第2回飲食戦略検討会議を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、4月20日(木)、第2回飲食戦略検討会議を開催しました。飲食戦略検討会議は、東京2020大会における飲食提供に関する基本的な考え方について検討を行うもので、今回は、選手の栄養管理と環境への配慮について意見交換を行いました。

始めに、鈴木志保子委員(公益社団法人日本栄養士会理事)から試合期における選手の栄養管理について、ゲストスピーカーの亀井明子国立スポーツ科学センター先任研究員から選手村の食環境についてのご説明をいただきました。続いて、小田敬委員(エームサービス株式会社地区支配人)、髙戸良之委員(シダックス株式会社総合研究所課長)から過去大会における選手への飲食提供についての説明があり、その後、意見交換を行いました。

次に、環境配慮については、特にリユース食器を使用する意義とその運営に与える影響について議論が行われました。

本日の資料や議事要旨については、後日、本ウェブサイト「東京2020大会における飲食提供に係る基本戦略について」に掲載いたします。
東京2020大会における飲食提供に係る基本戦略について
また、東京2020大会における飲食の情報については、「東京2020大会の飲食」をご覧ください。
東京2020大会の飲食