ラグビー2019組織委員会、東京2020組織委員会および関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会、各大会の成功に向け協定を締結

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、11月20日(月)、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会(RWC2019組織委員会)および一般財団法人関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会(関西WMG2021組織委員会)との連携・協力に関する協定を締結しました。

本協定は、2019年に開催されるラグビーワールドカップ2019TMと2020年に開催される東京2020大会および2021年に開催されるワールドマスターズゲームズ2021関西の成功に向け、相互に連携・協力体制を構築することを目的としています。RWC2019組織委員会、東京 2020組織委員会および関西WMG2021組織委員会は、それぞれのノウハウを活用した運営準備や機運醸成等の取り組みを進め、連続した大会の開催を契機にスポーツ・文化・産業等を発展させ、一億総スポーツ社会の実現を目指してまいります。

本協定において、三者は、以下の3項目について相互に連携・協力を図ります。

  • 大会における広報・PR関係について
  • 大会におけるボランティアについて
  • その他、大会の準備・運営における必要な事項について

嶋津 昭 RWC2019組織委員会事務総長コメント

日本において、2019年にラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会、さらに2021年にはワールドマスターズゲームズが開かれます。この3年間はまさに「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と言ってもいいと考えております。既に協定を結んでいた東京2020組織委員会との連携だけでなく、関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会も加わることで、広報・PR関係、ボランティア関係、大会の準備・運営などにおいて、さらなる相乗効果が得られるでしょう。

武藤 敏郎 東京2020組織委員会事務総長コメント

わが国で3年連続して世界的なスポーツイベントが開催されるというこれまでにない好機を最大限に活かすため、3大会が連携協定を結ぶ運びとなったことを大変うれしく思います。各大会の成功に向けて3組織委員会それぞれが持つ知見を共有し、お互いに協力していくことで、国民のスポーツ参加の促進など、未来に繋がるレガシーを残していきたいと思います。

木下 博夫 関西WMG2021組織委員会事務総長コメント

今回、ラグビーワールドカップ2019、東京2020大会と連携協定を結べましたことを大変嬉しく思います。
3大会が協力することでラグビーワールドカップ2019、東京2020大会のレガシーを私達がしっかりと継承・発展させ、大会の成功とともに日本をスポーツで元気にし、スポーツ文化を開花させるよう取り組みます。

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会ウェブサイト(別ウィンドウで開く)
一般財団法人関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会ウェブサイト(別ウィンドウで開く)

協定式の様子 署名する3組織委員会の事務総長