株式会社リクルートホールディングスとの東京2020スポンサーシップ契約について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、下記のとおり、東京2020スポンサーシップ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

契約内容
東京2020オフィシャルパートナー

契約先
会社名:株式会社リクルートホールディングス
本社:東京都千代田区
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 峰岸 真澄(みねぎし ますみ)

契約カテゴリー
人材サービス&オンライン学習及び教育サービス

峰岸 真澄 株式会社リクルートホールディングス 代表取締役社長 兼 CEOコメント
東京2020オフィシャルパートナー(人材サービス&オンライン学習及び教育サービス)として参画でき、大変光栄です。1960年の創業以来培ってまいりました人材採用や教育学習分野でのノウハウを活かし、大会を運営する人材の募集や採用、研修教育等をお手伝いすることで大会の成功に貢献したいと考えています。人間は可能性に溢れた存在である。そう信じ、素晴らしい東京2020大会となるよう全力で取り組んでまいります。

森 喜朗 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメント
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長コメントこのたび、社会とのつながりを大切にし、新しい価値の創造にこだわりながら、一人ひとりに対しての多様な働く機会を生み出しておられる、株式会社リクルートホールディングス様を、人材サービス&オンライン学習及び教育サービスカテゴリーのオフィシャルパートナーとしてお迎えできることとなりました。リクルートホールディングス様の協力により、東京2020大会はもとより、大会に関わった人材が終了後もレガシーとして活躍できる社会の構築を、パートナーとして支えていただけると確信しており、大変うれしく思います。

東京2020スポンサーシッププログラムについて
オリンピックのスポンサープログラムは4つの階層からなり、最上位のものがIOCのオリンピックパートナープログラムです。このプログラムにより東京2020をご支援いただいているワールドワイドオリンピックパートナーは、コカ・コーラ、アリババ、アトス、ブリヂストン、ダウ、GE、マクドナルド、オメガ、パナソニック、P&G、サムスン、トヨタ、ビザの各社です。その他の3つの階層は国内向けのスポンサープログラムになり、国内最高水準の東京2020ゴールドパートナー、東京2020オフィシャルパートナー、東京2020オフィシャルサポーターからなります。東京2020が実施するマーケティングにおいて中核となる国内契約スポンサーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む、2020年12月末までのオリンピック・パラリンピックの日本代表選手団に関するパートナーであり、呼称やマークの使用などをはじめとした権利を行使することが可能となります。東京2020は、本プログラムにご参加いただくスポンサー各社とともに、様々な施策を通じて、より豊かな日本と世界の未来に貢献していきます。

オフィシャルパートナーの主なスポンサー権利
呼称・マーク類・関連素材使用権/リコグニッションプログラム/関連事業協賛権/商品・サービスのサプライ機会/マーケティングサポート等

スポンサー一覧

リクルートホールディングスのロゴ