大日本印刷株式会社および凸版印刷株式会社との東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容
東京2020オフィシャルパートナー

契約先
会社名:大日本印刷株式会社
本社:東京都新宿区
代表者:代表取締役社長 北島 義俊(きたじま よしとし)

会社名:凸版印刷株式会社
本社:東京都千代田区
代表者:代表取締役社長 金子 眞吾(かねこ しんご)

契約カテゴリー
印刷サービス

東京2020スポンサーシップは「一業種一社」を原則としていますが、本カテゴリーはIOCと協議の上、特例として2社が共存することとなりました。

北島 義俊 大日本印刷株式会社 代表取締役社長コメント
このたび、東京2020オフィシャルパートナー(印刷サービス)として、東京2020大会に貢献したいと考えております。当社は前回の東京1964大会では、チケットやポスターの印刷で大会運営を支援してきました。現在、私たちは印刷技術を駆使して、人々の暮らしを豊かで快適にする新しい価値の創出に取り組んでおり、これは東京2020大会のビジョンと調和していると感じています。“オールジャパン”の精神で多くのパートナーと力を合わせ、大会成功に向けてベストを尽くしてまいります。

金子 眞吾 凸版印刷株式会社 代表取締役社長コメント
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に、オフィシャルパートナー(印刷サービス)として参画できることを大変光栄に思います。当社が培ってきた豊かで美しい感性を活かした印刷サービスのノウハウを用い、2020年に向けて変化していく東京の魅力を発信し、東京2020大会への機運の醸成に取り組みます。また、高セキュリティな偽造防止印刷技術による安心・安全なサービスで、世界に誇れる東京2020大会の実現に貢献していく所存です。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
このたび、大日本印刷株式会社様と凸版印刷株式会社様をオフィシャル印刷サービスパートナーとしてお迎えできることになりました。両社とも100年以上の歴史がある日本を代表する印刷会社であり、また1964年の東京オリンピック競技大会でもポスター印刷等で大会を支えていただいた実績があります。偽造防止技術等を活用した最先端の印刷サービスで、東京2020大会の成功のため、サポートいただければ幸いです。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサープログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最高水準の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサー一覧

大日本印刷のロゴ 凸版印刷のロゴ

関連ニュース