する。
(2)啓発イベントの実施
流入河川上流域において、海岸漂着物に関する講演会、清掃活動等を行う。
花植木販売強化支援事業(埼玉県)
  • 2016年11月1日(火)~2020年10月31日(土)/熊谷スポーツ文化公園他/埼玉県
(1)夏を彩る花植木開発事業
真夏の花壇を彩る花植木品目の選定や高温期における切り花の鮮度保持技術の実証、栽培管理技術などを開発
(2)夏のモデル花壇設置事業
ビックイベントに向けた夏花壇の植栽方法やデザインの実演などにより、緑による避暑効果や環境美化などの提案の場を創出
(3)花植木産地見学、情報交換会開催事業
花植木の実需者や流通関係者を対象とした産地見学会の開催、情報の収集
(4)新技術開発等支援事業
生産者自らが行う新技術開発等を推進し、実需者に発信するための取組の支援
都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト(別ウィンドウで開く)(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/東京都庁ほか/東京都
東京2020オリンピック・パラリンピックで使用する金・銀・銅メダルを、使用済み携帯電話やパソコン、デジタルカメラ等の小型家電から回収したリサイクル金属でつくる事業。
東京2020大会に向けた大会施設工事の安全を呼びかけるスローガン募集事業(厚生労働省)
  • 2017年4月1日(土)~2020年5月31日(日)/新国立競技場建設地(代表地)他/東京都
国内外から注目される東京2020大会施設の建設工事を快適で安全な建設工事のモデルとするため、東京2020大会に向けた大会施設工事の安全を呼びかけるスローガンを募集する。また、応募作品の中から決定したスローガンは、大会施設工事の現場内で掲示する。
JTB地球いきいきプロジェクト 桑畑環境保全活動 ~桑茶とワイナリーが一体となった登美の丘地区のブランディング化に向けて~(別ウィンドウで開く)(株式会社ジェイティービー)
  • 2017年5月27日(土)/登美の丘地区/山梨県
今回のプログラムでは、甲斐市を代表する「桑茶」を生産する登美の丘地区の桑畑の清掃活動・環境整備を行い、市内での更なる桑茶生産・販売体制の確立と、近隣のサントリー登美の丘ワイナリーを絡めた登美の丘地区のブランド化を目指す。(環境保全活動の他、桑料理の提供、登美の丘ワイナリー見学を予定。)
東京2020 スポGOMI大会(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)
  • 2017年6月5日(月)/国立競技場/東京都
国際環境デーに、東京2020組織委員会が主体となり本イベントを実施するにあたり「スポーツを通して、環境に対する意識づけを行う」「環境への意識づけを通したスポーツの価値の発信」などこの取組みをメディアを通じて発信し、国内外に広くリーチすることでTokyo 2020のポジティブな価値・理念をアピールする。
JTB地球いきいきプロジェクト 北上川 ヨシ原再生のための植栽活動(別ウィンドウで開く)(株式会社ジェイティービー)
  • 2017年6月11日(日)/北上川周辺/宮城県
宮城県石巻市北上川沿いは国内有数のヨシの生産地であり、東日本大震災による津波と地盤沈下により、ヨシ原の半分が消失したため、今回、「NPO法人リアスの森」様の協力の下、ヨシの再生・植栽を行います。
JTB地球いきいきプロジェクト 「緑の回廊」植林活動と石狩川環境学習&季節のくだもの狩り(別ウィンドウで開く)(株式会社ジェイティービー)
  • 2017年6月24日(土)/石狩川周辺/北海道
石狩川治水の歴史、水質浄化、植林体験をテーマに飲み水がつくられる仕組みや、森とその土壌の関係性などを学び、最後に参加者全員で植林体験を行います。

ページトップへ戻る

文化

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
芸術文化教育プログラム推進事業(別ウィンドウで開く)

(横浜市)
芸術家(アーティスト)が直接、市内「小学校」「中学校」「特別支援学校」等に出かけ、プログラムを実施する。
プログラムは、芸術家と教師、コーディネーター(普段文化施設や芸術団体で活動しているスタッフ)が一緒になって議論を重ね、対象となる学年や教科等のねらいを踏まえて、学校ごとに作成していく。
プログラムの形式は次の2種類。
(体験型プログラム)原則3日のプログラム。ワークショップ形式で実施することで、体験する過程そのものを大切にし、子どもたちの潜在的な創造性を引き伸ばしていく。1~2クラス単位で実施。
(鑑賞型プログラム)原則1日のプログラム。アーティストによる演奏やパフォーマンスを行い、芸術文化を鑑賞する機会を提供する。1学年単位で実施。
プログラムのジャンルは<音楽><演劇><ダンス><美術><伝統芸能>。
教師向けのワークショップやコーディネーターを集めての会議を行うことで、推進体制の強化を行っている。
事務局は、横浜市(文化観光局)、横浜市教育委員会、(公財)横浜市芸術文化振興財団、アート・地域文化連携を専門とするNPO法人STスポット横浜が担っている。
2016年
4月1日(金)~
2020年
12月31日(木)
市内小学校・中学校・特別支援学校他(神奈川県)
2016年度 エイブル・アートとの取り組み

(トヨタ自動車 株式会社)
NPO法人エイブルアート・カンパニー、株式会社アムラックストヨタと協力し、エイブル・アート(障がいのある人たちの可能性を開くアート)の認知拡大及び自立支援を目的として、ラッピングカーや車椅子用スポークカバー、壁画製作など年間を通じた活動を実施。 2016年
10月1日(土)~
2017年
9月30日(土)
MEGA WEB(東京都)
1964年から2020年東京オリンピック・パラリンピックへ未来をつなぐレガシー展

(株式会社 読売新聞東京本社)
本展は1964年の東京オリンピック・パラリンピックを紹介するとともに、当時の社会世相や風俗を新聞紙面やニュース映像、歴史資料で振り返る。1年間(4期)にわたり、それぞれ異なるテーマをとりあげる。
期間中のテーマ展および期間 第1期は終了
第1期:Tokyo1964の変革 2016年7月20日(水)~9月25日(日)
第2期:リオの感動 2016年10月8日(土)~12月4日(日)
第3期:もっと知りたいパラリンピック 2016年12月17日(土)~2017年3月5日(日)
第4期:アスリートたちの挑戦...伝える、つなぐ 2017年3月18日(土)~6月25日(日)
2016年
10月8日(土)~
2017年
6月25日(日)
羽田空港ディスカバリーミュージアム(東京都)
REBIRTH!富士講プロジェクト

(山梨県)
富士山に対する信仰おいて霊地とされた山麓の富士五湖等の構成資産及びそれらを巡る巡拝への理解を促進し、その価値を適切に保存・継承するとともに、富士山周辺地域の活性化を図るため、以下の取組を実施する。また、実施計画期間中は、以下の取組を通じて、地域全体で富士山を保存・継承し、活用していくための体制に確立を目指す。 2016年
11月21日(月)~
2020年
9月6日(日)
富士山世界遺産センター(山梨県)
SUGINAMI ART CATALOGUE(別ウィンドウで開く)

(杉並区)
(1)ギャラリーの発掘
区民が創造した作品の展示・発表の場を確保
(2)アート情報の収集・発信
文化・芸術の鑑賞機会を充実
(3)ネットワークの構築
地域の様々なアートをまちの魅力やにぎわいに繋げる
2017年
3月31日(金)~
2020年
12月31日(木)
(東京都)
ネットTAM オリンピアード文化通信(別ウィンドウで開く)

(トヨタ自動車 株式会社)
芸術文化の基盤整備、芸術文化に携わる人材の育成を通じて、豊かな社会づくりに貢献することを目的に、2004年トヨタ自動車と企業メセナ協議会が協働して開設。東京2020大会に向け、新コンテンツ「オリンピアード文化通信」を立上げ、カルチュラルオリンピアードの様々な情報を発信。 2017年
3月31日(金)~
2017年
12月31日(木)
(東京都)
プレミアムコンサート~未来へのハーモニー~(別ウィンドウで開く)

(東京都)
音楽芸術の普及・浸透を図ることを目的に、本格的なクラシック演奏に親しむ機会が少ない都内多摩地域・島しょ地域の各所で音楽に親しみが持てる環境を作るとともに、東京2020年オリンピック・パラリンピックを文化五輪としても盛り上げていけるよう気運の醸成を図るため、参加・体験型の無料コンサートを実施する。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
ルネ小平(小平市民会館) ほか12会場(東京都)
東アジア文化都市2017京都(平成29年度事業分)(別ウィンドウで開く)

(文化庁)
今年の東アジア文化都市は、日本・京都市、中国・長沙市、韓国・大邱広域市が選定されており、この3都市が東アジア文化都市として深く連携しながら文化交流を行うとともに、それぞれの都市において日中韓の文化芸術の要素を取り入れた多様なイベントを実施する予定である。暦年で行うため、2月18日(土)の開幕式典を皮切りに、様々な日中韓の文化イベントが展開される。平成29年度(4月~11月)については、「日中韓文化交流事業」「コア期間事業」「京都の文化力事業」「クロージング事業」の4つを実施予定である。 2017年
4月1日(土)~
2017年
11月19日(日)
ロームシアター京都 メインホール(京都府)
東京キャラバン(別ウィンドウで開く)

(東京都)
劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、多種多様なアーティストが出会い"文化混流"することで、新しい表現が生まれる文化ムーブメント。平成29年度は東京都内のほか、京都府内、熊本県内に展開し、各地の芸能を受け継ぐ人々やアーティスト、子供たち等との交流を通じて、新たな表現・文化を生み出していく。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
二条城、大山崎町立大山崎小学校等(京都府)
TURN(別ウィンドウで開く)

(東京都)
異なる背景や習慣を持ったさまざまな人々と出会い、つながるアートプロジェクト。アーティストが福祉施設等へ赴き交流を重ね、その交流の様子を「TURNフェス」や「TURNミーティング」にて発信するほか、日常的に「TURN」を体験できる「TURN LAND」を展開し、ダイバーシティの理解につなげる。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
東京都美術館等(東京都)
第69回毎日書道展

(株式会社 毎日新聞社)
毎日書道展は、応募点数が約30,000点に上り、入選作品は全国10都市で展示される日本最大規模の公募書展です。
書道文化の向上と、書道芸術の相互錬磨のため、1948年に書壇を結集して「全日本書道展」を発足したのが始まりで、翌年「日本総合書芸展」として開催し、51年から「毎日書道展」と改称。
2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
国立新美術館(東京都)
第26回国際高校生選抜書展

(株式会社 毎日新聞社)
世界の高校生を対象にした公募展です。高校生の書道レベルの向上、書道教育の振興、書道の国際促進などを目的にしており、書の甲子園として親しまれています。2015年の第24回展では25カ国・地域の高校生から約17,000点の作品が寄せられました。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
大阪市立美術館(大阪府)
石見神楽出張上演(別ウィンドウで開く)

(島根県)
その年の豊作や豊漁に感謝して神様に奉納する祭礼の時期だけでなく、1年中、石見地域各地で石見神楽が鑑賞できる機会を提供する。
石見神楽出張上演
石見地域に宿泊される団体を対象に宿泊先の旅館やホテル等において低料金で石見神楽を上演する。
2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
宿泊施設他(島根県)
パフォーマンスキッズ・トーキョー(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人東京都歴史文化財団)
小中学生を対象に東京都内(島しょ部を含む)の学校やホール・文化施設等へ、ダンスや演劇、音楽などのプロのアーティストを10日間程度派遣。ワークショップ(ワークショップ型の授業を含む)を展開して、子供たちが主役のオリジナル舞台作品を創作し、発表公演を行う。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
東京都内の学校、ホール・文化施設、児童養護施設等(東京都)
兼六園周辺文化の森「四季の文化回廊」(別ウィンドウで開く)

(石川県)
兼六園周辺の文化施設が連携して、歴史・伝統・文化を体感できる魅力あるイベントを四季折々に実施
観光客が気軽に参加できるよう、事前申し込み不要のイベントを拡充
2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
兼六園周辺の文化施設(石川県)
いしかわ子ども文化体験チャレンジスクール(別ウィンドウで開く)

(石川県)
子どもを対象に、美術、音楽、伝統芸能、伝統工芸など幅広い分野で、文化体験事業を通年実施
体験事業への参加実績に応じて称号と記念品が付与するスタンプラリーを実施
2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
兼六園周辺の文化施設(石川県)
外国人向け伝統文化・芸能 短時間体験プログラム(別ウィンドウで開く)

(公益財団法人東京都歴史文化財団)
東京が誇る日本の伝統文化を国内外に広く発信するため、外国人が伝統文化を理解できるよう、観光拠点等において短時間で体験できるプログラムを実施。 2017年
4月8日(土)~
2018年
3月31日(土)
東京都江戸東京博物館 他(東京都)
キッズ伝統芸能体験(別ウィンドウで開く)

(東京都)
一流の実演家が子供たちを直接指導し、本格的な舞台で披露する。古くから続く"お稽古"というかたちや、ひとつの道を歩んできたプロならではの言葉や佇まいから、子供たちは伝統を知り、日本人が大切にしてきた豊かな感性を育てる。子供たちを軸に家族や友人へと伝統文化への関心が波及し、次世代へ継承することを目指す。 2017年
4月14日(金)~
2018年
3月31日(土)
芸能花伝舎(東京都)
オリンピック・パラリンピックに関連する多文化共生・国際理解講座

(立川市)
オリンピック・パラリンピックに関連する多文化共生・国際理解講座(10回を予定)を実施し、外国人・留学生との交流事業、異文化に関する講座等を通じて、市民の国際理解や多文化共生意識の向上を図る。 2017年
4月15日(土)~
2018年
1月31日(水)
立川市内学習館、女性総合センター等(東京都)
渋谷区日本舞踊こども教室

(渋谷区)
東京2020大会を契機に、日本の伝統文化である「日本舞踊」の更なる発展、継承を目指して、幼稚園児から高校生を対象に教室を開催します。年間を通して25回練習し、3月11日の発表会にて、1年間の稽古の成果を披露します。 2017年
4月15日(土)~
2018年
3月10日(土)
文化総合センター大和田 伝承ホール(発表会)(東京都)
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017(別ウィンドウで開く)

(岐阜県)
岐阜県では、才能の発掘と育成、新たな形のアート鑑賞の機会の提供などを目的に、トリエンナーレ形式で全国規模の公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を初開催する。この芸術祭を通し、東京2020大会に向け、本県の魅力を国内外に発信するとともに地域の活力に繋げる。 2017年
4月15日(土)~
2017年
6月11日(日)
岐阜県美術館(岐阜県)
ぎふ清流文化プラザ「tomoniプロジェクト(2017年4月)」

