東京2020パラリンピックカウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は、東京2020パラリンピック競技大会の開催まで4年前の節目となる8月25日、東京都立府中けやきの森学園と東京都庁都民広場にて東京2020パラリンピックカウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」を開催しました。

府中けやきの森学園会場では、府中けやきの森学園の児童・生徒たちが、現役のシッティングバレーボール日本代表選手やゲストアスリートの大林素子さんと一緒にシッティングバレーを体験しました。グループごとに円になって順にレシーブをし、成功するとグループ全員から大きな拍手が起こりました。続いて、園の代表の子どもたち、シッティングバレー代表選手、大林さんが混ざってチームを作り試合を行いました。子どもたちも代表選手や大林さんに負けず劣らず、強烈なスパイクを打ったり果敢にレシーブをし、会場からは割れんばかりの声援がとんでいました。

東京都庁都民広場では、巨大な東京2020大会エンブレムを作るイベント「みんなでつくる東京2020大会エンブレム」が行われました。イベントに先立ち、東京2020大会エンブレムの制作者である野老朝雄さんが、エンブレムが持つメッセージ「多様性と調和」についての想いを語ってくれました。その後行われた「みんなでつくる東京2020大会エンブレム」では、参加した子どもたちが、巨大な45のピースからなる東京2020オリンピックエンブレムを協力して動かし、東京2020パラリンピックエンブレムを作り上げました。参加した子どもたちは、同じ形のピースを用いて全く異なるデザインのエンブレムが出来上がることにとても驚いた様子でした。

各会場ともに、イベントの最後にフォトセッションを行いました。参加した子どもたちは、みんな元気いっぱいの笑顔で撮影に参加していました。また、本日のイベントを通じて、4年後に行われる東京2020パラリンピック大会をとても楽しみにしている様子でした。

なお、同日、東京2020大会で射撃の競技会場となっている埼玉県においても、東京2020組織委員会協力のもと「SAITAMA PRIDE イベント!~あと4年!埼玉県でも開催!東京2020オリンピック・パラリンピック~」が実施されました。イベントでは、近隣の小中学生を対象にビームライフルの体験会や、パラリンピアンの田口亜希さんによるトークショーが行われ、多くの参加者が会場を賑わせていました。

カウントダウンイベント

シッティングバレー体験会	シッティングバレー体験会	府中けやきの森学園会場集合写真 エンブレムを動かす子どもたち 東京都庁都民広場会場集合写真