東京2020 Nipponフェスティバル

オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典だけではなく、文化の祭典でもあります。
東京2020組織委員会は、東京2020参画プログラムの集大成として、2020年4月から大会に向けた機運を最大化し、国内外へ日本の様々な文化をPRするため、「東京2020 Nipponフェスティバル」を展開します。
フェスティバルでは、「多様」な方々の「参画」を図り、「日本らしさ」を表現し、「卓越」した「歴史に残る」文化プログラムを全国各地で実施することを目指しています。
2020年には全員が文化日本代表となって、世界を驚かせましょう!

TOKYO 2020は、スポーツだけじゃない。

東京2020 Nipponフェスティバルイメージムービー(別ウィンドウで開く)

(ファイルをダウンロード)第1回東京2020 Nipponフェスティバル検討ワーキンググループ資料(2017年10月30日)(PDF:2.5 MB)

オリンピック・パラリンピック競技大会における文化の祭典「文化オリンピアード」

過去大会においても様々な文化プログラム、すなわち「文化オリンピアード」が、開催都市を中心として、大会と共に実施されました。
東京2020組織委員会では、東京2020大会の開催に向け、文化芸術の力で地域を活性化し、若者の参画促進や創造性を育むことで、2020年から先の未来に日本や世界の文化を継承していくことを目指し、東京2020参画プログラムの一環として2016年10月より実施しています。

東京2020参画プログラム特設サイトへ(別ウィンドウで開く)