(岐阜県)
岐阜県では、障がいのあるなしに関わらず、ともに新たな創造活動を行う「tomoni プロジェクト」を展開している。本事業は、2020年に向け障がい者の文化芸術活動を通した社会参画の推進を図るため、障がい者による舞台公演、舞台芸術鑑賞会、芸術企画展を開催し、共生社会の実現を目指すものである。 2017年
4月16日(日)~
2017年
6月7日(水)
ぎふ清流文化プラザ(岐阜県)
すみだ北斎美術館 開館記念展Ⅲ 「てくてく東海道―北斎と旅する五十三次―」(別ウィンドウで開く)

(墨田区)
東海道といえば歌川広重の東海道五十三次シリーズが有名だが、北斎は広重に先駆けて多数の東海道五十三次を描いた作品を残している。本展では、北斎が描いた墨田区所蔵の様々な東海道五十三次シリーズを展示し、東海道の絵師としての北斎の側面を紹介する。 2017年
4月18日(火)~
2017年
6月11日(日)
すみだ北斎美術館(東京都)
春季特別展「北前船と日本海海運」(別ウィンドウで開く)

(石川県)
江戸時代、海の物流の大動脈の主役であった「北前船」や「地回り船」の活動のほか、当時の物流システムを構築し、地域経済に貢献した「廻船問屋」の活躍を紹介。 2017年
4月22日(土)~
2017年
5月28日(日)
いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館(石川県)
よみがえった文化財 -未来につなぐ文化財保存と修復のわざ-(別ウィンドウで開く)

(石川県)
石川県文化財保存修復工房の設立20周年を記念した企画展で、これまで工房で修復した作品や、加賀藩の保存修復に関する作品・資料を展示するほか、修復作業のワークショップも実施。 2017年
4月22日(土)~
2017年
5月28日(日)
石川県立美術館(石川県)
乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~(別ウィンドウで開く)

(石川県)
明治から昭和に至るまで隆盛を誇った「少女雑誌」にスポットをあて、当時の女学生の文化・風俗などのほか、室生犀星・徳田秋聲・竹久夢二・橘外男ら石川ゆかりの作家を中心に、文豪による少女向け読み物を紹介。 2017年
4月22日(土)~
2017年
8月20日(日)
石川四高記念文化交流館(石川県)
2017年度 トヨタコミュニティコンサート

(トヨタ自動車 株式会社)
(共同開催型)
チャレンジ公演形式:地域ニーズを反映し、アマオケにとってチャレンジングな企画コンサート(2公演)
移動・訪問形式(A2方式):生演奏を聴く機会の少ない地域・施設への移動・訪問コンサート(9公演)
(部分支援型)
招待形式:生演奏を聴く機会の少ない青少年や高齢者、障がいのある方を対象とした招待コンサート(30公演)
(実施予定件数 合計39件・実施件数 合計3件/2017年5月27日時点)
2017年
5月1日(月)~
2018年
3月31日(土)
全国各地のホール/学校/養護施設/老人ホーム他(全国)
いしかわの工芸の巨匠に聞く

(石川県)
いしかわの伝統工芸の魅力に触れてもらうため、人間国宝をはじめとした各分野の巨匠に、これまでの歩みや仕事にかける思い、後継者育成等について語ってもらうリレー講演会を実施。 2017年
5月3日(祝・水)~
2018年
8月31日(木)
石川県立美術館(石川県)
岐阜県博物館 文化発信 プログラム

(岐阜県)
岐阜県博物館では、地域文化の再認識とその継承及び発展を目指し、企画展・特別展、及び関連講演会等を開催する。これにより、地域から日本文化の魅力を国内外に発信する。 2017年
5月6日(土)~
2018年
3月31日(土)
岐阜県博物館(岐阜県)
平成29年度渋谷区立社会教育館講座 「日本のおもてなしの心 和菓子」

(渋谷区)
四季折々の風情を感じさせる和菓子。伝統的な作り方を学ぶことで、和菓子の良さを再認識し、日本のおもてなしの心を学びます。各回ともに2種類の和菓子を作ります。 2017年
6月3日(土)~
2017年
10月21日(土)
上原社会教育館(東京都)
三井住友銀行チャリティーコンサート(別ウィンドウで開く)

(株式会社 三井住友フィナンシャルグループ)
当行の音楽クラブ「合唱団」「室内合奏団」「吹奏楽団」による演奏と従業員ボランティアの運営により、第12回となる無料コンサートを開催。来場客に、募金の呼びかけやグッズ販売等を実施。募金・販売で集まった全額は「特定非営利活動法人 国連UNHCR協会」に寄付予定。 2017年
6月4日(日)
紀尾井町6-5(東京都)
ぎふ清流文化プラザ「清流の国ぎふ ともに演芸会」

(岐阜県)
岐阜県では、障がいのあるなしに関わらず、ともに新たな創造活動を行う「tomoni プロジェクト」を展開している。本事業では、2020年に向け、障がいがありながらも意欲的に活動する落語家が出演する演芸会を開催し、障がい者の文化芸術活動を通した社会参画の推進を図る。 2017年
6月10日(土)
ぎふ清流文化プラザ(岐阜県)
企画展「描かれた都-石川に伝わる洛中洛外図屏風たち-」(別ウィンドウで開く)

(石川県)
企画展「描かれた都-石川に伝わる洛中洛外図屏風たち-」
京の都を描いた洛中洛外図屏風や東山遊楽図屏風、祇園祭礼図屏風など、活気溢れる都の世界を初公開の品々を含み紹介する。
2017年
6月11日(日)〜
2017年
7月9日(日)
いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館(石川県)
平成29年度 伝統文化交流事業inゆとろぎ 『越中八尾おわら風の盆と西多摩の郷土芸能』(別ウィンドウで開く)

(羽村市)
日本各地及び西多摩地域に伝わる貴重な伝統文化の紹介
(1)富山県民謡越中八尾おわら保存会による 『越中八尾おわら風の盆』公演、来場者への踊りの指導
(2)高水山古式獅子舞保存会(青梅市)による 『西多摩の郷土芸能』公演
2017年
6月24日(土)
羽村市生涯学習センターゆとろぎ(東京都)
平成29年度 渋谷区「文学・文化教養講座」 ~方丈記~800年の歳月を経て詠み継ごう、日本の名作古典

(渋谷区)
なぜ「方丈記」が時代を超えた現代でも多くの人々に読まれ継がれてきたのか、我が国の優れた古典を通して、 人生をより豊かにするために、趣味の世界を広げ、教養を深めるために、学習活動のきっかけ作りとして学習機会の提供を行う。 2017年
6月27日(火)〜
2017年
9月5日(火)
リフレッシュ氷川(東京都)
琵琶湖周航の歌100周年記念式典(別ウィンドウで開く)

(滋賀県)
第1部 13:00~14:45
プログラム(案):
  • 13:00 開会 主催者あいさつ、来賓あいさつ
  • 13:15 来賓紹介
  • 13:20 琵琶湖周航の歌原曲「ひつじ草」合唱
  • 13:30 講演「琵琶湖の自然と文化を詠む」 (講師:篠原徹琵琶湖博物館館長)
  • 14:00 講演「歌い継がれる琵琶湖周航の歌(仮)」 (講師:飯田忠義氏)
  • 14:30 参加者全員による琵琶湖周航の歌合唱
  • 14:45 閉会

第2部 15:15~17:15
プログラム(案):
  • 15:15 出航
  • 15:20 開会  船内ミニコンサート(~Lefa~)
  • 15:50 鼎談「琵琶湖を楽しむスポーツのススメ(仮)」
  • 16:40 休憩(自由に船内を見学いただく)
  • 17:00 参加者全員による琵琶湖周航の歌合唱
  • 17:15 下船

~航行中随時開催プログラム~
琵琶湖博物館・近代美術館学芸員によるワークショップ <随時参加可能>
2017年
6月24日(土)
高島市民会館、琵琶湖汽船ビアンカ(滋賀県)
夏の観能の夕べ

(石川県)
石川県において、藩政期から育まれてきた能楽文化の振興のため、県立能楽堂において、「夏の観能の夕べ」を開催し、低廉な価格で能・狂言を鑑賞する機会を広く提供し、能楽愛好者の増加を図っている。さらに、今年度より新たに、一般公演の上演前に能楽体験を実施することとしている。 2017年
7月1日(土)〜
2017年
8月26日(土)
石川県立能楽堂(石川県)
Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー

(東武トップツアーズ 株式会社)
日本の若者文化として定着しているボカニコのライブイベントを、東京スカイツリーの天望デッキ フロア350で開催。Japanese Subculture として広く発信するとともに、若年層に東京2020大会に対する機運の醸成を図る。出演はナユタン星人ほか。 2017年
7月4日(火)
東京スカイツリー 天望デッキ フロア350(東京都)
第43回トヨタロビーコンサート(別ウィンドウで開く)

(トヨタ自動車 株式会社)
トヨタ自動車東京本社ビル近隣地域の皆様に"気軽に質の高い音楽を楽しんでいただくこと"を目的に1995年より始まったトヨタロビーコンサート。社員ボランティアを中心に地域NPOの皆様と共に手作りで開催しております。 2017年
7月6日(木)
トヨタ自動車株式会社 東京本社(東京都)
渋谷混声合唱団 第23回定期演奏会(別ウィンドウで開く)

(渋谷区)
渋谷混声合唱団による定期演奏会。毎年開催。29年度で23回目。東京オペラシティコンサートホールにて、水野克彦氏指揮によるドボルザーク作曲「スターバト・マーテル」を演奏する。東京2020大会を契機に、渋谷区の音楽文化の更なる発展に寄与し、格調高い音楽性を求め、団員相互の親睦を図ることを目指す。 2017年
7月8日(土)
東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル(東京都)
企画展「くらべる古美術-見て考える美術のひみつ-」

(埼玉県立歴史と民俗の博物館)
展覧会
美術品を比較するという視点をとおして、古美術のおもしろさや意外な一面を紹介し、全ての方に楽しんでいただく展覧会
講座
展覧会に関連した子供向けの「ジュニア博物館講座」及び展覧会をより深く理解いただくための「歴史民俗講座」を開催
展示解説
展示室内で学芸員による展示解説を行う
2017年
7月15日(土)~
2017年
8月31日(木)
埼玉県立歴史と民俗の博物館(埼玉県)
第12回 はーとふる・はんど 手話ダンス公演

(渋谷区)
障がい者と健常者が共に協力し、手話を取り入れたダンスパフォーマンスを通して、障がい者の文化芸術振興を促進し、障がい者への正しいご理解と手話の普及、また障がい者の健全な心の育成の一助となることを目的とする公演です。 2017年
7月17日(祝・月)
美竹の丘・しぶや 多目的ホール(東京都)
第2回HAMURAメリーリボン演劇祭

(羽村市)
羽村市が中心となり西多摩地域で活動する演劇関係者及び活動支援者が一堂に会して公演を行うことで、交流を図り、演劇の質の向上及びその発展、並びに文化の創造と高揚を図ることを目的として開催をする演劇等の上演・鑑賞 2017年
7月22日(土)~
2017年
7月23日(日)
羽村市生涯学習センターゆとろぎ(東京都)
東アジア文化都市2015新潟市 青少年交流事業(別ウィンドウで開く)

(新潟市)
2015年の東アジア文化都市である新潟市、青島市、清州市の3都市間で相互に青少年を派遣し現地で文化を通じた交流プログラムを実施することで、文化の独自性や東アジアの文化の共通性を認識して価値を共有するとともに、未来を担う若者同士の相互理解や連帯感を深化させ、平和・共生・交流の関係づくりの基礎とする。 2017年
7月25日(火)~
2017年
8月13日(日)
アグリパークほか(新潟県)
彩の国さいたま童謡コンサート2017

(埼玉県)
基本テーマ
童謡文化を継承し、「童謡のふるさと埼玉」を広くPRします。

<演目>
開演
第1部(40分)埼玉県警音楽隊
第2部(40分)谷本賢一郎さん~埼玉ゆかりの童謡、現代の子どもの歌など~

<その他>
童謡パネル展示
2017年
8月3日(木)~
2017年
8月13日(日)
埼玉会館(埼玉県)
いしかわミュージックアカデミー(別ウィンドウで開く)

(石川県)
国内外の著名な講師によるレッスンを行い、世界に羽ばたく若手音楽家の育成と石川の音楽文化の振興を図るとともに、石川から音楽文化を広く国内外に発信する。平成29年度で20周年の節目を迎えるにあたり、いしかわミュージックアカデミー出身者とオーケストラ・アンサンブル金沢によるスペシャルコンサートを実施。 2017年
8月16日(水)~
2017年
8月25日(金)
石川県立音楽堂(石川県)
千葉県文化会館開館50周年記念事業 千葉県少年少女オーケストラとアキラさんの大発見コンサート2017千葉公演(別ウィンドウで開く)

(千葉県)
宮川彬良氏のプロデュースによりこれまで21回の演奏会を実施してきました千葉県少年少女オーケストラオリジナル企画の「大発見コンサート」を、クラシックコンサートとはまた一味違う大人から子供までが気軽に楽しめるプログラムにより活動拠点である千葉県文化会館において開催します。 2017年
8月26日(土)
千葉県文化会館(千葉県)
第32回府中市青少年音楽祭

(東京都府中市)
学校や地域などで活動する青少年音楽団体が、日ごろの練習の成果を発表する演奏会。参加費・入場料は無料。
  • 8月26日(土)合奏の部 府中伝統の和太鼓、アンサンブル、オーケストラなどジャンルを超えた演奏発表
  • 8月27日(日)合唱の部 児童合唱、混声合唱など様々な世代による歌声を発表
2017年
8月26日(土)~
2017年
8月27日(日)
府中の森芸術劇場(東京都)
第34回読売書法展(東京・関西・中部・中国・東北・四国・北海道・九州)(別ウィンドウで開く)

(株式会社 読売新聞東京本社)
日本伝統の書芸術や書道文化の普及、発展のため、1984年、文化功労者など日本を代表する書家たちによる読売書法会を発足し、以来、毎年、書の公募展を開催しており、歴代幹部役員には文化勲章受章者が複数人名を連ねています。34回目を数える今年、東京をはじめ、全国の8都市に巡回します。 2017年
8月28日(月)~
2017年
12月10日(日)
国立新美術館、東京都美術館 他(東京都)
ひょうご日本民謡フェスティバル

