東京2020教育プログラム実施レポート

実施校の事例紹介

アスリートによる講演

講演する三宅宏実選手と上地結衣選手

講演を聞いた生徒の感想

  • この授業を受ける前まで、選手だけががんばればいいと思っていましたが、「応援」する側にも色々できることがあると知り、とても驚きました。(中学3年女子)
  • 選手を間近でみてオーラがすごかった。100kgの鉄をあんなに小さな体で持ち上げるのはすごいと思ったし、色々悩んできたこともわかった。自分も頑張りたいと思った。(中学3年男子)
  • 自分もテニス部という共通点から車いすテニスのメダリストは特に嬉しく、学ぶことが多かったです。(中学3年女子)

教材(I'mPOSSIBLE)を活用した授業

授業を行った先生方の感想

  • パラリンピックのことは全く知らなかったが、必要な情報や授業で使用する素材がコンパクトに詰まっており、負担なく授業を行うことができた。
  • パラリンピック教育は「やらなければいけない」ものだったけれど、この教材を見て「やりたくなった」。使ってみたら「自分でもパラリンピック教育ができる」ことがわかり、他の単元の授業もしてみたくなった。
  • 子どもたちは、豆知識の方により興味を示すことがあるので、こうした補足資料が充実しているのはありがたいですね。

パラスポーツの面白さに子どもたちも引き込まれていた

授業に参加した生徒の感想

  • ラリーを続けるのは難しかったけど、いつの間にか夢中になっていました。(男子児童)
  • 日常生活でお尻をつけたまま移動することがないので、難しかったけど楽しかったです(女子児童)
  • 東京パラリンピックが楽しみになってきました。いろいろな競技を見てみたいです。(男子児童)

シッティングバレーボール体験では多くの歓声が上がった

「ようい、ドン!スクール」以外の団体によるオリンピック・パラリンピック教育

  • 東京都教育委員会「東京都オリンピック・パラリンピック教育」

    東京都教育委員会では、「東京都オリンピック・パラリンピック教育」実施方針を踏まえ、平成28年度から本教育を都内全ての公立学校で実施しています。各学校における全体計画の例や各学年における35時間の計画例、推進校の工夫した取組を基にした実践例を「実践事例集」として紹介します。
    東京都オリンピック・パラリンピック教育(別ウィンドウで開く)
  • 筑波大学「オリンピック教育プラットフォーム」

    2010年12月、筑波大学は嘉納治五郎の生誕150周年を記念して「オリンピック教育プラットフォーム(CORE:Centre for Olympic Research and Education)」を設立しました。 COREでは特別支援学校を含む11の附属学校や国内外の関係諸機関との連携のもとに、日本初となるIOC認可のオリンピック研究センター(Olympic Studies Centre)としてオリンピック教育の研究・実践を推進してまいります。
    オリンピック教育プラットフォーム(別ウィンドウで開く)
  • 早稲田大学「オリンピック・パラリンピック教育研究センター WASEDA ROPE」

    本研究センターでは、早稲田大学を拠点として、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けて、オリンピック・パラリンピック並びにスポーツに対する市民の理解を深め、その興味・関心を高めることを目的としてオリンピック・パラリンピック教育を実施・推進します。
    オリンピック・パラリンピック教育研究センター WASEDA ROPE(別ウィンドウで開く)
  • 日本体育大学「N-COPE」

    日本体育大学(NSSU:Nippon Sport Science University) オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業(N-COPE:NSSU-Center for Olympic and Paralympic Empowerment)は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを開催するにあたり、東京大会が理念の実現と人類への寄与を果たすための"ムーブメント"に着手する必要性があることから2016年9月にスポーツ庁より採択され、設立されました。
    N-COPE(別ウィンドウで開く)
  • 日本オリンピック委員会(JOC)「オリンピック教室」

    中学校3年生の保健体育の「体育理論」の内容を事前に啓発する目的で中学校2年生を対象に、教師役のオリンピアンがオリンピック大会に出場して得た貴重な経験等を通して、オリンピックの価値及びオリンピック精神の教育的価値等を「運動の時間」と「座学の時間」の授業形式で学習してもらうことをねらいとしています。
    日本オリンピック委員会(JOC)「オリンピック教室」(別ウィンドウで開く)