東京2020組織委員会と日本財団、大会成功に向け協定を締結

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、本日(2017年6月15日)、公益財団法人日本財団(日本財団)と協定を締結しました。

本協定は東京2020大会の成功に向け、日本財団が持つボランティアに関する専門知識・ノウハウ・経験などを活かした各種の連携・協力を行うことにより、大会への気運を醸成しつつ成功に導くことを目的としています。
両者は、以下の4項目について、それぞれの担当部署を通じて相互に連携・協力を図ります。

  • ボランティアの共通研修プログラムのコンテンツ作成及び講師の育成
  • ボランティアリーダーの研修プログラムのコンテンツ作成及び講師の育成
  • ボランティア選考面接官の育成
  • ボランティア気運の醸成に向けた各種イベントなどの実施

東京2020大会のボランティアに関する情報は以下ページでご紹介しています。
ボランティア

森喜朗会長と笹川陽平日本財団会長 協定締結式の様子