(兵庫県)
素晴らしい日本伝統である民謡と踊りを多くの方に観てもらうため、兵庫県内各地の民謡愛好グループが日頃の練習の成果を発表する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
9月10日(日)
新長田勤労市民センター ピフレホール(兵庫県)
国家指定芸能「能楽」特別鑑賞会

(公益社団法人能楽協会)
東京2020大会を見据え、650年の歴史を誇る能楽界がおくる象徴的な催し。シテ方五流(観世・金春・宝生・金剛・喜多)の宗家・重鎮が競演する五流合同能「土蜘蛛」、人間国宝が競演する異流狂言等の注目の舞台を上演。2020年に向けた対談もあり、新しく銀座にオープンした観世能楽堂を活用したシンボリックな公演 2017年
9月19日(火)
観世能楽堂(東京都)
兵庫県交響楽祭

(兵庫県)
演奏者の相互交流と技術研鑽、またオーケストラの感動を観客と分かち合うため、県内アマチュアオーケストラ等が日頃の成果を発表する大会を開催。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
9月10日(日)
兵庫県立芸術文化センター大ホール(兵庫県)
ミュージック・グランプリ・フェスティバル in 兵庫

(兵庫県)
県民文化の普及を図ることを目的に、各地のコンクール等で優秀な成績を収めた兵庫県ゆかりの若手音楽家によるコンサートを実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
9月24日(日)
兵庫県立芸術文化センター小ホール(兵庫県)
新潟インターナショナルダンスフェスティバル2017

(新潟市)
2015年に新潟市が東アジア文化都市に選定されたことを契機として取り組んできた都市間文化交流を継続・発展させるとともに、新潟市の舞台芸術の取り組みを国際発信するため、海外の舞踊団を招き2015年の開催に続き2回目の開催をする。今回は中国・韓国に加え、シンガポールの舞踊団も招へいして開催する。 2017年
9月26日(火)〜
2017年12月17日(日)
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館(新潟県)
いしかわ伝統芸能体験教室

(石川県)
子どもを対象に、三味線や琴、日本舞踊、能楽等、石川の豊かな伝統芸能を実際に体験することで、伝統芸能をより身近に感じ、理解してもらう取組を行う。各分野で練習し、成果を合同発表会で披露する。なお、今年度は新たに、昨年度人気のあった箏の体験の募集定員を増やし、子どもが伝統芸能に触れる機会の拡大に取り組む。 2017年
9月30日(土)〜
2018年2月4日(日)
石川県立能楽堂(石川県)
音楽とダンスの祭典 2017 in Hyogo

(兵庫県)
県内及び周辺府県から広く社交ダンス愛好家が集い、生バンドにあわせて踊る。生涯スポーツであるダンスをつうじて、参加者の交流を促進する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
10月1日(日)
兵庫県立文化体育館(兵庫県)
第14回 ユネスコ記念能(別ウィンドウで開く)

(公益社団法人能楽協会)
能楽が、ユネスコから後世に伝えるべき貴重な人類の財産として、広く世界に認定されたことを記念して開催。女流能楽師によるシテ方五流立合公演の企画で、解説や日英字幕システムも活用し、能楽の奥深さを味わえる。
演目:金春・宝生・金剛・喜多流による仕舞「葵上」/狂言「因幡堂」/能 観世流「葵上」シテ鵜澤光
2017年
10月6日(金)
国立能楽堂(東京都)
2017北九州国際音楽祭(別ウィンドウで開く)

(北九州市)
北九州国際音楽祭は、今回で30回目を迎える北九州市の秋を代表するイベントです。今年はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団による演奏会から幕を開け、NHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀氏やチェンバロの鈴木優人氏などをお招きし、10月7日から11月26日までの間、多彩なラインナップでお届けします。 2017年
10月7日(土)〜
2017年11月26日(日)
北九州市立響ホール他(福岡県)
ひょうごブラスフェスティバル

(兵庫県)
選ばれた出演団体及び招待団体による、吹奏楽による演奏会形式のコンサートを実施することで、文化の高揚と地域住民が音楽に触れる機会の創出を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
10月15日(日)
伊丹市立文化会館(いたみホール)(兵庫県)
ひょうご吟剣詩舞道祭

(兵庫県)
日本古来の伝統芸能である吟剣詩舞道について広く理解を求めるとともに、愛好者の心の輪を広げ、文化の高揚を図るため、合吟や詩舞道の発表会を実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
10月15日(日)
西宮市民会館アミティホール(兵庫県)
障害者の文化芸術国際交流事業「2017 ジャパン × ナント プロジェクト」

(文化庁)
本事業は、「フランス国立現代芸術センター"リュー・ユニック"」、「ナント国際会議センター"シテ・デ・コングレ"」の両館ディレクターが評価した、アール・ブリュット作品や障害者による優れた舞台芸術(伝統芸能[和太鼓、神楽]、ダンス、音楽、演劇)を発表する。あわせて、学術的なシンポジウムの開催、バリアフリー映画(日本作品)の上映、作者・演者と現地の障害者や市民との交流等、総合的な企画を実施し、障害者の文化芸術を架け橋にした国際交流事業を展開する。
また、事業の実施過程や成果を全国津々浦々に発信し、世界で評価される日本の障害者の優れた文化芸術を広く周知する。
2017年
10月19日(木)〜
2018年1月14日(日)
ひょうご邦楽の祭典

(兵庫県)
箏、三絃、尺八による演奏会をとおして、日本の伝統楽器の普及と地域文化の活性化を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
10月22日(日)
赤穂市文化会館(兵庫県)
ひょうご演劇祭

(兵庫県)
県民の舞台芸術に関する関心を高め、観劇を通じて芸術文化にふれるとともに、演劇文化の振興と向上の輪を広めるための演劇祭を実施する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
10月22日(日)
市川町文化センター ひまわりホール(兵庫県)
和太鼓フェスティバル in 兵庫

(兵庫県)
県内各地から太鼓愛好グループが集い、日本文化である和太鼓演奏を広く発信する。また力強い演奏をつうじて出演者及び参加者の交流を促進する。2008年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
11月18日(土)
三田市総合文化センター(郷の音ホール)(兵庫県)
ひょうご合唱の祭典

(兵庫県)
県各地で活躍する合唱グループが一堂に会し、日頃の成果を発表することにより、地域住民の合唱に対する関心を高め、地域の文化力の活性化を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
11月18日(土)
川西市文化会館(みつなかホール)(兵庫県)
ひょうご民俗芸能祭

(兵庫県)
民俗芸能の保存・発掘・普及と地域文化力の向上・活性化を図ることを目的とし、県内各地の民俗芸能団体が一堂に会し古典芸能等を披露する大会を実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。 2017年
11月23日(祝・木)
養父市立ビバホール(兵庫県)
千葉県文化会館開館50周年記念事業 千葉県少年少女オーケストラ第22回定期演奏会(別ウィンドウで開く)

