東京2020パラリンピック競技会場について

リオデジャネイロ(ブラジル)で現地時間9月5日(月)に行われた国際パラリンピック委員会(IPC)理事会において、東京2020パラリンピック競技大会の競技会場について審議が行われ、下記のとおり承認されましたので、お知らせいたします。

IPC理事会で承認を得た競技会場

競技

5人制サッカー

会場

青海

本会場については、12月のIOC理事会で東京2020オリンピックのスケートボードとスポーツクライミングの会場として、正式に承認されることを前提とする。

立候補ファイル時の予定会場

大井ホッケー競技場

引き続き調整を進める競技会場

競技

自転車競技(ロード・レース)

立候補ファイル時の予定会場

お台場海浜公園

その他の競技会場につきましては、会場ページからご確認ください。

武藤 敏郎 東京2020組織委員会専務理事・事務総長コメント

IPC理事会において東京2020パラリンピック競技大会の5人制サッカー会場が承認されました。東京2020大会に出場するすべての選手がベストパフォーマンスを発揮できる最高の舞台を提供するべく、アスリートファーストの視点から引き続き大会準備に取り組んで参ります。