「幕開き(まくあき)日本橋 -東京2020文化オリンピアードキックオフ-」の開催について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、三井不動産株式会社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、東京2020大会までの4年間にわたる「東京2020文化オリンピアード」のキックオフプログラムを行います。
本プログラムでは、江戸の文化の発信地であり、五街道の起点にもなった日本橋から、文化オリンピアードのキックオフを宣言し、全国津々浦々での参画を呼びかけます。また、伝統×革新をテーマとした祝祭的なパフォーマンスによって、日本文化の魅力を国内外に発信します。

主催

東京都
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
三井不動産株式会社

イベント概要(予定)

日時
2016年10月7日(金)

場所
日本橋 福徳の森 特設ステージ(東京都中央区日本橋室町二丁目5番10号)

(ファイルをダウンロード) 地図を表示 (JPG:251.3 KB)

入場料
無料(座席数には限りがあります。当日、会場前にて12:45から整理券を配布予定です。)

内容
開場 13:00~
オープニング 13:30~
パフォーマンス開演 14:00~

司会
SHELLY

当日は江戸桜通り地下歩道(上記地図参照)及びYouTube(下記)において、イベント開始時刻から中継を開始します。

東京都YouTubeチャンネル(別ウィンドウで開く)

パフォーマンス内容

    日本の伝統芸能と現代が共存・融合する、独自性と多様性を追求した祝祭的なステージです。映像等を利用した現代的な演出と一流の演者による本格的な伝統芸能が融合し、日本文化が未来へ飛翔していくことをイメージした、力のあるパフォーマンスとなっています。
  • 舞踊「三番叟(さんばそう)」
    天下泰平、五穀豊穣を祈念し、日本の祝祭の場に欠かすことのできない演目
    出演者:宗家藤間流八世宗家 藤間勘十郎 ほか
  • 装束付舞囃子「吉野天人」
    日本を代表する花である桜の名所を訪れた都人の前に天女が現れ、花を愛で、治世を言祝ぎ、美しい舞を見せる華やかな演目
    出演者:能楽観世流シテ方 人間国宝 梅若玄祥 ほか

お問い合わせ

日本橋案内所

TEL
(日本語):03-3242-0010(10:00 - 21:00)
(英語):03-3242-2334(10:00 - 19:00)

東京2020文化オリンピアードとは
オリンピック憲章はオリンピズムの根本原則にスポーツと文化と教育の融合を謳っています。オリンピック・パラリンピック競技大会はスポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、文化の取り組みは全国どこにいても、誰もがオリンピック・パラリンピックに参加することを可能にするものです。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は東京2020大会の開催に向け、文化芸術の力で地域を活性化し、若者の参画促進や創造性を育むことで、2020年から先の未来に日本や世界の文化を継承していくことを目指しています。日本全国にこの取り組みを広げるため、政府や自治体、全国の文化芸術団体等と連携することで、多彩な「東京2020文化オリンピアード」を展開します。

(左)宗家藤間流八世宗家 藤間勘十郎
(右)能楽観世流シテ方 人間国宝 梅若玄祥

司会者 SHELLY