(千葉県)
千葉県少年少女オーケストラの1年間の活動の集大成として、指揮に国内だけでなく国際舞台での活躍が目覚ましい下野竜也氏、ピアノにモーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて 優勝した菊池洋子氏をお迎えして、活動拠点となっている千葉県文化会館において定期演奏会を開催 2018年
3月25日(日)
千葉県文化会館(千葉県)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
芸術文化教育プログラム推進事業(別ウィンドウで開く)(横浜市)
  • 2016年4月1日(金)~2020年12月31日(木)/市内小学校・中学校・特別支援学校他/神奈川県
芸術家(アーティスト)が直接、市内「小学校」「中学校」「特別支援学校」等に出かけ、プログラムを実施する。
プログラムは、芸術家と教師、コーディネーター(普段文化施設や芸術団体で活動しているスタッフ)が一緒になって議論を重ね、対象となる学年や教科等のねらいを踏まえて、学校ごとに作成していく。
プログラムの形式は次の2種類。
(体験型プログラム)原則3日のプログラム。ワークショップ形式で実施することで、体験する過程そのものを大切にし、子どもたちの潜在的な創造性を引き伸ばしていく。1~2クラス単位で実施。
(鑑賞型プログラム)原則1日のプログラム。アーティストによる演奏やパフォーマンスを行い、芸術文化を鑑賞する機会を提供する。1学年単位で実施。
プログラムのジャンルは<音楽><演劇><ダンス><美術><伝統芸能>
教師向けのワークショップやコーディネーターを集めての会議を行うことで、推進体制の強化を行っている。
事務局は、横浜市(文化観光局)、横浜市教育委員会、(公財)横浜市芸術文化振興財団、アート・地域文化連携を専門とするNPO法人STスポット横浜が担っている。
2016年度 エイブル・アートとの取り組み(トヨタ自動車 株式会社)
  • 2016年10月1日(土)~2017年9月30日(土)/MEGA WEB/東京都
NPO法人エイブルアート・カンパニー、株式会社アムラックストヨタと協力し、エイブル・アート(障がいのある人たちの可能性を開くアート)の認知拡大及び自立支援を目的として、ラッピングカーや車椅子用スポークカバー、壁画製作など年間を通じた活動を実施。
1964年から2020年東京オリンピック・パラリンピックへ未来をつなぐレガシー展(株式会社 読売新聞東京本社)
  • 2016年10月8日(土)~2017年6月25日(日)/羽田空港ディスカバリーミュージアム/東京都
本展は1964年の東京オリンピック・パラリンピックを紹介するとともに、当時の社会世相や風俗を新聞紙面やニュース映像、歴史資料で振り返る。1年間(4期)にわたり、それぞれ異なるテーマをとりあげる。
期間中のテーマ展および期間 第1期は終了
第1期:Tokyo1964の変革 2016年7月20日(水)~9月25日(日)
第2期:リオの感動 2016年10月8日(土)~12月4日(日)
第3期:もっと知りたいパラリンピック 2016年12月17日(土)~2017年3月5日(日)
第4期:アスリートたちの挑戦...伝える、つなぐ 2017年3月18日(土)~6月25日(日)
REBIRTH!富士講プロジェクト(山梨県)
  • 2016年11月21日(月)~2020年9月6日(日)/富士山世界遺産センター/山梨県
富士山に対する信仰おいて霊地とされた山麓の富士五湖等の構成資産及びそれらを巡る巡拝への理解を促進し、その価値を適切に保存・継承するとともに、富士山周辺地域の活性化を図るため、以下の取組を実施する。また、実施計画期間中は、以下の取組を通じて、地域全体で富士山を保存・継承し、活用していくための体制に確立を目指す。
SUGINAMI ART CATALOGUE(別ウィンドウで開く)(杉並区)
  • 2017年3月31日(金)~2020年12月31日(木)/東京都
(1)ギャラリーの発掘
区民が創造した作品の展示・発表の場を確保
(2)アート情報の収集・発信
文化・芸術の鑑賞機会を充実
(3)ネットワークの構築
地域の様々なアートをまちの魅力やにぎわいに繋げる
ネットTAM オリンピアード文化通信(別ウィンドウで開く)(トヨタ自動車 株式会社)
  • 2017年3月31日(金)~2017年4月16日(木)/東京都
芸術文化の基盤整備、芸術文化に携わる人材の育成を通じて、豊かな社会づくりに貢献することを目的に、2004年トヨタ自動車と企業メセナ協議会が協働して開設。東京2020大会に向け、新コンテンツ「オリンピアード文化通信」を立上げ、カルチュラルオリンピアードの様々な情報を発信。
プレミアムコンサート~未来へのハーモニー~(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/ルネ小平(小平市民会館) ほか12会場/東京都
音楽芸術の普及・浸透を図ることを目的に、本格的なクラシック演奏に親しむ機会が少ない都内多摩地域・島しょ地域の各所で音楽に親しみが持てる環境を作るとともに、東京2020年オリンピック・パラリンピックを文化五輪としても盛り上げていけるよう気運の醸成を図るため、参加・体験型の無料コンサートを実施する。
東アジア文化都市2017京都(平成29年度事業分)(別ウィンドウで開く)(文化庁)
  • 2017年4月1日(土)~2017年11月19日(日)/ロームシアター京都 メインホール/京都府
今年の東アジア文化都市は、日本・京都市、中国・長沙市、韓国・大邱広域市が選定されており、この3都市が東アジア文化都市として深く連携しながら文化交流を行うとともに、それぞれの都市において日中韓の文化芸術の要素を取り入れた多様なイベントを実施する予定である。暦年で行うため、2月18日(土)の開幕式典を皮切りに、様々な日中韓の文化イベントが展開される。平成29年度(4月~11月)については、「日中韓文化交流事業」「コア期間事業」「京都の文化力事業」「クロージング事業」の4つを実施予定である。
東京キャラバン(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/二条城、大山崎町立大山崎小学校等/京都府
劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、多種多様なアーティストが出会い"文化混流"することで、新しい表現が生まれる文化ムーブメント。平成29年度は東京都内のほか、京都府内、熊本県内に展開し、各地の芸能を受け継ぐ人々やアーティスト、子供たち等との交流を通じて、新たな表現・文化を生み出していく。
TURN(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/東京都美術館等/東京都
異なる背景や習慣を持ったさまざまな人々と出会い、つながるアートプロジェクト。アーティストが福祉施設等へ赴き交流を重ね、その交流の様子を「TURNフェス」や「TURNミーティング」にて発信するほか、日常的に「TURN」を体験できる「TURN LAND」を展開し、ダイバーシティの理解につなげる。
第69回毎日書道展(株式会社 毎日新聞社)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/国立新美術館/東京都
毎日書道展は、応募点数が約30,000点に上り、入選作品は全国10都市で展示される日本最大規模の公募書展です。
書道文化の向上と、書道芸術の相互錬磨のため、1948年に書壇を結集して「全日本書道展」を発足したのが始まりで、翌年「日本総合書芸展」として開催し、51年から「毎日書道展」と改称。
第26回国際高校生選抜書展(株式会社 毎日新聞社)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/大阪市立美術館/大阪府
世界の高校生を対象にした公募展です。高校生の書道レベルの向上、書道教育の振興、書道の国際促進などを目的にしており、書の甲子園として親しまれています。2015年の第24回展では25カ国・地域の高校生から約17,000点の作品が寄せられました。
石見神楽出張上演(別ウィンドウで開く)(島根県)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/宿泊施設他/島根県
その年の豊作や豊漁に感謝して神様に奉納する祭礼の時期だけでなく、1年中、石見地域各地で石見神楽が鑑賞できる機会を提供する。
石見神楽出張上演
石見地域に宿泊される団体を対象に宿泊先の旅館やホテル等において低料金で石見神楽を上演する。
パフォーマンスキッズ・トーキョー(別ウィンドウで開く)(公益財団法人東京都歴史文化財団)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/東京都内の学校、ホール・文化施設、児童養護施設等/東京都
小中学生を対象に東京都内(島しょ部を含む)の学校やホール・文化施設等へ、ダンスや演劇、音楽などのプロのアーティストを10日間程度派遣。ワークショップ(ワークショップ型の授業を含む)を展開して、子供たちが主役のオリジナル舞台作品を創作し、発表公演を行う。
兼六園周辺文化の森「四季の文化回廊」(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/兼六園周辺の文化施設/石川県
兼六園周辺の文化施設が連携して、歴史・伝統・文化を体感できる魅力あるイベントを四季折々に実施
観光客が気軽に参加できるよう、事前申し込み不要のイベントを拡充
いしかわ子ども文化体験チャレンジスクール(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/兼六園周辺の文化施設/石川県
子どもを対象に、美術、音楽、伝統芸能、伝統工芸など幅広い分野で、文化体験事業を通年実施
体験事業への参加実績に応じて称号と記念品が付与するスタンプラリーを実施
外国人向け伝統文化・芸能 短時間体験プログラム(別ウィンドウで開く)(公益財団法人東京都歴史文化財団)
  • 2017年4月8日(土)~2018年3月31日(土)/東京都江戸東京博物館 他/東京都
東京が誇る日本の伝統文化を国内外に広く発信するため、外国人が伝統文化を理解できるよう、観光拠点等において短時間で体験できるプログラムを実施。
キッズ伝統芸能体験(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年4月14日(金)~2018年3月31日(土)/芸能花伝舎/東京都
一流の実演家が子供たちを直接指導し、本格的な舞台で披露する。古くから続く"お稽古"というかたちや、ひとつの道を歩んできたプロならではの言葉や佇まいから、子供たちは伝統を知り、日本人が大切にしてきた豊かな感性を育てる。子供たちを軸に家族や友人へと伝統文化への関心が波及し、次世代へ継承することを目指す。
オリンピック・パラリンピックに関連する多文化共生・国際理解講座(立川市)
  • 2017年4月15日(土)~2018年1月31日(水)/立川市内学習館、女性総合センター等/東京都
オリンピック・パラリンピックに関連する多文化共生・国際理解講座(10回を予定)を実施し、外国人・留学生との交流事業、異文化に関する講座等を通じて、市民の国際理解や多文化共生意識の向上を図る。
渋谷区日本舞踊こども教室(渋谷区)
  • 2017年4月15日(土)~2018年3月10日(土)/文化総合センター大和田 伝承ホール(発表会)/東京都
東京2020大会を契機に、日本の伝統文化である「日本舞踊」の更なる発展、継承を目指して、幼稚園児から高校生を対象に教室を開催します。年間を通して25回練習し、3月11日の発表会にて、1年間の稽古の成果を披露します。
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017(別ウィンドウで開く)(岐阜県)
  • 2017年4月15日(土)~2017年6月11日(日)/岐阜県美術館/岐阜県
岐阜県では、才能の発掘と育成、新たな形のアート鑑賞の機会の提供などを目的に、トリエンナーレ形式で全国規模の公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」を初開催する。この芸術祭を通し、東京2020大会に向け、本県の魅力を国内外に発信するとともに地域の活力に繋げる。
ぎふ清流文化プラザ「tomoniプロジェクト(2017年4月)」(岐阜県)
  • 2017年4月16日(日)~2017年6月7日(水)/ぎふ清流文化プラザ/岐阜県
岐阜県では、障がいのあるなしに関わらず、ともに新たな創造活動を行う「tomoni プロジェクト」を展開している。本事業は、2020年に向け障がい者の文化芸術活動を通した社会参画の推進を図るため、障がい者による舞台公演、舞台芸術鑑賞会、芸術企画展を開催し、共生社会の実現を目指すものである。
すみだ北斎美術館 開館記念展Ⅲ 「てくてく東海道―北斎と旅する五十三次―」(別ウィンドウで開く)(墨田区)
  • 2017年4月18日(火)~2017年6月11日(日)/すみだ北斎美術館/東京都
東海道といえば歌川広重の東海道五十三次シリーズが有名だが、北斎は広重に先駆けて多数の東海道五十三次を描いた作品を残している。本展では、北斎が描いた墨田区所蔵の様々な東海道五十三次シリーズを展示し、東海道の絵師としての北斎の側面を紹介する。
春季特別展「北前船と日本海海運」(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年4月22日(土)~2017年5月28日(日)/いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館/石川県
江戸時代、海の物流の大動脈の主役であった「北前船」や「地回り船」の活動のほか、当時の物流システムを構築し、地域経済に貢献した「廻船問屋」の活躍を紹介。
よみがえった文化財 -未来につなぐ文化財保存と修復のわざ-(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年4月22日(土)~2017年5月28日(日)/石川県立美術館/石川県
石川県文化財保存修復工房の設立20周年を記念した企画展で、これまで工房で修復した作品や、加賀藩の保存修復に関する作品・資料を展示するほか、修復作業のワークショップも実施。
乙女の文学展~石川ゆかりの作家の少女向け読み物~(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年4月22日(土)~2017年8月20日(日)/石川四高記念文化交流館/石川県
明治から昭和に至るまで隆盛を誇った「少女雑誌」にスポットをあて、当時の女学生の文化・風俗などのほか、室生犀星・徳田秋聲・竹久夢二・橘外男ら石川ゆかりの作家を中心に、文豪による少女向け読み物を紹介。
2017年度 トヨタコミュニティコンサート(トヨタ自動車 株式会社)
  • 2017年5月1日(月)~2018年3月31日(土)/全国各地のホール、学校、養護施設、老人ホーム他/全国
(共同開催型)
チャレンジ公演形式:地域ニーズを反映し、アマオケにとってチャレンジングな企画コンサート(2公演)
移動・訪問形式(A2方式):生演奏を聴く機会の少ない地域・施設への移動・訪問コンサート(9公演)
(部分支援型)
招待形式:生演奏を聴く機会の少ない青少年や高齢者、障がいのある方を対象とした招待コンサート(30公演)
(実施予定件数 合計39件・実施件数 合計3件/2017年5月27日時点)
いしかわの工芸の巨匠に聞く(石川県)
  • 2017年5月3日(祝・水)~2018年8月31日(木)/石川県立美術館/石川県
いしかわの伝統工芸の魅力に触れてもらうため、人間国宝をはじめとした各分野の巨匠に、これまでの歩みや仕事にかける思い、後継者育成等について語ってもらうリレー講演会を実施。
岐阜県博物館 文化発信 プログラム(岐阜県)
  • 2017年5月6日(土)~2018年3月31日(土)/岐阜県博物館/岐阜県
岐阜県博物館では、地域文化の再認識とその継承及び発展を目指し、企画展・特別展、及び関連講演会等を開催する。これにより、地域から日本文化の魅力を国内外に発信する。
平成29年度渋谷区立社会教育館講座 「日本のおもてなしの心 和菓子」(渋谷区)
  • 2017年6月3日(土)~2017年10月21日(土)/上原社会教育館/東京都
四季折々の風情を感じさせる和菓子。伝統的な作り方を学ぶことで、和菓子の良さを再認識し、日本のおもてなしの心を学びます。各回ともに2種類の和菓子を作ります。
三井住友銀行チャリティーコンサート(別ウィンドウで開く)(株式会社 三井住友フィナンシャルグループ)
  • 2017年6月4日(日)/紀尾井町6-5/東京都
当行の音楽クラブ「合唱団」「室内合奏団」「吹奏楽団」による演奏と従業員ボランティアの運営により、第12回となる無料コンサートを開催。来場客に、募金の呼びかけやグッズ販売等を実施。募金・販売で集まった全額は「特定非営利活動法人 国連UNHCR協会」に寄付予定。
ぎふ清流文化プラザ「清流の国ぎふ ともに演芸会」(岐阜県)
  • 2017年6月10日(土)/ぎふ清流文化プラザ/岐阜県
岐阜県では、障がいのあるなしに関わらず、ともに新たな創造活動を行う「tomoni プロジェクト」を展開している。本事業では、2020年に向け、障がいがありながらも意欲的に活動する落語家が出演する演芸会を開催し、障がい者の文化芸術活動を通した社会参画の推進を図る。
企画展「描かれた都-石川に伝わる洛中洛外図屏風たち-」(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年6月11日(日)〜2017年7月9日(日)/いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館/石川県
企画展「描かれた都-石川に伝わる洛中洛外図屏風たち-」
京の都を描いた洛中洛外図屏風や東山遊楽図屏風、祇園祭礼図屏風など、活気溢れる都の世界を初公開の品々を含み紹介する。
平成29年度 伝統文化交流事業inゆとろぎ 『越中八尾おわら風の盆と西多摩の郷土芸能』(羽村市)
  • 2017年6月24日(土)/羽村市生涯学習センターゆとろぎ/東京都
(主催)日本各地及び西多摩地域に伝わる貴重な伝統文化の紹介
(1)富山県民謡越中八尾おわら保存会による 『越中八尾おわら風の盆』公演、来場者への踊りの指導
(2)高水山古式獅子舞保存会(青梅市)による 『西多摩の郷土芸能』公演
平成29年度 渋谷区「文学・文化教養講座」 ~方丈記~800年の歳月を経て詠み継ごう、日本の名作古典(渋谷区)
  • 2017年6月27日(火)〜2017年9月5日(火)/リフレッシュ氷川/東京都
なぜ「方丈記」が時代を超えた現代でも多くの人々に読まれ継がれてきたのか、我が国の優れた古典を通して、 人生をより豊かにするために、趣味の世界を広げ、教養を深めるために、学習活動のきっかけ作りとして学習機会の提供を行う。
琵琶湖周航の歌100周年記念式典(別ウィンドウで開く)(滋賀県)
  • 2017年6月24日(土)/高島市民会館、琵琶湖汽船ビアンカ/滋賀県
第1部 13:00~14:45
プログラム(案):
  • 13:00 開会 主催者あいさつ、来賓あいさつ
  • 13:15 来賓紹介
  • 13:20 琵琶湖周航の歌原曲「ひつじ草」合唱
  • 13:30 講演「琵琶湖の自然と文化を詠む」 (講師:篠原徹琵琶湖博物館館長)
  • 14:00 講演「歌い継がれる琵琶湖周航の歌(仮)」 (講師:飯田忠義氏)
  • 14:30 参加者全員による琵琶湖周航の歌合唱
  • 14:45 閉会

第2部 15:15~17:15
プログラム(案):
  • 15:15 出航
  • 15:20 開会  船内ミニコンサート(~Lefa~)
  • 15:50 鼎談「琵琶湖を楽しむスポーツのススメ(仮)」
  • 16:40 休憩(自由に船内を見学いただく)
  • 17:00 参加者全員による琵琶湖周航の歌合唱
  • 17:15 下船

~航行中随時開催プログラム~
琵琶湖博物館・近代美術館学芸員によるワークショップ <随時参加可能>
夏の観能の夕べ(石川県)
  • 2017年7月1日(土)〜2017年8月26日(土)/石川県立能楽堂/石川県
石川県において、藩政期から育まれてきた能楽文化の振興のため、県立能楽堂において、「夏の観能の夕べ」を開催し、低廉な価格で能・狂言を鑑賞する機会を広く提供し、能楽愛好者の増加を図っている。さらに、今年度より新たに、一般公演の上演前に能楽体験を実施することとしている。
Japanese Subculture Night in 東京スカイツリー(東武トップツアーズ 株式会社)
  • 2017年7月4日(火)/東京スカイツリー 天望デッキ フロア350/東京都
日本の若者文化として定着しているボカニコのライブイベントを、東京スカイツリーの天望デッキフロア350で開催。Japanese Subculture として広く発信するとともに、若年層に東京2020大会に対する機運の醸成を図る。出演はナユタン星人ほか。
第43回トヨタロビーコンサート(別ウィンドウで開く)(トヨタ自動車 株式会社)
  • 2017年7月6日(木)/トヨタ自動車株式会社 東京本社/東京都
トヨタ自動車東京本社ビル近隣地域の皆様に"気軽に質の高い音楽を楽しんでいただくこと"を目的に1995年より始まったトヨタロビーコンサート。社員ボランティアを中心に地域NPOの皆様と共に手作りで開催しております。
渋谷混声合唱団 第23回定期演奏会(別ウィンドウで開く)(渋谷区)
  • 2017年7月8日(土)/東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル/東京都
渋谷混声合唱団による定期演奏会。毎年開催。29年度で23回目。東京オペラシティコンサートホールにて、水野克彦氏指揮によるドボルザーク作曲「スターバト・マーテル」を演奏する。東京2020大会を契機に、渋谷区の音楽文化の更なる発展に寄与し、格調高い音楽性を求め、団員相互の親睦を図ることを目指す。
企画展「くらべる古美術-見て考える美術のひみつ-」(埼玉県立歴史と民俗の博物館)
  • 2017年7月15日(土)~2017年8月31日(木)/埼玉県立歴史と民俗の博物館/埼玉県
展覧会
美術品を比較するという視点をとおして、古美術のおもしろさや意外な一面を紹介し、全ての方に楽しんでいただく展覧会
講座
展覧会に関連した子供向けの「ジュニア博物館講座」及び展覧会をより深く理解いただくための「歴史民俗講座」を開催
展示解説
展示室内で学芸員による展示解説を行う
第12回 はーとふる・はんど 手話ダンス公演(渋谷区)
  • 2017年7月17日(祝・月)/美竹の丘・しぶや 多目的ホール/東京都
障がい者と健常者が共に協力し、手話を取り入れたダンスパフォーマンスを通して、障がい者の文化芸術振興を促進し、障がい者への正しいご理解と手話の普及、また障がい者の健全な心の育成の一助となることを目的とする公演です。
第2回HAMURAメリーリボン演劇祭(羽村市)
  • 2017年7月22日(土)~2017年7月23日(日)/羽村市生涯学習センターゆとろぎ/東京都
羽村市が中心となり西多摩地域で活動する演劇関係者及び活動支援者が一堂に会して公演を行うことで、交流を図り、演劇の質の向上及びその発展、並びに文化の創造と高揚を図ることを目的として開催をする演劇等の上演・鑑賞
東アジア文化都市2015新潟市 青少年交流事業(別ウィンドウで開く)(新潟市)
  • 2017年7月25日(木)~2017年8月13日(日)/アグリパークほか/新潟県
2015年の東アジア文化都市である新潟市、青島市、清州市の3都市間で相互に青少年を派遣し現地で文化を通じた交流プログラムを実施することで、文化の独自性や東アジアの文化の共通性を認識して価値を共有するとともに、未来を担う若者同士の相互理解や連帯感を深化させ、平和・共生・交流の関係づくりの基礎とする。
彩の国さいたま童謡コンサート2017(埼玉県)
  • 2017年8月3日(木)~2017年8月13日(日)/埼玉会館/埼玉県
基本テーマ
童謡文化を継承し、「童謡のふるさと埼玉」を広くPRします。

