東京2020大会マスコット、小学校での投票開始!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のマスコットを日本全国の小学生が投票で選ぶマスコット投票が、ついに2017年12月11日(月)から開始となりました。

投票開始日となる本日、東京都調布市立飛田給小学校および東京都立府中けやきの森学園、福島県福島市立吉井田小学校にてマスコット投票授業が早速行われ、メディアに公開されました。 調布市立飛田給小学校では、グループに分かれて意見を出し合い、グループごとに「推薦マスコット」を決定し、その理由とともに代表の児童が発表しました。授業の最後に、自分が一番良いと思うものを選び、多数決を行いました。「どれが日本らしいか、オリンピック・パラリンピックらしいか見てほしい」、これから投票する全国の小学生に対するメッセージを送る場面も見られました。

福島市立吉井田小学校の授業の様子
福島市立吉井田小学校の授業の様子

府中けやきの森学園で授業に参加した児童は、用意した3D模型を触りながら各マスコットの印象を楽しそうに話していました。授業を終えた児童は、「どれもかわいかったので選ぶのが難しかった」「(アスリートに対して、マスコットを見て)元気を出してほしい」という声が聞かれました。

調布市立飛田給小学校の授業の様子
調布市立飛田給小学校の授業の様子

福島市立吉井田小学校では、クラスが8組に分かれてグループディスカッションを行いました。どんなオリンピック・パラリンピックになればいいと思う?という質問に対しては、「みんなが盛り上がる、歓声が響くそんな大会になればいいなと思った」などという意見が出されました。

府中けやきの森学園の授業の様子
府中けやきの森学園の授業の様子

東京2020大会マスコットの小学生投票は2017年12月11日(月)から2018年2月22日(木)までとなっています。全国の小学生の投票お待ちしております!

東京2020大会マスコット