第21回理事会の開催結果について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、本日、第21 回理事会を開催し、「開会式・閉会式について」など3 件を決議したほか、「選手村ビレッジプラザにおける使用木材の公募実施について」など11 件の報告および意見交換を行いました。

主な決議・報告事項は次のとおりです。

開会式および閉会式、聖火リレーの事業者選定概要決定
オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式の制作会社および聖火リレーの実施運営等委託会社の事業者選定について、開会式および閉会式は年内中、聖火リレーは9 月頃までにプロポーザル方式により選定することを決定しました。また、開会式および閉会式においては基本コンセプトの中間報告を行い、聖火リレーではトーチ製造をはじめとした今後のスケジュールについても説明しました。
開会式・閉会式について
東京2020大会聖火リレーについて

「日本の木材活用リレー〜みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」の概要を報告 本プロジェクトは、全国の自治体から無償で借り受けた木材を使用してビレッジプラザを建設し、大会後に解体された木材をレガシーとして活用していただくプロジェクトです。
各地域の木材を建物の様々な箇所に使用することで、多様性と調和を表現するとともに、環境負荷を低減し、持続可能性の実現を目指します。7月25日(火)に公募要項を発表し、10月上旬に協力地方公共団体を決定、11月頃に発表する予定です。
日本の木材活用リレー〜みんなで作る選手村ビレッジプラザ~

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」の回収状況を報告
4月から全国的にスタートした、使用済み小型家電の回収状況についての報告のほか、認知度の向上や回収活動への協力要請を目的とした、各種イベントでの回収ボックス設置や小学校でのリサイクル授業など、各共催機関の活動状況を紹介しました。今後、より効率的、効果的に本プロジェクトを推進するため、各共催機関と連携し、全国フラッグツアーや参画プログラムなどの機会を活用して回収イベントを行うなど、積極的な広報およびPR活動を展開していく予定です。
「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について

(ファイルをダウンロード) 第21回理事会資料(PDF:5.1 MB)

(ファイルをダウンロード)第21回理事会資料(PDF:5.1 MB)

冒頭発言する森会長 理事会の様子1 理事会の様子2