「東京2020大会に向けたボランティア戦略」の策定について

東京2020大会の開催に向けたボランティアの基本的な考え方をまとめた「東京2020大会に向けたボランティア戦略(案)」の公表とともに実施した意見募集に対して、多数の貴重なご意見・ご提言をいただき、誠にありがとうございました。
この度、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(組織委員会)と東京都とは、いただいたご意見等を踏まえ、「東京2020大会に向けたボランティア戦略」を策定しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

今後、いただいたご意見等を参考に、東京2020大会のボランティア募集に向け、取組を進めてまいります。

本戦略の策定にあたって組織委員会では「ボランティアアドバイザリー会議」を行い、ボランティア運営に関わる有識者や経験者、選手などの視点から実務的なアドバイスをいただいております。ここで改めて御礼を申し上げます。
「ボランティアアドバイザリー会議」アドバイザーは以下のとおりです。

(五十音順)

日本財団パラリンピックサポートセンター常務理事 小澤 直
パラリンピアン(水泳)
組織委員会アスリート委員
河合 純一
Across Associates パートナー・コンサルタント 西川 千春
文教大学人間科学部人間科学科准教授
日本スポーツボランティアネットワーク理事
二宮 雅也
オリンピアン(水泳)
組織委員会アスリート委員
萩原 智子
一般財団法人 東京マラソン財団 ボランティアセンター長 山本 悦子
    東京2020大会のボランティア活動については、以下のページをご覧ください。
  • ボランティア