第9・10回エンブレム委員会を開催

2月1日に第9回、2月9日に第10回エンブレム委員会を開催しました。

今回は、 本審査で選出された採用候補作品の商標手続き等の進捗報告と、過日開催された国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)とのプロジェクトレビュー(準備の進捗状況を確認する事務レベルの折衝)において、エンブレムの選考において十分な議論がなされたことと透明性の高い審査プロセスについて、IOC・IPCから高い評価を頂いたことを報告いたしました。加えて、商標調査についてはIOC・IPCと連携しながら慎重を期すよう、アドバイスがあった点も共有を行いました。

また、オリンピック・パラリンピックエンブレムそれぞれの区別を明確化したり、縮小・拡大した際の再現・展開を可能にするなどのIOC・IPC規定等に沿うためのデザインの調整を行うことも確認いたしました。その際、作品のオリジナリティを損ねるような修正は行わないという方針に変更はないこともあわせて確認いたしました。応募者と協議の上、エンブレム委員会の判断において実施します。(※1)

さらに、商標調査等の審査をクリアした作品を対象とした「意見募集」の実施方法について議論し、当組織委員会の公式サイトにおいて作品へのご意見を書き込んでいただく特設ページを開設。寄せられたご意見を分析し、今までのエンブレム委員会の審議になかった作品への評価や視点を把握し、エンブレム委員会最終審査に報告をすることといたしました。 (※2)

※1 デザインの調整について
応募要項に、「エンブレム委員会の判断により、応募者と協議の上、デザインの修正を行う場合があります」と記載されております。

※2 意見募集の特設ページについて
実施方法については、確定次第、当サイトに掲載いたします。

記者会見に応じる宮田委員長の写真 会議の冒頭、挨拶をしている宮田委員長らの写真 会議の様子の写真