東京2020教育プログラム(ようい、ドン)とは

オリンピックは、世界中のアスリートが競い合う姿を目にすることを通じ、自己ベストを目指して努力することの尊さ、スポーツを通じた友情や尊敬を学ぶきっかけとなります。様々な障がいのあるアスリートが創意工夫を凝らして限界に挑むパラリンピックは、多様性を認め、誰もが個性や能力を発揮し活躍できる機会が与えられており、共生社会の重要性を学ぶきっかけとなります。
東京2020組織委員会は、東京2020大会を一過性のイベントとするのではなく、大会を通じて子どもたちがオリンピック・パラリンピックの価値やスポーツの価値を学ぶことで将来に向かって成長し、次のようなレガシー(遺産)を創出することを目的とし、「東京2020教育プログラム」(愛称:「ようい、ドン!」)を展開してまいります。

オリンピック・パラリンピック教育により創出するレガシー

自信と勇気

失敗を恐れず自ら行動を起こす人材、将来に向かって自信と勇気を兼ね備えた人材を育てていく。

具体例:
アスリートが競技する姿を見たり、競技体験をすることで、「やってみよう」の気持ちを湧き立て、苦手な科目にチャレンジしたり、自分の考えを進んで発言するようになる。

多様性の理解

障がいの有無、人種、言語等、様々な違いがあることを理解しつつ、共につながり、助け合い、支え合って生きていく力を身に付ける。

具体例:
障がいを持った生徒や異なる人種の生徒に対しどう接してよいかわからなかった生徒が、オリンピック・パラリンピックを通じて、お互いを理解する機会を創出する。

主体的・積極的な社会参画

東京2020大会を契機に、国際社会や地域社会の活動に関心を持って、主体的、積極的に社会に参画できる人材を育てていく。

具体例:
国際視点の授業や語学を使う機会が増加し、他国との関わりが増え、大会後も都市同士がつながる。

バスケットボールで実技を行う生徒
体育館で走る女子児童