<演目>
開演
第1部(40分)埼玉県警音楽隊
第2部(40分)谷本賢一郎さん~埼玉ゆかりの童謡、現代の子どもの歌など~

<その他> 
童謡パネル展示
いしかわミュージックアカデミー(別ウィンドウで開く)(石川県)
  • 2017年8月16日(水)~2017年8月25日(金)/石川県立音楽堂/石川県
国内外の著名な講師によるレッスンを行い、世界に羽ばたく若手音楽家の育成と石川の音楽文化の振興を図るとともに、石川から音楽文化を広く国内外に発信する。平成29年度で20周年の節目を迎えるにあたり、いしかわミュージックアカデミー出身者とオーケストラ・アンサンブル金沢によるスペシャルコンサートを実施。
千葉県文化会館開館50周年記念事業 千葉県少年少女オーケストラとアキラさんの大発見コンサート2017千葉公演(別ウィンドウで開く)(千葉県)
  • 2017年8月26日(土)/千葉県文化会館/千葉県
宮川彬良氏のプロデュースによりこれまで21回の演奏会を実施してきました千葉県少年少女オーケストラオリジナル企画の「大発見コンサート」を、クラシックコンサートとはまた一味違う大人から子供までが気軽に楽しめるプログラムにより活動拠点である千葉県文化会館において開催します。
第32回府中市青少年音楽祭(東京都府中市)
  • 2017年8月26日(土)〜2017年8月27日(日)/府中の森芸術劇場/東京都
学校や地域などで活動する青少年音楽団体が、日ごろの練習の成果を発表する演奏会。参加費・入場料は無料。
  • 8月26日(土)合奏の部 府中伝統の和太鼓、アンサンブル、オーケストラなどジャンルを超えた演奏発表
  • 8月27日(日)合唱の部 児童合唱、混声合唱など様々な世代による歌声を発表
第34回読売書法展(東京・関西・中部・中国・東北・四国・北海道・九州)(別ウィンドウで開く)(株式会社 読売新聞東京本社)
  • 2017年8月28日(月)~2017年12月10日(日)/国立新美術館、東京都美術館 他/東京都
日本伝統の書芸術や書道文化の普及、発展のため、1984年、文化功労者など日本を代表する書家たちによる読売書法会を発足し、以来、毎年、書の公募展を開催しており、歴代幹部役員には文化勲章受章者が複数人名を連ねています。34回目を数える今年、東京をはじめ、全国の8都市に巡回します。
ひょうご日本民謡フェスティバル(兵庫県)
  • 2017年9月10日(日)/新長田勤労市民センター ピフレホール/兵庫県
素晴らしい日本伝統である民謡と踊りを多くの方に観てもらうため、兵庫県内各地の民謡愛好グループが日頃の練習の成果を発表する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
国家指定芸能「能楽」特別鑑賞会(公益社団法人能楽協会)
  • 2017年9月19日(火)/観世能楽堂/東京都
東京2020大会を見据え、650年の歴史を誇る能楽界がおくる象徴的な催し。シテ方五流(観世・金春・宝生・金剛・喜多)の宗家・重鎮が競演する五流合同能「土蜘蛛」、人間国宝が競演する異流狂言等の注目の舞台を上演。2020年に向けた対談もあり、新しく銀座にオープンした観世能楽堂を活用したシンボリックな公演
兵庫県交響楽祭(兵庫県)
  • 2017年9月10日(日)/兵庫県立芸術文化センター大ホール/兵庫県
演奏者の相互交流と技術研鑽、またオーケストラの感動を観客と分かち合うため、県内アマチュアオーケストラ等が日頃の成果を発表する大会を開催。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
ミュージック・グランプリ・フェスティバル in 兵庫(兵庫県)
  • 2017年9月24日(日)/兵庫県立芸術文化センター小ホール/兵庫県
県民文化の普及を図ることを目的に、各地のコンクール等で優秀な成績を収めた兵庫県ゆかりの若手音楽家によるコンサートを実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
新潟インターナショナルダンスフェスティバル2017(新潟市)
  • 2017年9月26日(火)〜2017年12月17日(日)/りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館/新潟県
2015年に新潟市が東アジア文化都市に選定されたことを契機として取り組んできた都市間文化交流を継続・発展させるとともに、新潟市の舞台芸術の取り組みを国際発信するため、海外の舞踊団を招き2015年の開催に続き2回目の開催をする。今回は中国・韓国に加え、シンガポールの舞踊団も招へいして開催する。
いしかわ伝統芸能体験教室(石川県)
  • 2017年9月30日(土)〜2018年2月4日(日)/石川県立能楽堂/石川県
子どもを対象に、三味線や琴、日本舞踊、能楽等、石川の豊かな伝統芸能を実際に体験することで、伝統芸能をより身近に感じ、理解してもらう取組を行う。各分野で練習し、成果を合同発表会で披露する。なお、今年度は新たに、昨年度人気のあった箏の体験の募集定員を増やし、子どもが伝統芸能に触れる機会の拡大に取り組む。
音楽とダンスの祭典 2017 in Hyogo(兵庫県)
  • 2017年10月1日(日)/兵庫県立文化体育館/兵庫県
県内及び周辺府県から広く社交ダンス愛好家が集い、生バンドにあわせて踊る。生涯スポーツであるダンスをつうじて、参加者の交流を促進する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
第14回 ユネスコ記念能(別ウィンドウで開く)(公益社団法人能楽協会)
  • 2017年10月6日(金)/国立能楽堂/東京都
能楽が、ユネスコから後世に伝えるべき貴重な人類の財産として、広く世界に認定されたことを記念して開催。女流能楽師によるシテ方五流立合公演の企画で、解説や日英字幕システムも活用し、能楽の奥深さを味わえる。
演目:金春・宝生・金剛・喜多流による仕舞「葵上」/狂言「因幡堂」/能 観世流「葵上」シテ鵜澤光
2017北九州国際音楽祭(別ウィンドウで開く)(北九州市)
  • 2017年10月7日(土)〜2017年11月26日(日)/北九州市立響ホール他/福岡県
北九州国際音楽祭は、今回で30回目を迎える北九州市の秋を代表するイベントです。今年はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団による演奏会から幕を開け、NHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀氏やチェンバロの鈴木優人氏などをお招きし、10月7日から11月26日までの間、多彩なラインナップでお届けします。
ひょうごブラスフェスティバル(兵庫県)
  • 2017年10月15日(日)/伊丹市立文化会館(いたみホール)/兵庫県
選ばれた出演団体及び招待団体による、吹奏楽による演奏会形式のコンサートを実施することで、文化の高揚と地域住民が音楽に触れる機会の創出を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
ひょうご吟剣詩舞道祭(兵庫県)
  • 2017年10月15日(日)/西宮市民会館アミティホール/兵庫県
日本古来の伝統芸能である吟剣詩舞道について広く理解を求めるとともに、愛好者の心の輪を広げ、文化の高揚を図るため、合吟や詩舞道の発表会を実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
障害者の文化芸術国際交流事業「2017 ジャパン × ナント プロジェクト」(文化庁)
  • 2017年10月19日(木)〜2018年1月14日(日)
本事業は、「フランス国立現代芸術センター"リュー・ユニック"」、「ナント国際会議センター"シテ・デ・コングレ"」の両館ディレクターが評価した、アール・ブリュット作品や障害者による優れた舞台芸術(伝統芸能[和太鼓、神楽]、ダンス、音楽、演劇)を発表する。あわせて、学術的なシンポジウムの開催、バリアフリー映画(日本作品)の上映、作者・演者と現地の障害者や市民との交流等、総合的な企画を実施し、障害者の文化芸術を架け橋にした国際交流事業を展開する。
また、事業の実施過程や成果を全国津々浦々に発信し、世界で評価される日本の障害者の優れた文化芸術を広く周知する。
ひょうご邦楽の祭典(兵庫県)
  • 2017年10月22日(日)/赤穂市文化会館/兵庫県
箏、三絃、尺八による演奏会をとおして、日本の伝統楽器の普及と地域文化の活性化を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
ひょうご演劇祭(兵庫県)
  • 2017年10月22日(日)/市川町文化センター ひまわりホール/兵庫県
県民の舞台芸術に関する関心を高め、観劇を通じて芸術文化にふれるとともに、演劇文化の振興と向上の輪を広めるための演劇祭を実施する。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
和太鼓フェスティバル in 兵庫(兵庫県)
  • 2017年11月18日(土)/三田市総合文化センター(郷の音ホール)/兵庫県
県内各地から太鼓愛好グループが集い、日本文化である和太鼓演奏を広く発信する。また力強い演奏をつうじて出演者及び参加者の交流を促進する。2008年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
ひょうご合唱の祭典(兵庫県)
  • 2017年11月18日(土)/川西市文化会館(みつなかホール)/兵庫県
県各地で活躍する合唱グループが一堂に会し、日頃の成果を発表することにより、地域住民の合唱に対する関心を高め、地域の文化力の活性化を図る。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
ひょうご民俗芸能祭(兵庫県)
  • 2017年11月23日(祝・木)/養父市立ビバホール/兵庫県
民俗芸能の保存・発掘・普及と地域文化力の向上・活性化を図ることを目的とし、県内各地の民俗芸能団体が一堂に会し古典芸能等を披露する大会を実施。平成20年度からの継続事業であるが、東京2020大会を踏まえ、外国人等も対象としたユニバーサルな事業実施を心掛けるとともに、そのレガシーを2020以降も引継ぐ。
千葉県文化会館開館50周年記念事業 千葉県少年少女オーケストラ第22回定期演奏会(別ウィンドウで開く)(千葉県)
  • 2018年3月25日(日)/千葉県文化会館/千葉県
千葉県少年少女オーケストラの1年間の活動の集大成として、指揮に国内だけでなく国際舞台での活躍が目覚ましい下野竜也氏、ピアノにモーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて 優勝した菊池洋子氏をお迎えして、活動拠点となっている千葉県文化会館において定期演奏会を開催

ページトップへ戻る

教育

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
赤坂・青山子ども中高生共育(ともいく)事業(別ウィンドウで開く)

(港区)
小・中・高生向けの講座実施
地域で子ども向け事業に取り組む赤坂・青山地域の企業、団体で構成する“赤坂・青山共育情報局”の運営
毎年11月3日(文化の日)に実施する、“赤坂・青山共育フェスティバル”の実施
2016年
4月1日(金)~
2020年
12月31日(木)
赤坂地区(東京都)
三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020(別ウィンドウで開く)

(三井不動産 株式会社)
(名称)三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020
(会場)当社が街づくりを進めるエリアの小中学校、加えて当社が運営する全国の商業施設
(開催期間)2016年4月13日(水)~2020年12月31日(火)
(実施体制)
主催:三井不動産株式会社
協力:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
後援:公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会(JPC)
東京都、開催される地区の行政
特別協賛:三井不動産レジデンシャル
(内容)
オリンピアン、パラリンピアンによるスポーツ教室
2016年
4月13日(水)~
2020年
12月31日(木)
日本橋(東京都)
Active Lerning Camp(別ウィンドウで開く)

(パナソニック 株式会社)
東京2020大会開催決定を機に、2015年10月より、オリンピックとパラリンピックの基礎知識や、それらの価値を学ぶことができる常設の展示施設をパナソニックセンター東京内に開設。教育支援活動を通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。具体的な教育支援のコンテンツは以下の通り。

(1)常設展示施設 「Active Learning Camp」(場所:東京都江東区、パナソニックセンター東京内)
(2)ワークショップ(主な実施場所:東京都江東区、パナソニックセンター東京内)
2016年
10月17日(月)~
2020年
12月31日(木)
パナソニックセンター東京他(東京都)
オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム(別ウィンドウで開く)

(パナソニック 株式会社)
東京2020大会開催決定を機に、オリンピックとパラリンピックを題材としたパナソニック独自の教育プログラムを開発し、学校への教材支援活動も開始。それらの教育支援活動を通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。 2016年
11月1日(火)~
2020年
12月31日(木)
学校(全国)
オリンピックとパラリンピックを題材にした教育を考える Teacher'sセミナー&教育フォーラム(別ウィンドウで開く)

(パナソニック 株式会社)
東京2020大会開催決定を機に、オリンピックとパラリンピックを題材としたパナソニック独自の教育プログラムを開発し、学校への教材支援活動も開始。また、オリンピック・パラリンピック教育の推進に向け、先生方の授業づくりをさらに支援するため、教材研究や実践ノウハウの横展開を行うTeacher'sセミナーや教育フォーラムを展開。そのことを通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。 2016年
11月1日(火)~
2020年
12月31日(木)
パナソニックセンター東京他(東京都)
日経STOCKリーグ(別ウィンドウで開く)

(日本経済新聞社)
主催・日本経済新聞社、特別協賛・野村ホールディングスの中・高・大学・専門学校生向け株式学習レポートコンテスト。金融経済アクティブラーニングの先駆けとして2000年にスタートし、昨年まで述べ約10万人の学生が参加している。3-5人でのチームで参加し、独自の投資テーマを決め、それに沿った企業を選定してポートフォリオを作成。その過程をA4用紙30ページ以内のレポートにまとめ、そのレポートの審査を行う。株式学習レポートコンテストではあるが、パフォーマンスを競うものではなくテーマの独自性、表現力、学習に対する熱意、経済や株式への理解を評価する。 2016年
12月10日(土)~
2020年
12月31日(木)
日経本社(東京都)
スマホ・ケータイ安全教室(別ウィンドウで開く)

