第2回マスコット審査会を開催

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、6月5日(月)に第2回マスコット審査会を開催しました。

今回は、審査基準、審査プロセスの詳細、また、小学校投票の実施方法の詳細について議論しました。
議論の結果、審査の初期段階にあたる「デザインチェック」において、子ども達の感性に近い、若い世代の方々にデザインチェックに関わってもらうことが決定しました。

審査会終了後、審査会メンバーの鳥嶋和彦氏は「世界で一番厳しい目を持った子どもたちがいるキャラクター王国として、最適なものを選ぶことができればと思っています。そのための方法論を今日一生懸命議論しました。楽しみに待っていてもらえればと思います。」とコメントしました。

次回の審査会は6月19日(月)に開催する予定です。

東京2020大会マスコット