(株式会社 NTTドコモ)
(1)主に全国の小、中、高校生を対象に、スマートフォンや携帯電話の安心・安全に使う為のルールやマナー、自分にも起こり得る身近なトラブルへの対処方法などを啓発する「スマホ・ケータイ安全教室」を、無償で実施。
(2)「入門編」「応用編」「保護者・教員編」「特別支援学校編」「シニア編」の5つのカリキュラムを用意しており、学校や団体等からのお申込みにより実施。
(3)スライド教材、アニメーション、再現ドラマなどを使用し、1教室45分~50分にて開催。教室受講後の復習用教材として、また家庭内で内容を共有していただく為に、「スマホ・ケータイ安全教室」のポイントブック(1人1冊)を配布。
(実施予定件数 合計95件・実施済件数 141件/2017年5月27日時点)
2017年
3月14日(火)~
2017年
12月20日(水)
学校(全国)
Active Learning Camp(別ウィンドウで開く)

(パナソニック 株式会社)
東京2020大会開催決定を機に、2015年10月より、オリンピックとパラリンピックの知識や、それらの価値を学ぶことができる常設の展示施設を開設。また、場を使ったワークショップを実施。 2017年
4月1日(土)~
2017年
6月30日(金)
パナソニックセンター東京(東京都)
全日本なわとびかっとび王選手権 2017(別ウィンドウで開く)

(日本放送協会(NHK))
(ねらい) 子供たちの持久力やリズム感を養い、他者への思いやりやチームワークを学ぶ  (事業) 4月参加募集、7月~9月予選、10月決勝大会 (展開) アジア各国にも参加を呼びかけ、相互の絆を築くレガシーとして、2020年以降も継続。(番組)「一本のロープで育む日本の未来」を視聴者と共に考える。 2017年
4月1日(土)~
2017年
10月27日(金)
立教大学 体育館(東京都)
東京にやって来る修学旅行生に向けたオリンピック・パラリンピック体験

(東武トップツアーズ株式会社)
オールジャパンで機運を盛り上げるために、日本全国から東京にやって来る修学旅行生がオリンピック・パラリンピックを体験するプログラム。障がい者スポーツ体験、アスリートの講演会などを関連施設で実施。
事前学習でプログラムについて学び、旅行後は事後学習で記録を残し、それぞれの学校のレガシーとする。
2017年
4月1日(土)~
2020年
9月30日(水)
豊洲ランニングスタジアムなど(東京都)
「特別支援教育」研修テキスト

(東京都)
特別支援教育研修テキストは、特別支援教育に関する研修受講者全員に配布するものであり、大会エンブレムを掲載することで、大会機運を盛り上げることができる。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
東京都教職員研修センター(東京都)
青少年夢のかけはし事業(別ウィンドウで開く)

(埼玉県)
子供の夢と豊かな心を育むため、スポーツ選手や憧れの職業など、各分野で活躍している埼玉ゆかりの一流のプロフェッショナルを講師に招き、青少年が学び、体験する教室を実施。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
(埼玉県)
東京都オリンピック・パラリンピック学習読本の印刷・配布

(東京都)
種類
(1)オリンピック・パラリンピック学習パンフレット(小学校低学年(1~3年用))
(2)オリンピック・パラリンピック学習読本(小学校編(4~6年用))
(3)オリンピック・パラリンピック学習読本(中学校編)
(4)オリンピック・パラリンピック学習読本(高等学校編)
2017年
4月1日(土)~
2020年
9月6日(日)
都内各学校(東京都)
東京都オリンピック・パラリンピック教育 普及・啓発リーフレットの印刷・配布

(東京都)
東京2020大会開催を踏まえ、幼児・児童・生徒及び保護者向けのオリンピック・パラリンピック教育普及・啓発リーフレットを配布し、オリンピック・パラリンピック教育の意義と取組内容を周知し、大会への参画意識の醸成を促す。
小学校低学年版、小学校高学年版、中学生版、高校生版を学年に応じて配布する。
2017年
4月1日(土)~
2020年
9月6日(日)
都内公立学校(東京都)
東京都2020公認教育プログラム ユニバーサルデザイン -ひとりにいい、みんなにいい-(別ウィンドウで開く)

(株式会社 LIXIL)
従業員が学校に出向き「ユニバーサルデザイン」を題材に、小学校高学年を対象にオリジナル教材を用いた授業を行う(出前授業)。子ども達はさまざまな個性をもった、いろいろな立場の人がいることを理解し、街や家に施されている身近な工夫を知る。そして自分たちができることを考え自ら率先して行動する力を身につける。
実施地域:日本全国/講師:LIXIL従業員
対象:小学校高学年(5、6年生)
関連教科:総合的な学習の時間、道徳、社会
授業時間:2時限(100分:途中、休憩・体験時間含む)
教材:オリジナルツールを用いた授業
内容:(1)多様性のある社会(2)街・家の中のユニバーサルデザイン(3)ワークショップ/聴覚障がい者の疑似体験(4)多機能トイレの工夫をみつける
実施時期:2017年4月~
2017年
4月2日(日)~
2020年
12月31日(木)
小学校(東京都)
文京区オリンピック・パラリンピックこども新聞 (区報ぶんきょう特集号)

(文京区)
東京2020大会に向け、オリンピック・パラリンピック及び障害者スポーツの理解促進のために、小中学生を記者とし作成するオリンピック・パラリンピックをテーマとした広報紙を発行。 2017年
5月1日(月)~
2020年
12月31日(木)
文京区内(東京都)
インクルーシブデザインワークショップ体験会

(法政大学)
東京2020大会に向け、組織委員会は障がいの有無に関わらず、すべての人々にとってインクルーシブな大会となるような様々な取組みを推進している。本学においてもその取り組みを理解し相互の人格と個性を尊重し合う共生社会の実現に貢献できるようインクルーシブデザインワークショップ体験会を開催をする。 2017年
5月29日(月)
法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都)
多言語音声翻訳アプリから学ぶ"デジタル"おもてなし

(法政大学)
外国語を話すことに苦手意識を持っていることから、外国人に対して観光案内等のボランティアをすることを躊躇している学生の苦手意識を克服することを目的に、国立研究開発法人情報通信研究機構が開発した「VoiceTra」というスマホ向けの音声翻訳のアプリを通して多言語翻訳について学ぶ。 2017年
6月26日(月)
法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(別ウィンドウで開く)

(株式会社 明治)
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。
(実施予定件数 合計4件/2017年4月11日時点)
2017年
5月1日(月)~
2017年
6月30日(金)
墨田区立桜堤中学校(東京都)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)

(株式会社 明治)
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。 2017年
5月1日(月)~
2017年
6月30日(金)
横浜市立蒔田中学校(神奈川県)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)

(株式会社 明治)
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。 2017年
5月1日(月)~
2017年
6月30日(金)
台東区立東泉小学校(東京都)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)

(株式会社 明治)
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。 2017年
5月1日(月)~
2017年
6月30日(金)
江東区立元加賀小学校(東京都)
しながわ学びの杜 清泉女子大学地球市民学専攻 パートナーシップ講座「世界をつなぐボランティアと地球市民」

(品川区)
全国各地で様々なボランティア活動があるが、来年から東京2020大会開催時の大会ボランティア募集を、同大会組織委員会が始める予定である。変化の大きい現代社会で今後様々なボランティア活動がさらに増えていく今、本講座ではその魅力と基礎知識を共に学んでいく。 2017年
7月8日(土)~
2017年
7月22日(土)
こみゅにてぃぷらざ八潮(東京都)
父子チャレンジアカデミー

(株式会社 読売新聞東京本社)
小学生の父子を対象に「かけっこ」等の身近な運動種目を、各競技のトップアスリート達が指導する。東京2020大会に向けてスポーツの魅力を楽しく見て、知って、体験することを目的とした、家族で参加するスポーツ交流活動。2017年度は神奈川県、岡山県、長崎県など全国5会場で実施。 2017年
7月23日(日)~
2018年
3月31日(土)
新石川小学校 他(神奈川県)
夏休み!こども銀行たんけん隊(別ウィンドウで開く)

(株式会社 三井住友フィナンシャルグループ)
三井住友銀行が実施する子ども向けのキャリア教育の一環として、全国3か所にて銀行見学会を実施。
当日は、豊かな暮らしを実現するために必要な「金融の知識」を親子で考える学びの内容に加え、見学や体験を通じて金融の仕事に触れ、興味を持ってもらうきっかけ作りとする。
2017年
8月1日(火)~
2017年
8月14日(月)
三井住友銀行(東京都)
東京2020大会に向けて 映画「東京オリンピック」上映会

(新宿区)
1964年に開催された東京オリンピックが当時の日本にどのような影響を与えたのかを学び、子どもたちが東京2020大会に夢を抱くきっかけとなるよう、市川昆監督の名作「東京オリンピック」を上映する。あわせて、有識者等によるトークイベンントを行う。 2017年
8月3日(木)
四谷区民ホール(東京都)
徳島サマースクール

(徳島県)
「東京2020大会」の開催など、急速にグローバル化が進展する中、高校生が英語をベースに多様な価値観を持った同世代の若者や社会人と対話・交流することで自己を探求し、夢や希望に向かって主体的に行動できる人材の育成を図る。 2017年
8月16日(水)~
2017年
8月22日(火)
牟岐町海の総合文化センター(徳島県)
シスコ「サイバーセキュリティ* スカラシップ プログラム」
*ネットワークセキュリティ

(シスコシステムズ合同会社)
シスコのネットワークおよびセキュリティ技術と、豊富な実績を持つ学習プログラムをもとに、ITベーシックから情報セキュリティまでを体系的に学習し様々なサイバーセキュリティ課題に対応する技能を習得できるプログラムを実施運営。2020年に向けた情報セキュリティ人材育成と将来的なキャリア機会の創出に貢献する。 2017年
9月1日(金)~
2017年
9月30日(土)
シスコシステムズ合同会社(東京都)
オリンピアンに学ぼう!小学生スポーツ教室

(埼玉県朝霞市役所)
子どもたちへオリンピック出場経験者等の一流アスリートと触れ合う機会を提供して、夢や希望、感動を与え東京オリンピックへの機運醸成及びより一層のスポーツ振興を図ることを目的とする。 2017年
9月10日(日)
自衛隊体育学校(埼玉県)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
赤坂・青山子ども中高生共育(ともいく)事業(別ウィンドウで開く)(港区)
  • 2016年4月1日(金)~2020年12月31日(木)/赤坂地区/東京都
小・中・高生向けの講座実施
地域で子ども向け事業に取り組む赤坂・青山地域の企業、団体で構成する“赤坂・青山共育情報局”の運営
毎年11月3日(文化の日)に実施する、“赤坂・青山共育フェスティバル”の実施
三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020(別ウィンドウで開く)(三井不動産 株式会社)
  • 2016年4月13日(水)~2020年12月31日(木)/日本橋/東京都
(名称)三井不動産スポーツアカデミー for Tokyo 2020
(会場)当社が街づくりを進めるエリアの小中学校、加えて当社が運営する全国の商業施設
(開催期間)2016年4月13日(水)~2020年12月31日(火)
(実施体制)
主催:三井不動産株式会社
協力:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
後援:公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会(JPC)
東京都、開催される地区の行政
特別協賛:三井不動産レジデンシャル
(内容)
オリンピアン、パラリンピアンによるスポーツ教室
Active Lerning Camp(別ウィンドウで開く)(パナソニック 株式会社)
  • 2016年10月17日(月)~2020年12月31日(木)/パナソニックセンター東京他/東京都
東京2020大会開催決定を機に、2015年10月より、オリンピックとパラリンピックの基礎知識や、それらの価値を学ぶことができる常設の展示施設をパナソニックセンター東京内に開設。教育支援活動を通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。具体的な教育支援のコンテンツは以下の通り。

(1)常設展示施設 「Active Learning Camp」(場所:東京都江東区、パナソニックセンター東京内)
(2)ワークショップ(主な実施場所:東京都江東区、パナソニックセンター東京内)
オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム(別ウィンドウで開く)(パナソニック 株式会社)
  • 2016年11月1日(火)~2020年12月31日(木)/学校/全国
東京2020大会開催決定を機に、オリンピックとパラリンピックを題材としたパナソニック独自の教育プログラムを開発し、学校への教材支援活動も開始。それらの教育支援活動を通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。
オリンピックとパラリンピックを題材にした教育を考える Teacher'sセミナー&教育フォーラム(別ウィンドウで開く)(パナソニック 株式会社)
  • 2016年11月1日(火)~2020年12月31日(木)/パナソニックセンター東京他/東京都
東京2020大会開催決定を機に、オリンピックとパラリンピックを題材としたパナソニック独自の教育プログラムを開発し、学校への教材支援活動も開始。また、オリンピック・パラリンピック教育の推進に向け、先生方の授業づくりをさらに支援するため、教材研究や実践ノウハウの横展開を行うTeacher'sセミナーや教育フォーラムを展開。そのことを通じ、生きる力を備えた未来への飛躍を実現する人材育成支援に取り組む。
日経STOCKリーグ(別ウィンドウで開く)(日本経済新聞社)
  • 2016年12月10日(土)~2020年12月31日(木)/日経本社/東京都
主催・日本経済新聞社、特別協賛・野村ホールディングスの中・高・大学・専門学校生向け株式学習レポートコンテスト。金融経済アクティブラーニングの先駆けとして2000年にスタートし、昨年まで述べ約10万人の学生が参加している。3-5人でのチームで参加し、独自の投資テーマを決め、それに沿った企業を選定してポートフォリオを作成。その過程をA4用紙30ページ以内のレポートにまとめ、そのレポートの審査を行う。株式学習レポートコンテストではあるが、パフォーマンスを競うものではなくテーマの独自性、表現力、学習に対する熱意、経済や株式への理解を評価する。
スマホ・ケータイ安全教室(別ウィンドウで開く)(株式会社 NTTドコモ)
  • 2017年3月14日(火)~2017年12月20日(水)/学校/全国
(1)主に全国の小、中、高校生を対象に、スマートフォンや携帯電話の安心・安全に使う為のルールやマナー、自分にも起こり得る身近なトラブルへの対処方法などを啓発する「スマホ・ケータイ安全教室」を、無償で実施。
(2)「入門編」「応用編」「保護者・教員編」「特別支援学校編」「シニア編」の5つのカリキュラムを用意しており、学校や団体等からのお申込みにより実施。
(3)スライド教材、アニメーション、再現ドラマなどを使用し、1教室45分~50分にて開催。教室受講後の復習用教材として、また家庭内で内容を共有していただく為に、「スマホ・ケータイ安全教室」のポイントブック(1人1冊)を配布。
(実施予定件数 合計95件・実施済件数 141件/2017年5月27日時点)
Active Learning Camp(別ウィンドウで開く)(パナソニック 株式会社)
  • 2017年4月1日(土)~2017年6月30日(金)/パナソニックセンター東京/東京都
東京2020大会開催決定を機に、2015年10月より、オリンピックとパラリンピックの知識や、それらの価値を学ぶことができる常設の展示施設を開設。また、場を使ったワークショップを実施。
全日本なわとびかっとび王選手権 2017(別ウィンドウで開く)(日本放送協会(NHK))
  • 2017年4月1日(土)~2017年10月27日(金)/立教大学 体育館/東京都
(ねらい) 子供たちの持久力やリズム感を養い、他者への思いやりやチームワークを学ぶ  (事業) 4月参加募集、7月~9月予選、10月決勝大会 (展開) アジア各国にも参加を呼びかけ、相互の絆を築くレガシーとして、2020年以降も継続。(番組)「一本のロープで育む日本の未来」を視聴者と共に考える。
東京にやって来る修学旅行生に向けたオリンピック・パラリンピック体験(東武トップツアーズ株式会社)
  • 2017年4月1日(土)~2020年9月30日(水)/豊洲ランニングスタジアムなど/東京都
オールジャパンで機運を盛り上げるために、日本全国から東京にやって来る修学旅行生がオリンピック・パラリンピックを体験するプログラム。障がい者スポーツ体験、アスリートの講演会などを関連施設で実施。 事前学習でプログラムについて学び、旅行後は事後学習で記録を残し、それぞれの学校のレガシーとする。
「特別支援教育」研修テキスト(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/東京都教職員研修センター/東京都
特別支援教育研修テキストは、特別支援教育に関する研修受講者全員に配布するものであり、大会エンブレムを掲載することで、大会機運を盛り上げることができる。
青少年夢のかけはし事業(別ウィンドウで開く)(埼玉県)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/埼玉県
子供の夢と豊かな心を育むため、スポーツ選手や憧れの職業など、各分野で活躍している埼玉ゆかりの一流のプロフェッショナルを講師に招き、青少年が学び、体験する教室を実施。
東京都オリンピック・パラリンピック学習読本の印刷・配布(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2020年9月6日(日)/都内各学校/東京都
種類
(1)オリンピック・パラリンピック学習パンフレット(小学校低学年(1~3年用))
(2)オリンピック・パラリンピック学習読本(小学校編(4~6年用))
(3)オリンピック・パラリンピック学習読本(中学校編)
(4)オリンピック・パラリンピック学習読本(高等学校編)
東京都オリンピック・パラリンピック教育 普及・啓発リーフレットの印刷・配布(東京都)
  • 2017年4月1日(土)~2020年9月6日(日)/都内公立学校/東京都
東京2020大会開催を踏まえ、幼児・児童・生徒及び保護者向けのオリンピック・パラリンピック教育普及・啓発リーフレットを配布し、オリンピック・パラリンピック教育の意義と取組内容を周知し、大会への参画意識の醸成を促す。
小学校低学年版、小学校高学年版、中学生版、高校生版を学年に応じて配布する。
東京都2020公認教育プログラム ユニバーサルデザイン -ひとりにいい、みんなにいい-(別ウィンドウで開く)(株式会社 LIXIL)
  • 2017年4月2日(日)~2020年12月31日(木)/小学校/東京都
従業員が学校に出向き「ユニバーサルデザイン」を題材に、小学校高学年を対象にオリジナル教材を用いた授業を行う(出前授業)。子ども達はさまざまな個性をもった、いろいろな立場の人がいることを理解し、街や家に施されている身近な工夫を知る。そして自分たちができることを考え自ら率先して行動する力を身につける。
実施地域:日本全国/講師:LIXIL従業員
対象:小学校高学年(5、6年生)
関連教科:総合的な学習の時間、道徳、社会
授業時間:2時限(100分:途中、休憩・体験時間含む)
教材:オリジナルツールを用いた授業
内容:(1)多様性のある社会(2)街・家の中のユニバーサルデザイン(3)ワークショップ/聴覚障がい者の疑似体験(4)多機能トイレの工夫をみつける
実施時期:2017年4月~
文京区オリンピック・パラリンピックこども新聞 (区報ぶんきょう特集号)(文京区)
  • 2017年5月1日(月)~2020年12月31日(木)/文京区内/東京都
東京2020大会に向け、オリンピック・パラリンピック及び障害者スポーツの理解促進のために、小中学生を記者とし作成するオリンピック・パラリンピックをテーマとした広報紙を発行。
インクルーシブデザインワークショップ体験会(法政大学)
  • 2017年5月29日(月)/法政大学市ヶ谷キャンパス/東京都
東京2020大会に向け、組織委員会は障がいの有無に関わらず、すべての人々にとってインクルーシブな大会となるような様々な取組みを推進している。本学においてもその取り組みを理解し相互の人格と個性を尊重し合う共生社会の実現に貢献できるようインクルーシブデザインワークショップ体験会を開催をする。
多言語音声翻訳アプリから学ぶ"デジタル"おもてなし(法政大学)
  • 2017年6月26日(月)/法政大学市ヶ谷キャンパス/東京都
外国語を話すことに苦手意識を持っていることから、外国人に対して観光案内等のボランティアをすることを躊躇している学生の苦手意識を克服することを目的に、国立研究開発法人情報通信研究機構が開発した「VoiceTra」というスマホ向けの音声翻訳のアプリを通して多言語翻訳について学ぶ。
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(別ウィンドウで開く)(株式会社 明治)
  • 2017年5月1日(月)~2017年6月30日(金)/墨田区立桜堤中学校/東京都
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。
(実施予定件数 合計4件/2017年4月11日時点)
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)(株式会社 明治)
  • 2017年5月1日(月)~2017年6月30日(金)/横浜市立蒔田中学校/神奈川県
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)(株式会社 明治)
  • 2017年5月1日(月)~2017年6月30日(金)/台東区立東泉小学校/東京都
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。
東京2020公認プログラム 食育セミナー「考えよう!明日の体づくり ~みるく教室」(出前授業)(別ウィンドウで開く)(株式会社 明治)
  • 2017年5月1日(月)~2017年6月30日(金)/江東区立元加賀小学校/東京都
成長期にスポーツをする人にとって、食べることもトレーニングの一つ。バランスよく食べることが大切。明日の自分のからだづくりのためには、どんな食事がよいのでしょうか?食育セミナーを通じて今日からできることを紹介。
しながわ学びの杜 清泉女子大学地球市民学専攻 パートナーシップ講座「世界をつなぐボランティアと地球市民」(品川区)
  • 2017年7月8日(土)~2017年7月22日(土)/こみゅにてぃぷらざ八潮/東京都
全国各地で様々なボランティア活動があるが、来年から東京2020大会開催時の大会ボランティア募集を、同大会組織委員会が始める予定である。変化の大きい現代社会で今後様々なボランティア活動がさらに増えていく今、本講座ではその魅力と基礎知識を共に学んでいく。
父子チャレンジアカデミー(株式会社 読売新聞東京本社)
  • 2017年7月23日(日)~2018年3月31日(土)/新石川小学校 他/神奈川県
小学生の父子を対象に「かけっこ」等の身近な運動種目を、各競技のトップアスリート達が指導する。東京2020大会に向けてスポーツの魅力を楽しく見て、知って、体験することを目的とした、家族で参加するスポーツ交流活動。2017年度は神奈川県、岡山県、長崎県など全国5会場で実施。
夏休み!こども銀行たんけん隊(別ウィンドウで開く)(株式会社 三井住友フィナンシャルグループ)
  • 2017年8月1日(火)~2017年8月14日(月)/三井住友銀行/東京都
三井住友銀行が実施する子ども向けのキャリア教育の一環として、全国3か所にて銀行見学会を実施。
当日は、豊かな暮らしを実現するために必要な「金融の知識」を親子で考える学びの内容に加え、見学や体験を通じて金融の仕事に触れ、興味を持ってもらうきっかけ作りとする。
東京2020大会に向けて 映画「東京オリンピック」上映会(新宿区)
  • 2017年8月3日(木)/四谷区民ホール/東京都
1964年に開催された東京オリンピックが当時の日本にどのような影響を与えたのかを学び、子どもたちが東京2020大会に夢を抱くきっかけとなるよう、市川昆監督の名作「東京オリンピック」を上映する。あわせて、有識者等によるトークイベンントを行う。
徳島サマースクール(徳島県)
  • 2017年8月16日(水)~2017年8月22日(月)/牟岐町海の総合文化センター/徳島県
「東京2020大会」の開催など、急速にグローバル化が進展する中、高校生が英語をベースに多様な価値観を持った同世代の若者や社会人と対話・交流することで自己を探求し、夢や希望に向かって主体的に行動できる人材の育成を図る。
シスコ「サイバーセキュリティ* スカラシップ プログラム」
*ネットワークセキュリティ(シスコシステムズ合同会社)
  • 2017年9月1日(金)~2017年9月30日(土)/シスコシステムズ合同会社/東京都
シスコのネットワークおよびセキュリティ技術と、豊富な実績を持つ学習プログラムをもとに、ITベーシックから情報セキュリティまでを体系的に学習し様々なサイバーセキュリティ課題に対応する技能を習得できるプログラムを実施運営。2020年に向けた情報セキュリティ人材育成と将来的なキャリア機会の創出に貢献する。
オリンピアンに学ぼう!小学生スポーツ教室(埼玉県朝霞市役所)
  • 2017年9月10日(日)/自衛隊体育学校/埼玉県
子どもたちへオリンピック出場経験者等の一流アスリートと触れ合う機会を提供して、夢や希望、感動を与え東京オリンピックへの機運醸成及びより一層のスポーツ振興を図ることを目的とする。

ページトップへ戻る

経済・テクノロジー

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
道路標識の整備

(東京都)
英語併記化に加えピクトグラムや路線番号の活用などにより、外国人にも分かり易い道路案内標識の整備を推進する。
(実施予定件数 合計17件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
新国立競技場周辺他(東京都)
河川の魅力発信・プロモーションの推進

(東京都)
選手村から半径8km圏内の河川標識及び隅田川の案内板の多言語標記等による分かり易い標識の整備を推進する。
(実施予定件数 合計2件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
隅田川他(東京都)
都立公園ガイドサービスの構築

(東京都)
汎用端末(スマートデバイス)用の都立公園散策アプリを開発し、庭園および動植物園の来園者にガイドサービスを提供する。
都立公園散策アプリでは、来園者が所有するスマートフォンを利用し、園内ガイドスポットの情報の提供、ガイドマップと目的地検索による園内散策支援、イベントなどのリアルタイム情報、クイズやスタンプラリーなどのイベント要素のあるコンテンツを提供する。
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
浜離宮恩賜庭園他(東京都)
中小企業世界発信プロジェクト2020(別ウィンドウで開く)

(東京都)
世界の注目が集まる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催を契機として、中長期的に見込まれる様々なビジネスチャンスを都内の中小企業はもとより、日本全国の中小企業に波及させ、その優れた技術・製品等を世界に発信するプロジェクト。また、その効果を一過性のものとせず、大会終了後も持続する日本の活力へとつなげる事業。 2016年
11月8日(火)~
2020年
12月31日(木)
横浜綱島水素ステーション

(JXTGエネルギー株式会社)
東京2020大会の水素ゴールドパートナーとして、次世代エネルギーである水素エネルギーを活用できる水素ステーションを整備するともに、様々な方に水素エネルギーを体験・体感いただき、日本の高い技術力を国内外に発信する 2017年
3月15日(水)~
2020年
12月31日(木)
港北区綱島東4丁目3(神奈川県)
大学における金融・経済教育の普及

(野村ホールディングス株式会社)
「大学向け金融教育講座」 
「貯蓄から投資を通じた資産形成へ」と言われる昨今、国民の自助努力での安定的な資産形成のためには、日本の将来を担う若者の金融リテラシー向上が不可欠。年間100以上の大学に金融教育講座を提供し、金融市場の仕組みから資産管理の重要性まで多岐にわたる講座を実施する。
2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
青山学院大学(東京都)
金融・経済教育の普及(別ウィンドウで開く)

(野村ホールディングス株式会社)
小学生から社会人まで幅広い世代を対象とした金融・経済教育を実施。 2017年
4月1日(土)~
2018年
3月31日(土)
学校等(東京都)
日経未来投資プログラム(別ウィンドウで開く)

(日本経済新聞社)
バーチャル株式投資コンテスト「日経未来投資プログラム」。
120万円を元手にしたバーチャル投資を中心に、ワークシートや日経平均・対ドル為替予想などを行うことで生きた経済にふれ、考える力や金融リテラシーを高めることを目的とする。
2017年
4月1日(土)~
2020年
12月31日(木)
(東京都)
2020オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた科学技術イノベーションの取組に関するタスクフォース

(内閣府・科学技術イノベーション)
日本の科学技術イノベーションについて、以下、9つのプロジェクトの成果を世界に発信する。
  • スマートホスピタリティ
  • 感染症サーベイランス強化
  • 社会参加アシストシステム
  • 世代都市交通システム
  • 水素エネルギーシステム
  • ゲリラ豪雨・竜巻事前予測
  • 移動最適化システム
  • 新・臨場体験映像システム
  • ジャパンフラワープロジェクト
2017年
4月28日(金)~
2020年
9月30日(水)
(東京都)
第2回 九州チャレンジ・ワークショップ

(一般社団法人 九州経済連合会)
2020 年を大きなビジネスチャンスと捉え、今後の事業展開を検討する事業者や自治体の取組を促進するため、東京2020組織委員会と東京都中小企業振興公社を招き、大会関連の調達等に関する情報提供、ビジネスチャンスナビについてのワークショップを開催。 2017年
6月20日(火)
那覇第2地方合同庁舎2号館9階(沖縄県)
2020年に向けたビジネスチャンス発掘交流会(別ウィンドウで開く)

(東京商工会議所)
東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とした「スポーツ」「観光」「環境」「バリアフリー」「防災」等の幅広い分野に関する中小企業のビジネスチャンス創出や、ビジネスチャンス獲得に積極的に取り組みたい中小企業間の情報交換を促進することを目的としたビジネスチャンス発掘交流会を開催。 2017年
6月28日(水)
丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル(東京都)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
道路標識の整備(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/新国立競技場周辺他/東京都
英語併記化に加えピクトグラムや路線番号の活用などにより、外国人にも分かり易い道路案内標識の整備を推進する。
(実施予定件数 合計17件/2017年5月27日時点)
河川の魅力発信・プロモーションの推進(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/隅田川他/東京都
選手村から半径8km圏内の河川標識及び隅田川の案内板の多言語標記等による分かり易い標識の整備を推進する。
(実施予定件数 合計2件/2017年5月27日時点)
都立公園ガイドサービスの構築(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/浜離宮恩賜庭園他/東京都
汎用端末(スマートデバイス)用の都立公園散策アプリを開発し、庭園および動植物園の来園者にガイドサービスを提供する。
都立公園散策アプリでは、来園者が所有するスマートフォンを利用し、園内ガイドスポットの情報の提供、ガイドマップと目的地検索による園内散策支援、イベントなどのリアルタイム情報、クイズやスタンプラリーなどのイベント要素のあるコンテンツを提供する。
中小企業世界発信プロジェクト2020(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2016年11月8日(火)~2020年12月31日(木)/
世界の注目が集まる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催を契機として、中長期的に見込まれる様々なビジネスチャンスを都内の中小企業はもとより、日本全国の中小企業に波及させ、その優れた技術・製品等を世界に発信するプロジェクト。また、その効果を一過性のものとせず、大会終了後も持続する日本の活力へとつなげる事業。
横浜綱島水素ステーション(JXTGエネルギー株式会社)
  • 2017年3月15日(水)~2020年12月31日(木)/港北区綱島東4丁目3/神奈川県
東京2020大会の水素ゴールドパートナーとして、次世代エネルギーである水素エネルギーを活用できる水素ステーションを整備するともに、様々な方に水素エネルギーを体験・体感いただき、日本の高い技術力を国内外に発信する
大学における金融・経済教育の普及(野村ホールディングス株式会社)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/青山学院大学/東京都
「大学向け金融教育講座」 
「貯蓄から投資を通じた資産形成へ」と言われる昨今、国民の自助努力での安定的な資産形成のためには、日本の将来を担う若者の金融リテラシー向上が不可欠。年間100以上の大学に金融教育講座を提供し、金融市場の仕組みから資産管理の重要性まで多岐にわたる講座を実施する。
金融・経済教育の普及(別ウィンドウで開く)(野村ホールディングス株式会社)
  • 2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)/学校等/東京都
小学生から社会人まで幅広い世代を対象とした金融・経済教育を実施。
日経未来投資プログラム(別ウィンドウで開く)(日本経済新聞社)
  • 2017年4月1日(土)~2020年12月31日(木)/東京都
バーチャル株式投資コンテスト「日経未来投資プログラム」。
120万円を元手にしたバーチャル投資を中心に、ワークシートや日経平均・対ドル為替予想などを行うことで生きた経済にふれ、考える力や金融リテラシーを高めることを目的とする。
2020オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた科学技術イノベーションの取組に関するタスクフォース(内閣府・科学技術イノベーション)
  • 2017年4月28日(金)~2020年9月30日(水)/東京都
日本の科学技術イノベーションについて、以下、9つのプロジェクトの成果を世界に発信する。
  • スマートホスピタリティ
  • 感染症サーベイランス強化
  • 社会参加アシストシステム
  • 世代都市交通システム
  • 水素エネルギーシステム
  • ゲリラ豪雨・竜巻事前予測
  • 移動最適化システム
  • 新・臨場体験映像システム
  • ジャパンフラワープロジェクト
第2回 九州チャレンジ・ワークショップ(一般社団法人 九州経済連合会)
  • 2017年6月20日(火)/那覇第2地方合同庁舎2号館9階/沖縄県
2020年を大きなビジネスチャンスと捉え、今後の事業展開を検討する事業者や自治体の取組を促進するため、東京2020組織委員会と東京都中小企業振興公社を招き、大会関連の調達等に関する情報提供、ビジネスチャンスナビについてのワークショップを開催。
2020年に向けたビジネスチャンス発掘交流会(別ウィンドウで開く)(東京商工会議所)
  • 2017年6月28日(土)/丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル/東京都
東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とした「スポーツ」「観光」「環境」「バリアフリー」「防災」等の幅広い分野に関する中小企業のビジネスチャンス創出や、ビジネスチャンス獲得に積極的に取り組みたい中小企業間の情報交換を促進することを目的としたビジネスチャンス発掘交流会を開催。

ページトップへ戻る

復興

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
さくらプロジェクト(別ウィンドウで開く)

(野村ホールディングス 株式会社)
東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町の里山、戸花山を桜の名所にするため、地元のグループ「戸花山桜の会」の皆さんと共に2012年より活動。社員の寄付により桜の苗木を寄贈し、また毎年2回、社員ボランティアが全国から現地に集まり桜の苗の植樹や山の環境保全、山道の整備などを行っている。 2017年
4月8日(土)~
2020年
3月31日(火)
戸花山(宮城県)
未来(あした)への道1000km縦断リレー2017(別ウィンドウで開く)

(東京都)
青森県から東京まで、東日本大震災の被災地をランニングと自転車でつなぐリレーを開催し、復興へ向けた取組等を国内外に発信することで、震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目的とする。 2017年
7月24日(月)~
2017年
8月7日(月)
青森県から東京都までの約1000kmの公道等(青森県)

ページトップへ戻る

イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
さくらプロジェクト(別ウィンドウで開く)(野村ホールディングス 株式会社)
  • 2017年4月8日(土)~2020年3月31日(火)/戸花山/宮城県
東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町の里山、戸花山を桜の名所にするため、地元のグループ「戸花山桜の会」の皆さんと共に2012年より活動。社員の寄付により桜の苗木を寄贈し、また毎年2回、社員ボランティアが全国から現地に集まり桜の苗の植樹や山の環境保全、山道の整備などを行っている。
未来(あした)への道1000km縦断リレー2017(別ウィンドウで開く)(東京都)
  • 2017年7月24日(月)~2017年8月7日(月)/青森県から東京都までの約1000kmの公道等/青森県
青森県から東京まで、東日本大震災の被災地をランニングと自転車でつなぐリレーを開催し、復興へ向けた取組等を国内外に発信することで、震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深めることを目的とする。

ページトップへ戻る

オールジャパン・世界への発信

(更新日:2017年5月26日)

イベント名
(申請者)
概要 開催期間 会場(都道府県)
文化プログラムの展開や規制緩和による公園の賑わいづくり

(東京都)
(1)民間の活力導入促進
民間事業者の経営ノウハウを活用し、公園利用の活性化や魅力向上を図るための取組を実施
(2)民間や国公立の庭園との連携
2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機に、東京の日本庭園が持つ魅力を発信することで、都民及び東京を訪れる方に広くその魅力を知っていただくために、民間や国公立の庭園と連携し、情報交換や様々な取組を実施
(3)共通パスや割引券など地域との連携
都立公園への来園機会を拡大し、都民サービスの拡大につなげるため、企業や文化施設等と連携して共通パスや割引券を発行するなどの取組を実施
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
浜離宮恩賜庭園他(東京都)
“世界をおもてなし”する庭園の再生

(東京都)
特別名勝・特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園の「鷹の茶屋」等茶屋群や特別史跡・特別名勝に指定されている小石川後楽園の「唐門」など、戦災等で失われた文化財庭園の建造物等の復元・修復を推進し、文化財としての魅力と価値を高め、歴史的文化遺産を次世代に継承(浜離宮恩賜庭園「鷹の茶屋」復元、小石川後楽園「唐門」復元)。
(実施予定件数 合計7件/2017年5月27日時点)
2016年
10月1日(土)~
2020年
8月31日(月)
浜離宮恩賜庭園(東京都)
富士の国やまなし文化・スポーツツーリズムサイト

(山梨県)
(1)歴史・文化ツーリズムWEBサイトの構築
山梨県の寺社仏閣、名勝、史跡等の観光情報と連携した歴史・文化ツーリズムを国内外へ広く周知

(2)スポーツツーリズムWEBサイトの構築
山梨県の自然を生かして体験できるサイクリングやマラソン、トレッキング、キャンプ等、スポーツ・レジャーと観光を連携させたスポーツツーリズムを国内外へ広く周知
2016年
10月20日(木)~
2020年
9月6日(日)
山梨県庁ウェブサイト(山梨県)
スマイル あ・い・さ・つ キャンペーン

(江戸川区)
子どもから高齢者まで幅広い年代の区民を対象にキャンペーンを展開する。まずは、区職員が自ら率先して挨拶を行い、地域活動を担う区民にも挨拶を積極的に行ってもらう。区内公共施設、学校等へののぼり設置や江戸川区が公認プログラムの認証を受けたイベントでののぼり掲出。 2016年
11月15日(火)~
2020年
9月30日(水)
区内全域(東京都)
中央区オリンピック・パラリンピック区民協議会(別ウィンドウで開く)

(中央区)
「関係者間における情報共有および連絡調整に関すること」「大会開催の機会を捉えた地域の自主的な取組の促進に関すること」「大会の気運醸成に関すること」「その他大会開催の機会を捉えた区民の活動に関すること」を目的とした協議会を開催する。なお、本協議会は公開されており、誰でも傍聴することができる。 2017年
3月16日(木)~
2021年
3月16日(火)
中央区役所8階大会議室(東京都)
茂本ヒデキチ墨絵集大成展『墨流』-BLACK FLOW-(別ウィンドウで開く)

(東武トップツアーズ 株式会社)
墨絵アーティスト、茂本ヒデキチの作品展示や増田明美、茂本ヒデキチによる基調対談、筆と墨を使ったライブペイント、ワークショップを実施することにより次世代を担う学生や参加者に墨絵体験を実施し、日本文化を再認識して頂く機会とする。 2017年
5月20日(土)~
2017年
7月2日(日)
あべのハルカス24階 大阪芸術大学スカイキャンパス(大阪府)
北区リレーションシップ協議会(別ウィンドウで開く)

(東京都北区)
東京2020大会に向けて、関係団体・地域の連携強化を図り、北区全体で開催気運を醸成するとともに、地域の自主的な取組みを促進するため、関係団体・地域等で構成された北区リレーションシップ協議会を開催する。 2017年
6月1日(木)~
2020年
12月31日(木)
北とぴあ ほか(東京都)
イベント名(申請者)
  • 開催期間/会場/都道府県
概要
文化プログラムの展開や規制緩和による公園の賑わいづくり(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/浜離宮恩賜庭園他/東京都
(1)民間の活力導入促進
民間事業者の経営ノウハウを活用し、公園利用の活性化や魅力向上を図るための取組を実施
(2)民間や国公立の庭園との連携
2020年東京オリンピック・パラリンピックを契機に、東京の日本庭園が持つ魅力を発信することで、都民及び東京を訪れる方に広くその魅力を知っていただくために、民間や国公立の庭園と連携し、情報交換や様々な取組を実施
(3)共通パスや割引券など地域との連携
都立公園への来園機会を拡大し、都民サービスの拡大につなげるため、企業や文化施設等と連携して共通パスや割引券を発行するなどの取組を実施
“世界をおもてなし”する庭園の再生(東京都)
  • 2016年10月1日(土)~2020年8月31日(月)/浜離宮恩賜庭園/東京都
特別名勝・特別史跡に指定されている浜離宮恩賜庭園の「鷹の茶屋」等茶屋群や特別史跡・特別名勝に指定されている小石川後楽園の「唐門」など、戦災等で失われた文化財庭園の建造物等の復元・修復を推進し、文化財としての魅力と価値を高め、歴史的文化遺産を次世代に継承(浜離宮恩賜庭園「鷹の茶屋」復元、小石川後楽園「唐門」復元)。
(実施予定件数 合計7件/2017年5月27日時点)
富士の国やまなし文化・スポーツツーリズムサイト(山梨県)
  • 2016年10月20日(木)~2020年9月6日(日)/山梨県庁ウェブサイト/山梨県
(1)歴史・文化ツーリズムWEBサイトの構築
山梨県の寺社仏閣、名勝、史跡等の観光情報と連携した歴史・文化ツーリズムを国内外へ広く周知

(2)スポーツツーリズムWEBサイトの構築
山梨県の自然を生かして体験できるサイクリングやマラソン、トレッキング、キャンプ等、スポーツ・レジャーと観光を連携させたスポーツツーリズムを国内外へ広く周知
スマイル あ・い・さ・つ キャンペーン(江戸川区)
  • 2016年11月15日(火)~2020年9月30日(水)/区内全域/東京都
複子どもから高齢者まで幅広い年代の区民を対象にキャンペーンを展開する。まずは、区職員が自ら率先して挨拶を行い、地域活動を担う区民にも挨拶を積極的に行ってもらう。区内公共施設、学校等へののぼり設置や江戸川区が公認プログラムの認証を受けたイベントでののぼり掲出。
中央区オリンピック・パラリンピック区民協議会(別ウィンドウで開く)(中央区)
  • 2017年3月16日(木)~2021年3月16日(火)/中央区役所8階大会議室/東京都
「関係者間における情報共有および連絡調整に関すること」「大会開催の機会を捉えた地域の自主的な取組の促進に関すること」「大会の気運醸成に関すること」「その他大会開催の機会を捉えた区民の活動に関すること」を目的とした協議会を開催する。なお、本協議会は公開されており、誰でも傍聴することができる。
茂本ヒデキチ墨絵集大成展『墨流』-BLACK FLOW-(別ウィンドウで開く)(東武トップツアーズ 株式会社)
  • 2017年5月20日(土)~2017年7月2日(日)/あべのハルカス24階 大阪芸術大学スカイキャンパス/大阪府
墨絵アーティスト、茂本ヒデキチの作品展示や増田明美、茂本ヒデキチによる基調対談、筆と墨を使ったライブペイント、ワークショップを実施することにより次世代を担う学生や参加者に墨絵体験を実施し、日本文化を再認識して頂く機会とする。
北区リレーションシップ協議会(別ウィンドウで開く)(東京都北区)
  • 2017年6月1日(木)~2020年12月31日(木)/北とぴあ ほか/東京都
東京2020大会に向けて、関係団体・地域の連携強化を図り、北区全体で開催気運を醸成するとともに、地域の自主的な取組みを促進するため、関係団体・地域等で構成された北区リレーションシップ協議会を開催する。

なお、過去のイベント実績は下記よりご覧いただけます。
東京2020参画プログラムイベント実績